« 宇宙戦争 | トップページ | 蝉しぐれ »

2005年11月13日 (日)

蝉しぐれ

黒土三男監督、藤沢周平原作

私の評価 △ 2005.10 映画館にて

市川染五郎主演、木村佳乃、緒形拳、ふかわりょう他

藩内の権力闘争で父が切腹させらた少年主人公の苦難からの立身出世と、友情、恋の物語。

原作が良かっただけに、期待して見に行った映画だったが、いまいちだった。
同行者は途中で寝てしまった。一つ一つの場面が短く、かつ関連性が掴み図らい。原作を読んでいる私は問題なかったが、同行者には理解が難しかったようだ。
しかし、日本の情景の美しさは原作と同様に綺麗に仕上がっていた。

大勢の刺客と戦うシーンは迫力を出そうとしているのか、少し無理があった。宿敵との決闘シーンも漫画チックで興ざめした。
数十年後までも思い続ける二人の関係も、前半での恋愛シーンがない状況下では理解が難しいのではないか。
いずれにしろ、感動の少ない映画に仕上がっており、残念であった。

蝉しぐれHP

|

« 宇宙戦争 | トップページ | 蝉しぐれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/7081948

この記事へのトラックバック一覧です: 蝉しぐれ:

« 宇宙戦争 | トップページ | 蝉しぐれ »