« 米印原子力協力日本支持表明に反対 | トップページ | 送別会 »

2006年6月15日 (木)

うれしなみだ

昨年、娘が手術してから一年が過ぎた。 入院中もしんどかったが、その後も体調不良が続いている。 ここに来て若干体調も良くなってきた。 そんな娘に、一年間良く頑張ったねとネックレスをプレゼントした。

皆に心配を掛けたと涙を流す娘を見て、恥ずかしいながら貰い涙が出てしまった。 最近は涙腺が緩んでいかん。

今日は一日中雨。やっと梅雨らしくなってきた。鬱陶しいけど、久しぶりの雨なので、空気がしっとりとして気持ちいい。 

日経に、日本製紙が廃プラスチックや木屑を燃やす自家発電用ボイラーを導入すると載っていた。非常にうれしいニュースだ。

現在、プラスチックのリサイクルが国の主導で行われているが、これは間違っていると思う。確かに直ぐに捨てるのはもったいないように感じるが、リサイクルするために更に多くの石油エネルギーが使われてることを知っているだろうか? 
国は一旦決めたことをそう簡単には撤回しないが、リサイクルシステムそのものが立ち行かなくなってきた。そのため昨年から、焼却をリサイクルと認めるようになった。今回の記事はその成果だろう。

プラスチックはご存知のように石油から作られる。だから石油の固まりだ。これを燃料として利用しない手はない。有効に使った後は、無駄なリサイクルに石油を使うことなく、燃料として利用する。一番合理的だ。
日本に輸入される石油の1/3はそのまま燃料として燃やされる。なんともったいないことか。これを一旦プラスチックとして有効に利用した後に燃料として利用すると直接燃やす石油を減らすことが出来る。

一般ごみだって同じだ。東京都のようにただ埋めたてるだけでは国土を汚しているだけ。燃やしてエネルギーとして利用すべきだ。焼却炉が問題ならば、専用の焼却炉を開発すればいいではないか

このような当たり前のリサイクルが増えることを祈りたい。

Kanyou

|

« 米印原子力協力日本支持表明に反対 | トップページ | 送別会 »

コメント

病気になると辛いですよね。
私の父も一昨年入院しました。私自身も去年暮れに病気になり
完治に至らず後遺症が残ったので少しはお気持ちわかります。
病気になると健康のありがたみがよく分かりますね・・。

梅雨になると外出がおっくうになりますが
雨の音を聞くとなんだか落ち着きます。

投稿: aki | 2006年6月16日 (金) 03時58分

プラスチックリサイクル、そうなのですか。
毎日毎日どうしてこんなにゴミがと思っていますよ。
資源は限りがありますからリサイクルのあり方、開発にもっと力を入れて欲しいですね。
また、出来るだけゴミのでない生活を心掛けたいです。
賢い消費者にならなくてはと思いますが、どうしても流されて行きます。

娘さんも夕凪さんもお身体を大切にご自愛下さいね。

投稿: フィービー | 2006年6月16日 (金) 14時16分

娘さんもなにかご病気?
手術したのは知りませんでした。
だから・・・夕凪さんへの思いやりも深いんだな~って思いました。

よい父娘関係ですね。

私が大学の頃・・
父が私のところに来ると必ず飲みに連れて行ってくれて、
珍しいものを食べたりしましたよ!

最近母はそんな話をしながら・・・
ご不満な様子ですが。。(笑)

父と娘、母と息子・・
いろいろ言われますが・・
大切な子供ですよね!(笑)

投稿: miriam; | 2006年6月16日 (金) 18時58分

akiさん こんばんは

今日の飲み会に行く前にakiさんのきれいなガクアジサイの写真をみて、同じアングルで狙って見ました。ガクの白さで全体が暗くなってなかなか気に入った写真が撮れません。

何枚も撮っていて、危なく遅刻するところでした。(笑)

おっしゃられるように、自分も病気になって、初めて人の気持ちが分かりますね。入院中には、同じ病気になれば患者の気持ちをもっと理解できるのにと思える医者がいました。

akiさんも調子が悪いんですか・・・大変ですね。
でも人生前向きに捉えるしかありません。向こうから来たものはどうしようもありませんからね。 頑張っていきましょう!

投稿: 夕凪 | 2006年6月16日 (金) 22時21分

フィービーさん こんばんは&ありがとうございます。

「ごみを出さないこと」大事ですよね。でも「0」にはならない。
ならば、有効に利用することを考えるのが一番シンプルなことです。 シンプルがコスト=エネルギー的に一番掛かりませんし、環境に優しいのです。

ペットボトルを洗って、個別回収する。
ペットボトルをゴミして、纏めて回収する

これだけ見ても、水が使われているし、分別回収用に別の回収車を動かすエネルギーが要ることが分かります。 
 
もし興味がございましたら、「リサイクルしてはいけない(武田邦彦著)」を読まれるといいと思います。具体的数値で詳しく&優しく書かれていますよ。

投稿: 夕凪 | 2006年6月16日 (金) 22時36分

miriamさん こんばんは

父親と飲みですか、いいですね。 私は下戸なので、娘の下宿時代には食事には連れて行きましたが、飲みはないですね。 
いまだに、居酒屋へ連れて行ってくれないんだから・・と責められています(笑)

娘は私よりも大変な病気をしました。なぜだ!変わってあげられたら・・・と随分苦しみました。当然本人も。
でも、前向きに頑張ってます。父親として、見守ってやるしか出来ませんが・・・

投稿: 夕凪 | 2006年6月16日 (金) 22時45分

夕凪パパ、かっこいい。
家族を大切にしてますね。
また、家族が仲良しでとても羨ましいです。

プラの非リサイクル化良かったですね。
私の住む街は来年から追加でごみ処理代を取るって言っていて、半泣きです。
企業がまず、ごみを出さないように包装等をを減らさなくてはいけないのに、
しわ寄せは私達に直接かかってきますね。。。

投稿: ふみたろう | 2006年6月17日 (土) 09時13分

ふみたろうさん ありがとうございます

とてもかっこいいとは言えませんが・・・

リサイクル、段々コスト的に行き詰ってきています。徐々にですが、いい方向に向かうと思います。 

投稿: 夕凪 | 2006年6月17日 (土) 23時14分

こんにちは、
 リサイクルについて、うすうすは感じていましたが、それがダメだっていう考え方面白いですね。特に燃料に使ってしまおうというのが単純に考えるとあたりまえのようで、奇抜なようで、何か考えさせられる気がします。
 「リサイクルしてはいけない」と言う本読んでみたいと思います。ご推薦ありがとうございます。
 次に私が興味深く思うのは、廃材を公害の発生なく熱や動力などのエネルギーに変える技術です。私の勤め先では、ゴミをダイオキシンが発生しないぐらいまで高温に上げて償却する設備の製作にかかわっています。環境保全にかかわる技術には興味がわきます^^。

投稿: かつ | 2006年6月18日 (日) 11時59分

かつさん こんにちは

いい仕事をされていますね。日本中の炉を換えるくらい頑張ってください。
熱回収も温水プールだけではもったいない。是非、電気エネルギーとして回収したいものです。焼却によって副生化合物もppbやpptレベルまで減らせれば安全ですよね。
期待しています。 

武田先生は分別回収は不要。何もかも燃やして、灰から有用金属を回収するという考えも展開しています。今回収技術がなくても、将来できれば、焼却灰は人工鉱山みたいなもの。 

投稿: 夕凪 | 2006年6月18日 (日) 17時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/10537810

この記事へのトラックバック一覧です: うれしなみだ:

« 米印原子力協力日本支持表明に反対 | トップページ | 送別会 »