« 大雨 | トップページ | 群青の夜の羽毛布 山本文緒著 »

2006年7月20日 (木)

天皇語録のメモ

「戦争を引き起こした者が祀られている靖国は参拝しない」との昭和天皇語録のメモが発表された。
戦争犯罪として戦勝国が裁いた東京裁判A級戦犯の靖国合祀が問題となっているが、このメモのもつ意味は大きい。
東京裁判とは無関係に、戦争当事者である昭和天皇ご自信が合祀された人々を「戦争を引き起こした者」として考えていた。

中国や韓国に言われて、分祀や新しい慰霊場を建設することには小泉首相をはじめ反対する人がが多い。私自身も圧力で動くことには反対だ。
しかし、このままでは東アジア外交が動かないので、何とかする必要もある。
今回のメモはそういう意味でいいチャンスだと思う。「昭和天皇の意思を生かす」として、新しい慰霊場建設を進めれば、圧力で動いた訳もないし、懸案も解決できる。
政府が動くといいのだが・・・

ご近所で咲いていた紫の花

Murasaki

|

« 大雨 | トップページ | 群青の夜の羽毛布 山本文緒著 »

コメント

こんにちは、
 私は昭和天皇のことを"立場が時によって変わり一般人の粋を脱しない人" と見てしまいました。 そうではなく"奉られた被害者であり「戦争を引き起こした者」達に憎しみをも持たれていた"と捉えれば素直なのですね。
 私はA級戦犯という裁き自体に疑問をもっていますが、外交ということを考えると本当に良い機会が与えられたと考えるべきなのでしょう。
(夕凪さん、この書き込みが問題を起こしそうになったら容赦なく消し去ってくださいね。私のblogはアクセス解析をやって問題のキーワードを消したら急に静かになりました。)

投稿: かつ | 2006年7月22日 (土) 14時28分

かつさん こんにちは

戦争を東京裁判という戦勝国の理屈で裁いたことが、歴史を狂わせているのでしょうね。

日本人自身が、「なぜ戦争したか」をしっかり裁いていません。 当時の国際情勢から戦争が避けられないとしても、避ける手段はあったはずです。その選択をしなかった指導者には責任があると思います。

かつさんのブログ、静かになってよかったですね。賛成にしろ、反対にしろ、しっかり議論するならいいですが、中傷的なものは困りますね。

投稿: 夕凪 | 2006年7月22日 (土) 18時19分

いろいろこのことについて書いてあるところのものを読んでみましたが考え方も様々。
そもそも東京裁判から疑問視する声もありますしね。
この問題は本当に難しいです。

例えば・・合祀したときの宮司さんも、
きっとその時の政府の人とのやりとりがあったはずです(昭和天皇の知らない間に・・ですね)

同じ世界にいても・・
今日の味方は明日の敵なのかな~

このごろ思うに・・
その時の情勢というのももちろんあるけれど、
やはり著しく偏った思考の人がトップにいたときに問題が起こるような気がするな~

利権が絡むと理性も失われるでしょうしね。

投稿: m子 | 2006年7月22日 (土) 22時56分

訂正・・
合祀のときのことは天皇が知らなかったかどうかはわかりませんね。

結局のところ天皇のお心も、メモも、
真実はご本人の心の中だけにあるのですよね~

それを人々がああでもないこうでもないと推測しているだけのことかもしれません。

投稿: m子 | 2006年7月23日 (日) 11時34分

真実は心の中、ホントそうですね。 どんなに言葉で聞いても、本心は本人しか分からない。

今の国会議員で私欲のない人はどれ位いるのでしょうか? 最初の志は「国家の為、人の為」と思って議員になったのでしょうが、月日が経つと、私欲も出てくるでしょうから。

難しいですね。

投稿: 夕凪 | 2006年7月23日 (日) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/11034895

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇語録のメモ :

« 大雨 | トップページ | 群青の夜の羽毛布 山本文緒著 »