« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

ままかり

今日はおかしな天気でした。 朝6時頃に激しい雨、2分程度で止んだ。
出社時には曇っていて、天気予報どおり雨かな?と思っていたら、すっかり晴れ上がって暑かった。
でも帰宅する7時頃にはまた雨。困った天気です。

その晴れ間に、バケツ一杯「ままかり」を釣ってきた友人から、お裾分けを頂いてきた。
酢漬けにすると美味しい魚です。
「あっ!写真とっておけばよかった!」と、今思ったが、既にさばいてしまった。

ままかりは岡山の名物です。
「まま=ご飯」「かり=借り」、あまりの美味しさにご飯がなくなり、隣に借りに行くくらい美味しい魚ということで、付いた名前らしいです。

先ほど新聞を読んでいたら、恩田陸さんのインタビュー記事が出ていた。
「子供の頃は読書感想文が大嫌いだった」とあった。
あんな大作家でもそうなんだと、変に関心した。実は私もそうだったので。
でも、今はブログに感想を残している。おかしなものですね。

可愛いランタンです

Rantan

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月29日 (木)

村上さん

村上さんが逮捕されてから、いつものようにマスコミは彼を叩き始めた。いつもながらマスコミにはホント嫌になる。

多くの意見があるが、「村上さんの初期の行動は評価される」との意見が多い。株を買占め、その圧力で経営を変えようとしたものに対する評価だ。

ホントかなと私は思う。そもそも株とは「その会社の経営理念に賛同して、出資し、その企業を伸ばすことで見返りを得る」ものである。ところが、村上さんの手法は「経営理念に反対して、内部留保利益を排出させ、それで儲ける」為の株の買占めだ。金儲けだけの何者でもない。 なぜこれが評価されるのか?

確かに、これによって「経営者の目が株主に向いた」という功績はあったかもしれないが、ただそれだけである。

逮捕前の記者会見で「金を儲けすぎた」から嫌われると言ってたようだが、私は「金を儲ける手段が汚い」から嫌われているのではと思う

経営者には人のため、国のための理念がないとだめだ

ちょっと古い話題だが、書いてアップを忘れていたので、載せました。

今日も暑かった。昼休みに歩いたら汗びっしょり。そろそろ着替えを持っていかないとダメです。
先日のツバメが3羽巣立ちました。1羽は、水の入ったバケツで死んでいたそうです。恐らく、初めて巣から飛び立った時にバケツに落ちたんでしょう。
一羽が雨でびしょぬれになって、犬小屋の側に居たそうです。ドライヤーで乾かして、マジックで印をして巣に戻してやったら、翌日、電線にふらつきながらも止まっていたそうです。可愛いですね

近くの畑の、ジャガイモ、シシトウ、トマトの花です。

Jagaimo Sisito Tomato

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

海鳴 明野照葉著

私の評価 △ 2006年6月読書

歌手への夢を絶ち母となった主人公が、娘の才能を知り、歌手にしようとする物語。

自分の子供に夢を託すことは良くある話だ。でも家族を捨ててでもするだろうか?
そこに主人公の過去が絡んでおり、複雑な物語が展開していく。

計画通り、娘は歌手として成功するが、「娘のため」と思って必死になっていた主人公は、売れることで一人立ちし、親離れをする娘から置いていかれる。
そこで初めて、「娘の夢」の為ではなく、「自分の夢の置き換えのため」、「自分のため」に動いていたことを悟る。

結局、何もかもを失った主人公。でも最後は・・・

人は「夢」を追いかけて暮らしている。でも、年齢を増すごとにその夢はかなうことなく消えていく。その夢を捨てきれず、子供に託した主人公は幸せだったかもしれない。

私の夢はなんだったんだろう。小学生の頃は先生になりたいと思っていたが、いつの間にか化学技術者になった。研究者として新しいものや技術を作ることに情熱を燃してきたし、その夢は実現した。
でも、会社でも若い人を育てる楽しみもあるが、教育の場でしっかり教えることが出来ないかなと最近思う。

これからの「夢」は・・・  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

ベーグル

我が家は大のパン好き。 今日は羽田のBAGEL&BAGELでベーグルを12個も買ってきた。
倉敷にもパン屋さんはいっぱいあるが、ここのベーグルが一番美味しい。

梅雨の晴れ間は蒸し暑い。ホント今日は暑かったですね。
夏バテしないように気をつけないとダメですね。

街路樹のアベリアが満開です。

Abelia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

ホテルの予約がない!?

今朝は激しい雨音で目が覚めた。外を見ると用水があふれ田は稲が隠れてしまっている。長く続かないといいが・・・と思っていたら、8時頃には小止みになった。

各地で被害が出ているが、昨日通った国道180号線が土砂崩れで車を押し流して、通行止めになった。雨が予報より一日ずれてよかったとほっとしています。
これ以上被害がでないといいんですが・・・

今日は東京出張。空港からホテルへ直行したが、なぜか予約がない。確かネットで予約したはずなのに・・・・
予約したホテルは満室。隣のホテルに行くと空室があったのでラッキーでしたホッ。

チェックインして部屋でいつも利用するいくつかのホテルの予約をチェックしたが、どこも予約なし。 ???? どこを予約したのだろう? 夢でも見ていたんだろうか?

Ajisai_siro Ajisai_aka Ajisai3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

温泉でリラックス

湯原温泉に一泊で行って来ました。
娘が4月に行って「良かった!」と言うとおり、いい旅館でした。

ホント幸せ気分にゆったりと浸れました。 感謝、感謝。

旅館に着くなり、エステだ! マッサージだ! 今日は散財だ!と叫ぶ女性群。
でも彼女らが狙っているのは小遣い貰ったばかりの私の財布・・・・ ま、いいか。感謝感謝だ!

買う前は、重たい一眼レフなんぞ持ち歩くかな・・・と思ってましたが、しっかり持っていき、楽しんできました。

翌日は雨。 山陰でキス釣りをする予定だったのに・・・  

河原の露天風呂が有名です

Sunayu

夕方の一こま  ゆったりと時が流れている感じが出たかな? ちょっと明るく撮りすぎたけど。

Furai_1

食事をしていると、ライトアップされた外の木々と窓に映った和紙のランプがきれいだった。部屋までカメラを取りに戻って、撮ってみました。

もう少し絞り値を大きくして、三脚で撮れば、外の遠景がはっきりしたかな?

Mado

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

娘の招待

今日は家族で湯原温泉。術後一年、心配掛けたと娘の招待。楽しみだ。

雨の予報だったが、曇り空。どうにかもってくれるといいのだが。

朝近所の畑のきゅうりとゴーヤです

Kyuri Goya

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

海開き

通勤途中のラジオで言っていた「明日は渋川海水浴場の海開き」と。 
気が付くともう完全な夏になった。
学生時代は海開きがなくても、暑い日にはさぼって泳ぎに行っていたのを思い出しました。

同じラジオで、綾戸ちえの歌が流れていた。
ちょっと下品な感じだなと思いながら聞いていたら、なんと清水みちこの物真似だった。 
なんであんなにそっくりに歌えるのでしょう。すっかり騙されました。

今日の夕食に、しじみの赤出汁を作ってくれた。
貝の嫌いな娘は飲み会。家内と二人、普段食べれないメニューでした(^-^)

夕空。 明日はいいことあるかな・・・・・

Sora

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

今日は雨

一日中雨でした。
車の乗り降りだけで、いっぱい濡れるような強い雨。
やっぱり梅雨です。

イラクからの自衛隊の撤退が決まった。
あと少し、トラブルなく全員が無事帰国できることを祈りたい。
ほんと良かった。

日本の安全のためには米の軍事力は必要だ。しかし、米軍の再編に組み込まれてはダメだし、出すべきでない国に派遣してはいけない。 政治としても難しい判断だが、帰国後の何もない時期にじっくり国会で議論して欲しいものです。

友人宅のアジサイと家内の誕生日に送った花

Ajisai_5 Tanjobi

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

ランチ

今日は家内と病院へ。12時過ぎに診察が終わり、家内お目当てのランチへ。

ところが、そこは女性群だけで既に満員。2組も待っていた。一応、名前を書き並んだが、20分程度でギブアップ。

第2候補の開店したばかりの店へ。定休日、ついてない。

結局、自宅近くのイタリアンになった。ここも、女性群ばかり。世の女性達はランチを楽しんでますね、ほんと。 

まだ難儀な後遺症が残ってはいるが、当面の治療は終了。3ヵ月後の通院となった。まずはめでたしです。
よかった。

アリストメリアがカイドウの下で咲いてます

Arisutomeria

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

遠くの声を探して 山田太一著

今日は暑かったですね。天気予報は真夏日を予想していたが、どうだったんだろう。

最近、楽しい本に当たってない。やっぱり、少し読んで借りるとか、知った作家の本を借りるとかしないとだめなんだろうか?

遠くの声を探して 山田太一著  私の評価 △ 2006年6月読書

過去の出来事から脱却できず、人生を惰性で生きる男に、突然「声」が聞こえる。
精神に異常をきたしたのか? 会社の上司達は病院を勧める。

でも「声」との会話を進めるうちに・・・・

これは鬱か、現実か? 男の苦悩が始まる。

最近、寝ているて、呼ばれたような気がして目が覚めたことがある。
どきっ!とするが、何もない。 
自分でも大丈夫かな?と思ったが、主人公の衝撃はこの比じゃない。

でも男は、「声」との会話を続けることによって、過去から開放されていく。
生きる意志が増していく・・・

紫のプリエッタ 他の色とことなり、結構立ち上がってます

Purieta_murasaki 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ツバメの続き

今日は東京に出張してきました。東京の自分の机に座って仕事するのも、実に3ヶ月ぶり。
もう出張も大丈夫、って感じるまで回復してきました。

羽田が混んでいて40分遅れの出発、いつもながら嫌になりますね。
その間、修学旅行の高校生を乗せて、沖縄行きが2便飛び立っていきました。
皆うれしそう。私もそっちに乗りたかったな・・ 

子ツバメに一生懸命餌を運んでいた親ツバメ、夜はどうするか・・・ 観察して見ました。
なんと、あの小さな巣に入って一緒に寝るんですね。ビックリ&可愛いっ!、でした。

4羽の子ツバメの左から親が必死で割り込んでます
Tubame_oya1

割り込みに成功。一緒に正面を見てますよ。 もう一羽はこの後逆サイドから入りました。

Tubame_oya2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

ツバメ

蒸し暑い日でした。 旭は雨がぱらついていたが、10時ごろから晴れ間が広がってきた。

機嫌よく写真を撮っていたら、モニターを見ると真っ黒。シャッター速度と絞りが全く反応していない。どうもマイコンが壊れているようなので、カメラ屋へ。

即新品と交換してくれた。 良かったホッ。

でも、友人の四十九日で集まった人たちの集合写真を撮ろうとしてたのに・・・ ホント間が悪い。

カメラ屋で聞くと、こんな故障は初めてとのこと。 なんと当りの悪いことか。
私の病気も7,8千人に一人の確率だった。 

その内宝くじ当たるかな??

友人宅で子育てツバメの可愛い写真を撮ってきました。

落ちそうなくらい身を乗り出し、大きな口をいっぱい開けて・・・ ごはん欲しいよ!

Tubame_ko1

手前の子ツバメが餌をゲット! 美味しいぞっと、ゴックン

Tubame_ko2

飛び去る親に、ごはん!  もうちょっとまってね 親は大変

Tubame_ko3

はじめは怖がってこなかった親ツバメも、害を及ぼさないと感じたのか、何事もないように餌を運び始めました。

さあ、今日はクロアチア戦。 頑張れ日本! 勝って欲しいですね。
娘が、必勝を期して飲んだ「青いビンビール」 願いとどけよ!

Blue_bottle

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

カメラ小僧?

今日は一日雨でした。
梅雨だから仕方ないですが、鬱陶しいですね、折角の土曜日なのに。

カメラをいじくり回し、アジサイや室内のものを撮っていたら、娘に笑われました。
まるで「カメラ小僧」だよと。
うれしそうな顔をしていたんでしょうね、きっと。

墨田の花火が色づいてきました。

Ajisai_2 Ajisai_4

Ajisai_1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

送別会

今日はここ4年間の直属の上司として指導していただいた方の送別会。定年退社です。寂しいですね。親しい人との別れは。

会社に入って30年。いつの間にか、頼り相談する先輩がいなくなり、全てが自分の判断で進む。ホント怖いものです。私の判断で人の人生を左右するのですから。 
でも誰もがたどる道。自信を持って進むしかありません。後輩に何かを残すためにも。

今朝通勤中に、ビーグルが車道に飛び出し車とぶつかる瞬間を見ました。幸い大事にはならず、ビッコを引いて走っていきました。 ぶつかった女性も車を止め、見送ってました

小さなレモンの実が付いてきました

Remon_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

うれしなみだ

昨年、娘が手術してから一年が過ぎた。 入院中もしんどかったが、その後も体調不良が続いている。 ここに来て若干体調も良くなってきた。 そんな娘に、一年間良く頑張ったねとネックレスをプレゼントした。

皆に心配を掛けたと涙を流す娘を見て、恥ずかしいながら貰い涙が出てしまった。 最近は涙腺が緩んでいかん。

今日は一日中雨。やっと梅雨らしくなってきた。鬱陶しいけど、久しぶりの雨なので、空気がしっとりとして気持ちいい。 

日経に、日本製紙が廃プラスチックや木屑を燃やす自家発電用ボイラーを導入すると載っていた。非常にうれしいニュースだ。

現在、プラスチックのリサイクルが国の主導で行われているが、これは間違っていると思う。確かに直ぐに捨てるのはもったいないように感じるが、リサイクルするために更に多くの石油エネルギーが使われてることを知っているだろうか? 
国は一旦決めたことをそう簡単には撤回しないが、リサイクルシステムそのものが立ち行かなくなってきた。そのため昨年から、焼却をリサイクルと認めるようになった。今回の記事はその成果だろう。

プラスチックはご存知のように石油から作られる。だから石油の固まりだ。これを燃料として利用しない手はない。有効に使った後は、無駄なリサイクルに石油を使うことなく、燃料として利用する。一番合理的だ。
日本に輸入される石油の1/3はそのまま燃料として燃やされる。なんともったいないことか。これを一旦プラスチックとして有効に利用した後に燃料として利用すると直接燃やす石油を減らすことが出来る。

一般ごみだって同じだ。東京都のようにただ埋めたてるだけでは国土を汚しているだけ。燃やしてエネルギーとして利用すべきだ。焼却炉が問題ならば、専用の焼却炉を開発すればいいではないか

このような当たり前のリサイクルが増えることを祈りたい。

Kanyou

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

米印原子力協力日本支持表明に反対

今日もいい天気でしたね。 お客さんとの会議が早め に終わったので、瀬戸大橋を案内した。気持ちよかったですね。やっぱり海はいいです。 お客さんも楽しんだけど、自分も充分楽しみました。 残念なのはカメラを忘れていったこと。

米国とインドの民生用の原子力協力合意を小泉首相が支持するとの記事が出た。こんなこと許してほんとにいいのだろうか?

インドは、核拡散防止条約未加盟で核爆弾を保有し続けている。

日本の立場は、核の軍事利用に対しては絶対反対であるべきで、既に保有しているインドに対しては、その廃棄と引き換えに民生用原子力の協力をすべきである。イランや北朝鮮の原子力開発に対する対応と矛盾しているし、今後の核拡散を助長する可能性がある。

アメリカは、将来の大市場となる経済力と政治力の確保を目指しているのであろうが、ここまでアメリカ追随が必要であろうか?

ベージュのプリエッタも随分きれいになってきました。Priet_beju_1

Priet_beju_2 Purieta_red

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

ジーコジャパン 頑張れ!!

昨日は必死で応援したけど、女神は微笑みませんでした。 皆必死で頑張っていただけに残念ですね。 逆転された時はガックリ来ました。
我々がそうだったんだから、選手達の落ち込みは相当だったんだと思います。

次の試合に向けて、頑張るしかない。 日本頑張れ!!

今日は韓国ですね。明日は一日中、韓国の人との会議&会食。是非勝って欲しいですね。
その会議のために、先ほど家内とスーパーまで散歩しながら、お菓子を買ってきました。「くろんぼ」「ゼリービーンズ」など、昔懐かしい物を。韓国の人にも懐かしいだろうか? 話題づくりになるといいのだが・・・

昼休みの散歩で、白い夾竹桃が満開になっているのを見ました。家の近くの夾竹桃(赤)もちらほら咲き始めています。もう完全に夏モードです。

門に掛けた紫のペチュニア。絞り模様できれいですよ

Petunia_murasaki

Petunia_murasaki_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

群蝶の木 目取真俊著

私の評価 × 2006年6月読書

何の写真だか分かりますか? 答えは感想のあとに Bedno_hoshi

暗い本だった。感想はそれに尽きる。

「帰郷」、「剥離」、「署名」、「群蝶の木」の4編からなる短編集。 題名から連想されるイメージとは全く違う展開。
3本目の「署名」の途中で、リタイアした。

「帰郷」は公園で死体を見つける主人公の話。でもその死体は、他の人には見えない・・ 主人公は精神的に追い込まれているが・・・

「剥離」は鬱の話。主人公の妻は小6学級の荒れで鬱病に。その子らが中学に入り、主人公が担任に。でもその主人公も・・・・

ホント暗い話で参っちゃいました。

---------------------------------------

今日は送別会。この歳になるとお世話になった先輩達がどんどん定年になって行きます。寂しいものです。
でも、今日は日本-オーストラリア戦。飛んで帰ってきました(笑)。

今週は火曜日以外は全て飲み会。 お酒に弱い者としてはしんどいですね。でも来客と送別会じゃ仕方ない。

写真はベッド天井の星。電気を消すと蛍光で輝いています。星の下で寝ていますが、いい夢は見れないですね。 シャッター開放で撮ってみました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

のんびり日曜日

6時半に目が覚め、7時起床。
日本海にキス釣りに行こうと準備を始めたら、身体がだるい。大事をとって今日も休息日にした。美味しいキスは再来週までお預け。Omiyage_tokyokaikan

というわけで、ソフトのインストールとカメラをいじくって過ごした。

左は今日のおやつ。昨日頂いた東京會舘のお菓子。美味しかった。

Rakkyo_1  家内が昨夜漬けたラッキョウ。 カレー好きの私にはなくてはならない。感謝、感謝です。

ごみステーションの鍵を開けに行ったら、夕日がきれいだったので、田んぼに映った夕日を撮ってみた。

Yugata_tanbo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

買っちゃった!

色々迷ったけど、結局買っちゃいました デジタル一眼レフ。どこまで使いこなせるか分からないけど、楽しみが増えた。

今日は会社の元上司や同僚達と家内同伴のパーティ。
今日の服に合うバッグが欲しいという家内を連れて岡山へ、途中のヤマダ電機で一眼レフをチェック。バッグを購入後、倉敷のカメラ専門店へ。
ここでも、じっくり話を聞き、結局キャノンのKiss Degitalを購入した。

家に帰って早速充電。パーティまでのわずかな時間に色々試してみた。

第1枚目が下の写真アジサイ「隅田の花火」。まだ、咲いてません。関東や大阪で咲いているアジサイは、私のカメラ購入を待ってくれていたのか、倉敷ではまだまだです。
何枚も試撮りしたけど、気に入った写真はなし。一眼レフは難しい、でも楽しめそうと喜んでいます。

パーティはフランス料理のコース。とても満足な一日だった。

Img_0021_1 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

延べアクセス数 1000人を超えた闘病記

3月に始めた闘病記ブログのアクセス数が1000を超えた。 同じ病気の人の役に立てばと始めたブログなので、これほどの人が見てくれていると思うとうれしい。
多少なりと役立っただろうか? 

このココログ・ベーシックはアクセスカウンターがない。どれほどの人が見てくれているのだろうと、ふと思った。
でも、継続は力ですね。段々とブログ友達が出来てきました 感謝です。

今日からサッカーのワールドカップ。 高原や加地など負傷者の怪我が治って、皆出れるといい。そして、日本代表には勝って、予選を突破して欲しい。 しばらくはサッカー漬けになりそうだ。 頑張れ、日本!

写真はピンクの八重ペチュニア ペチュニアもどんどん種類が増えてますね。

Petyuna1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

DVD パイオニア開発中止に思う

DVDレコーダーを世界で始めて商品化したパイオニアが、今後の開発を中止すると6/4日経に出ていた。
世界シェア10%、第4位にも関わらず、100億円の赤字を出しているとのこと。

最近の家電製品の価格下落は消費者としては大歓迎だが、技術者や企業人としてみると非常に辛いことだと思う。 最近は製品価値寿命が3ヶ月程度しかない。あっという間に価格が低下してしまうので、企業は新製品を出さないといけない。(今週の日経ビジネスには最近は製品寿命3週間、これが出来る企業が勝ち残るとありました。)

何か間違っているように思うのは私だけだろうか? 一生懸命開発したものが、あっという間に価値を失う。世界での競争に勝つためには仕方ないことかもしれないが、割り切れない思いが残る。

次は薄型テレビ。プラズマ、液晶いずれはどちらかが負ける。キャノンが開発しているエレクトロルミネッセンスも液晶との価格競争に負けるのだろうか?

今日は昼ごろから雨。ついに入梅。嫌な季節になりました。

2週間ほど前に撮った写真です。庭の隅に咲いたシラン(紫蘭)

Pict0103

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

ODAで武器供与

6/3の毎日新聞に驚愕するような記事が出ていた。

読んでみると海賊対策に「巡視船」3隻をインドネシアに供与することを政府が決めたと出ていた。
たかが巡視船、だが武器には変わりない。 

海賊も元はと言えば貧困が原因だ。単なる巡視船供与ではなく、アセアンと一体となった貧困対策と警備手段を考えるべきではないだろうか。
武器輸出3原則を掲げる日本が、どのように「平和社会の構築」に寄与していくのか、いい機会になると思うのだが・・・

武器輸出3原則は平和外交日本の柱であり、海賊対策とはいえ例外を作るのは好ましくないと思う。
国会で良く議論してほしいものだ。

ペチュニアがしっかりしてきました。まだ株は小さいですが、綺麗な八重の花を咲かせています。 手前が若い花、2日ほどで、後ろのような綺麗な花に変わります。

Petyunia1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

デイジー

アンドリュー・ラウ監督 私の評価 △ 2006年6月 映画館 公式HP 

広場で似顔絵を描く女性ヘギョン(チョン・ジヒョン)と暗殺者パクウィ(チョン・ウソン)、刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)とのラブストーリー

ストーリーの設定と展開があまりにも現実離れしており、個人的にはいまいちの映画だった。しかし、ラブストーリーとしてみると、切ない愛の展開が涙を誘ういい映画だと思う。

主役のチョン・ジヒョン、「猟奇的な彼女」で溌剌とした演技をしていたが、今回は悲劇の主役。美人ではないけど、味のあるいい役者だと思う。
でも、その可愛さを前面に打ち出しすぎた映画のように感じた。 前半を見ている時に、20年ほど前に観た「天国に一番近い島」を思い出した。 
その間、当然のように家内は寝ていた・・・

チョン・ジヒョンが喉から血を流して倒れるシーン、たまらないですね。自分の愛する人がそうなったら・・・と思うとゾッとします。

映画館は若い女性のグループが多かった。それと中年の女性組み。 面白い組み合わせですね。ハリウッド一辺倒から、日本映画、韓国映画と広がっていくのはいいことだと思う。

エンディングの主題歌が良かった。 ハスキーな素晴らしい歌声だった。CDを探して見よう。


レイトショーが終わると夜の12時。暑さが和らぎしっとりとした空気が身体を包んだ。若ければそのままドライブ・・・・だが、自宅へ直行。 

でも、仕事を終えて映画を見れるなんて最高だね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年6月 4日 (日)

リラクゼーション

今日は薄曇。午前中は花の写真を撮ったりしていたが、午後は昼寝。 ドラゴンズ戦を見ている内にいつの間にか、寝てしまった。

ウゥーン、カメラが欲しいと思っている時に、「ボーナスの小遣いで買ったら」のうれしい一言。 早速カタログを貰ってきて楽しんだ。

デジタル一眼レフは高いし、レンズ交換が面倒。でも機能はいい。 Finepix S9000が1cmのスーパーマクロから、10枚のズームまで一つのレンズで出来るからいいかな・・・と、1日楽しんだ。でもS9000でも7万円。 もったいないかな・・・

庭の隅に植わっているウツギ?が満開です。

Utugi

庭の雑草ニワセキショウも満開。良く見ると、種も沢山付いている。

Niwasekisyo

カタバミもいたるところで満開。最後の芝桜の花の横でそっくりに咲いてます

Okizarisu3

| | コメント (11) | トラックバック (0)

螢降る惑星 葉青著

私の評価 ○ 2006年5月読書

日本に留学の中国人著者の作品。きれいなタイトルに引かれて手に取った。しかし、読み始めると、「なんだこれ」の印象。止めようかなと思ったが、最後まで読んでよかった本だった。 面白かった。

螢火虫、ダンスホール、雪、17歳の地図、桜・風・桜花樹からなる短編集。いずれも、著者の上海出身大学の留学生寮が舞台。日本人(国)と中国人との関係を描いており、日本に憧れ必死に日本へ行く手段を「女」でかなえる女性、日本での「金」に憧れ、日本に行き、そのギャップから「麻薬」「やくざ」に陥る男とそれを中国に連れ帰ろうと必死に働き、日本に行く女性・・・短編それぞれに、その人生がある。

中国人のものの考え方、中国人から見た日本や日本人が、登場する中国人若者の目で描かれている。「真の幸せ」とは何か? 著者の訴えと共に考えさせられる本だった。

ひとつの人生を送ることは、中国人、日本人に限らず同じだ。少しでもいい生活をしようと誰しも思う。生まれた場所が違うだけで、なぜこうも違うのか、著者の叫び共に、そのエネルギーが中国人の若者に描かれ、その行動力に感心する。

ここまで、人を愛せるだろうか? 読み進むほどに、そんなことも考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

田植え

今日は30℃を超え、夏の日差し。

ミニヒイラギも、日差しを浴びてうれしそうに輝いています。

Minihiiragi

家の前の田んぼでは、朝から田植えでした。
蛙の声も、うれしそうです。

Ta_20060603

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

蛙の合唱

昨日から、家の前の田んぼに水が入った。 
会社から帰って、夕涼みをしているとほんとに気持ちがいい。

でも、夜は大変。 蛙の大合唱。
今も凄い声、声、声です。

夏ももう直ぐですね。

連休に植えたプリエッタが綺麗になってきました。
小さなポット苗一つがこんなに大きくなった。35cmのポットです。

Prietta

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »