« マイ・リトル・ブライド | トップページ | 草原からの使者 沙高楼綺譚 浅田次郎著 »

2006年4月25日 (火)

久しぶりの青空

今日は久々に青空が見えた。 最近は雨のない日でも黄砂が酷く、すっきりしない日が続いていたので、気持ちがいい。

「秘密」を読んだ友達が、東野圭吾さんの本を読みたいというので、今朝、本棚を探した。確か4,5冊はあるはずだが・・・と探して見つけてたのは、「分身」「変身」の2冊。

家内が、もっとあるでしょう!と再捜索。 すると、「天空の蜂」「予知夢」「むかし僕が死んだ家」「片思い」「時生」「秘密」×2の7冊が見つかった。
相変わらず探すの下手ね! また同じ本買ってるし!と 朝からやられてしまった。確かに下手だから仕方ないが・・。 

全部持っていっても迷惑だからねと、子供のアドバイス。「分身」「天空の蜂」「時生」の3冊を持って行くことにした。 今日は素直ね!と、追い討ちを掛けられた。

秘密は2001年に読んで、昨年また買ってしまった本。もったいないので、また読んだが(馬鹿だよね、ホント)。
でも、一回目と二回目はは全く印象が違った。 二回目は主人公の夫になりきって読んでしまった。感情移入してしまったので、読んでいるのが非常に苦しかったのを覚えている。 自分の家内と娘があんなことになったら、そりゃ大変だもんね。

庭のパンジーとビオラをアップで撮って見た。 一つひとつ個性がありますね。 今年は、中央の染み(?)のないものを選んで植えたらしい。

Kotosi_panji1 Kotosi_panji2 Kotosi_panji3 Kotosi_panji4 Kotosi_panji5 Kotosi_panji6 Kotosi_panji7 Kotosi_panji8 Kotosi_panji9 Kotosi_panji10 Kotosi_panji11 Kotosi_panji13 Kotosi_panji14 Kotosi_panji15 Kotosi_panji16 Kotosi_panji17 Kotosi_panji18

Kotosi_panji19_1 Kotosi_panji20 Kotosi_panji21 Kotosi_panji22

|

« マイ・リトル・ブライド | トップページ | 草原からの使者 沙高楼綺譚 浅田次郎著 »

コメント

パンジー沢山種類があるのですね~!
たまたま今日私も大通り公園で見てきたのでアップしました。

ところで、
小説って読むときの自分の状態や年齢によって感じ方がかなり違いますよね。
それだけ人の心も移ろいやすいものだということでしょうね。

東野圭吾さんは読んだ事がないです。
私はけっこう不倫もの読みますよ(笑)
高樹さん、小池真理子さんetc.
いろいろな恋愛を体験させていただいてます。
現実にはちょっと年齢がね~(笑)
って、夕凪さんよりも3才くらい年下の私でした。。

投稿: miriam; | 2006年4月25日 (火) 21時13分

初めまして。ran1005さんのところから辿り着きました。
パンジーにビオラ、色とりどりでとてもきれいですね。
一つ一つに顔があり、とても愛らしく見えます。

投稿: pocky | 2006年4月26日 (水) 00時30分

miriamさん
写真をこうやって連続して見ると圧巻ですよね。こんなに一杯あったんだとあらためて関心しました。

私は、宮本輝さんが好きですね。最近は浅田次郎さん、宮部みゆきさんをよく読んでます。
高樹さんは「湖底の森」だけで、小池さんは読んだことがありません。

大通り公園のパンジーはこれからですね。どんどん茂って綺麗になる、楽しみですね。

投稿: 夕凪 | 2006年4月26日 (水) 20時07分

pockyさん ようこそいらっしゃいました。ありがとうございます。

ほんと、一つ一つに個性があって、愛らしいです。

ブログ訪問させていただきました。4月21日の青空と鯉のぼりの写真、いいですね。青空に力強く上っていく様子に、爽快な気分と元気を頂きました。

時々訪問させて頂きます。 風邪しっかり治してくださいね。

投稿: 夕凪 | 2006年4月26日 (水) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/9761228

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの青空:

« マイ・リトル・ブライド | トップページ | 草原からの使者 沙高楼綺譚 浅田次郎著 »