« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月31日 (土)

模倣犯1~5 宮部みゆき著

私の評価 △ 2005年12月読書mohouhan

宮部みゆきさんは好きな作家の一人で、ほとんどの本を読んできたが、この本はいまいちだった。個人的には短編よりも長編小説のほうが好きだが、この本は何か無駄に長いような気がした。

とはいえ、1~5巻を一度に買ってきて一気に読んでしまった。4,5巻は1月発売となっていたが、なぜか書店に置いてありラッキーにも買えた。第2巻を抜かし第3巻を2冊買うドジを踏んだが・・・

女性を狙った劇場型犯罪が題材で、犯人は早い時期に判明している。小説の展開はむしろ「被害者」に当てられており、雑誌やテレビなどのマスコミ問題、犯罪被害者に対する大衆の問題が考えさせられる。また、家族とは何かをも真剣に考えさせられ、宮部さんの意図のひとつもここにあるのではと思う。
現在、犯罪被害者名の公表の可否を警察が決定できるような法律の制定が問題になっている。当然、マスコミは表現の自由と警察による事件隠匿・操作の懸念で反対している。しかし犯罪被害者や加害者名が公表されることによって、本小説に書かれているような大衆暴力が発生していることも事実である。この視点からは考えされらる本だった。

犯罪被害者や加害者の家族をなぜそっとしておけないのだろうか? 執拗な取材や嫌がらせが発生するのであろうか? 日本人の特質なんだろうか?
一人気丈に戦う犯罪被害者の祖父義男。ラストシーンには涙を誘う。彼と一途な水野に救われる真一。加害者の娘めぐみを助けるが自らが犯罪加害者の妹になったら全く同じ行動をする由美子。真のジャ-ナリストとは?に悩みながらも必死で事件を追う滋子・・・多くの人生模様が絡み宮部世界が展開する。

自分の家族が犯罪者と疑われたら・・・・、やっぱり最後まで信じて信じて戦うだろうなと思う。そういう意味で由美子には頑張ってほしかった。

もうひとつの視点、女は男のおもちゃか? 小説では違う言葉を使っていたが、宮部さんのもうひとつの主張だろう。近年女性を狙った犯罪が多いし、幼い女児を狙った犯罪も多い。 教育を何とか変えていかないと日本は大変なことになる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月20日 (火)

百日咳

咳が治らない。もう3週間も続いている。 昨日は夕食中に咳が出始め、約2時間止まらず。布団に入ってからまた出始め、2時間止まらず。咳き込むたびに肋骨も痛いし、眠れないし、もう大変だ。

今日病院で「百日咳」との診断が出た。抗体検査で確定。こんな状態が3ヶ月から6ヶ月も続くとのこと。

誰か 助けてくれー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

殻付き牡蠣

友人から殻付き牡蠣をもらった。 早速、ナイフで殻を開け、ツルーン。美味しいかった。
まだ時期が早いので、実は太ってないが、今年初物の生牡蠣。

皆さんはどのように食べるのだろうか? 生も美味しいが、炭火で焼くのも美味しい。でも手間がかかるから、最近は電子レンジでチンだ。口が開く程度の半生がいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冤罪 藤沢周平著

私の評価 △  2005年12月読書enzai

下級武家の日常と人情を描いた作品集。作品としては面白いが、個人的に短編は好きでないので△。

いつの時代でも男と女の関係、出世と金、人間関係は同じである。それに命を懸ける下級武士。必死で生きる世界が面白い。

証拠人 若い時の武功を基に任官試験を受けるが、その武功の証人を求められる。その捜索過程で自分の現状を悟り、新しい人生を見つける。人生のピークを超えた私の人生と重ね、ハッピーエンドが嬉しかった。

唆す 一揆を唆した罪で追放された武士と妻の関係が面白い。夫のふがいなさに不満を持ちながらも、最後は夫にかける妻。現代に通じるものがある。

塩田伝五郎置文 憧れの女性の為に人生を生きた男の物語。命を懸けて女を守るが、全くの片想い。自己満足の世界だが、残された者たちは・・・

密夫の顔 江戸から戻ると妻が身ごもっていた。妻を叱責し犯人探しをする主人公。でも最後は夫婦だった。

夜の城 記憶喪失の男と妻、記憶が戻り陰謀の世界がよみがえり、陰謀と夫婦愛が交錯する。

臍曲がり新佐 これが一番面白かった。ややコメディタッチだが、新佐の生き様、信念がすばらしい。力がないとこのようには生きられないが、どんな状態になっても生きる自信があれば、現代でもこのような信念を通せるのだろうか?

一顆の瓜 出世と子供の教育問題で頻発する夫婦喧嘩と藩騒動に巻き込まれる主人公。騒動中は喧嘩も収まるが、騒動で活躍した後は・・・ 剣か教育か? 現代にも通じる問題だ

十四人目の男 家族愛と親友との友情。重い約束と結束が人生を縛る。約束が約束でない現代、命をかける武家の世界の対比が面白い

冤罪 美しい娘に恋をして、婿養子に入ることを考えていた主人公。 娘の父が「横領」で切腹。冤罪を信じ、捜査を開始し、娘を探す主人公。 最後はハッピーエンドがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

誕生日

また歳をとってしまった。 でもでも今年は久しぶりに自宅で家族に囲まれて誕生日を迎えることができた。昨年は中国、そ。の前はシンガポール、台湾・・・ ほんと久しぶりだ

家内手作りのビーフシチューとレアチーズケーキ。そして、プレゼント。ほんと楽しい一日だった。

咳がなかなか治らない。もう2週間目だ。早く治ってくれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

蛇を踏む 川上弘美著

私の評価 × 2005年12月読書hebiwofumu

裏表紙の「蛇を踏んだ。『踏まれたので仕方ありません』と声がして、蛇は女になった・。『あなたのお母さんよ』と・・・」と読んで、メルヘンの世界を予想して読み始めた。
しかし、期待に反して・・・ 全く面白くなかった。 

確かに独創的な表現ではあるが、楽しめなった。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年12月 6日 (火)

分身 東野圭吾著

私の評価 ◎ 2005.11読書bunshin

「面白かった」が一番の感想。一気に読んでしまった。

東京と北海道に住む全く見ず知らずの綺麗な2人の女性が、出生の秘密探求をほぼ同時に開始した。両親に全く似ていないことから自分には出生の秘密があるのではと調べだす北海道の鞠子。「テレビに出てはダメ」との母親の言いつけを破ったことから人生が狂いだした父親を知らない東京の双葉。やがてお互いが双子以上にそっくりであることを知るところから、加速度的に面白くなる。

核移植、クローン、権力者の横暴、親子愛、そして未も知らずの二人に湧き上がる気持ち・・・そして東京と北海道で交互に進行するスリリングな展開。一気にページが進んだ

著者はクローン羊ドーリーからヒントを得たのだろうか?やっぱり作家はすごい!

豚は人間に似ており、人間の臓器の遺伝子で人間の臓器を豚に作らせ生体移植する話がったが、究極の豚は全て人間の臓器、身体で出来ており、顔だけが豚の「人間豚」だと議論したことがある。幾らなんでも人間と同じであれば、殺して自分に必要な臓器だけを取り出すことは倫理的に出来ないが、顔が豚なら人間じゃないから可能だ・・などと言っていた。分身を読んで思い出した。怖い話である。

倫理では、知恵としての科学(R.H.ブラウン著、吉田夏彦訳)、技術と人間の倫理(加藤尚武著)が面白かった。 近年技術者の倫理感が欠落している。姉歯問題が典型だ。 技術を学ぶ人にはこの本を是非お勧めしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年12月 5日 (月)

愛犬の死

愛犬YUMEが死にました。 ゴールデンレトリバー12歳と3ヶ月でした。

心臓麻痺と思いますが、突然バターンと倒れてそれっきりでした
あっけない最後でしたが、家族全員がいる時に倒れたのは本当によかった。
抱いて看取ることができました

市営の斎場で火葬にしてもらい、骨壷にいれ自宅で眠ってます

12年間、家の中で一緒に暮らしていたので、ほんとに家族の一員でした
年初に癲癇発作が起こるようになり、後ろ右足が弱ってきてました。
でもいい先生に恵まれて、無事に夏を超え、元気が戻ってきたのでホッとしてた。

単身赴任から戻ってきたので、足が弱ったら車椅子を作ろうと言っていたのに。私を待っていたかのように、死にました。
本当に散歩が好きだった。私にとっては健康維持のためにほんとに良かった。
まだまだ長生きして欲しかった。

犬の死にも忌引きが欲しい・・ 家族の実感です。

やっぱり寂しいですね。いつもそばにいたので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

YUMEが死んだ

YUMEが死んだyume2
さっきまでご飯のお代わり要求していたのに
突然倒れて死んだ

YUMEが死んだ
胸をおしてたたいて
YUME YUME 生き返れと涙を流して呼んだ

YUMEが死んだ
まるで私を待ってかのように
単身赴任解消して戻って来て一週間も経ってないのに

YUMEが死んだ
股の間から愛くるしい顔をのぞかせ
ご飯がほしいよと目で訴える

YUMEが死んだ
これはYUMEのとご飯もお菓子も取り分けた
散歩が大好きだった

YUMEが死んだ
お帰りなさいと大喜びで迎えてくれた
くるくる回って、ひっくり返って

YUMEが死んだ
引っ張りんこををもって
遊べ遊べと鼻で突っついてきた

もういない

YUMEが死んだ
家族みんなの目の前で
みんなにYUMEと呼ばれながら

YUMEが死んだ
最愛のYUMEが天国に行った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »