« YUMEが死んだ | トップページ | 分身 東野圭吾著 »

2005年12月 5日 (月)

愛犬の死

愛犬YUMEが死にました。 ゴールデンレトリバー12歳と3ヶ月でした。

心臓麻痺と思いますが、突然バターンと倒れてそれっきりでした
あっけない最後でしたが、家族全員がいる時に倒れたのは本当によかった。
抱いて看取ることができました

市営の斎場で火葬にしてもらい、骨壷にいれ自宅で眠ってます

12年間、家の中で一緒に暮らしていたので、ほんとに家族の一員でした
年初に癲癇発作が起こるようになり、後ろ右足が弱ってきてました。
でもいい先生に恵まれて、無事に夏を超え、元気が戻ってきたのでホッとしてた。

単身赴任から戻ってきたので、足が弱ったら車椅子を作ろうと言っていたのに。私を待っていたかのように、死にました。
本当に散歩が好きだった。私にとっては健康維持のためにほんとに良かった。
まだまだ長生きして欲しかった。

犬の死にも忌引きが欲しい・・ 家族の実感です。

やっぱり寂しいですね。いつもそばにいたので。

|

« YUMEが死んだ | トップページ | 分身 東野圭吾著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/7479641

この記事へのトラックバック一覧です: 愛犬の死:

« YUMEが死んだ | トップページ | 分身 東野圭吾著 »