« のんびり日曜日 | トップページ | ジーコジャパン 頑張れ!! »

2006年6月12日 (月)

群蝶の木 目取真俊著

私の評価 × 2006年6月読書

何の写真だか分かりますか? 答えは感想のあとに Bedno_hoshi

暗い本だった。感想はそれに尽きる。

「帰郷」、「剥離」、「署名」、「群蝶の木」の4編からなる短編集。 題名から連想されるイメージとは全く違う展開。
3本目の「署名」の途中で、リタイアした。

「帰郷」は公園で死体を見つける主人公の話。でもその死体は、他の人には見えない・・ 主人公は精神的に追い込まれているが・・・

「剥離」は鬱の話。主人公の妻は小6学級の荒れで鬱病に。その子らが中学に入り、主人公が担任に。でもその主人公も・・・・

ホント暗い話で参っちゃいました。

---------------------------------------

今日は送別会。この歳になるとお世話になった先輩達がどんどん定年になって行きます。寂しいものです。
でも、今日は日本-オーストラリア戦。飛んで帰ってきました(笑)。

今週は火曜日以外は全て飲み会。 お酒に弱い者としてはしんどいですね。でも来客と送別会じゃ仕方ない。

写真はベッド天井の星。電気を消すと蛍光で輝いています。星の下で寝ていますが、いい夢は見れないですね。 シャッター開放で撮ってみました

|

« のんびり日曜日 | トップページ | ジーコジャパン 頑張れ!! »

コメント

こんばんは!
う~~ん鬱の話でよみがえる・・・

今朝・・喧嘩をしてしまいました。
私のことを「うつ病!」とかののしりました。
病気の辛さやその後のことなんてまったく理解していない旦那さんです(汗)

うつ病の人にそんなこと言ったら普通自殺しますよね!

私は・・・ブログの皆さんのおかげで楽しく毎日を過ごさせていただいています。

病気の時に理解してくれる家族がいないということは・・・
本当に寂しいものです。

愚痴ってしまってごめんなさい。

投稿: miriam; | 2006年6月13日 (火) 20時08分

miriamさん こんばんは

朝から喧嘩は辛いですね。一日が嫌になってしまいます。

病気は辛いですよね。手術・退院して普通に暮らしてはいるが、やっぱり健康な時とは違います。miriamさんは病気が続いたから余計辛いと思います。私も自分が病気になって少し理解できるようになりました。

でも、その気持ちを周りの人が完全に理解するのは難しいと思います。 特に男は理解していても態度には現さないし、慰め方も下手です。きっとご主人もmiriamさんのことを理解しているが、何とか励まそうとしてきつい態度をとられたんではないでしょうか。

私も家内の調子が悪い時に、「絶対にうつ病何かにさせないぞ」と思ってましたが、励ますつもりで怒ったこともあります。今回のこともご主人の愛情の表れでしょう。

励ましは鬱には逆効果です。多くの人はこれを知りません。 分かっていても、励ます自分がいます。
難しいものです。

ブログでどんどん愚痴ってください。きれいな写真を撮って、心を軽くしてください。
皆で楽しみましょう!

投稿: 夕凪 | 2006年6月13日 (火) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/10498543

この記事へのトラックバック一覧です: 群蝶の木 目取真俊著:

« のんびり日曜日 | トップページ | ジーコジャパン 頑張れ!! »