« 群青の夜の羽毛布 山本文緒著 | トップページ | 博士の愛した数式 »

2006年7月22日 (土)

与島釣行

久しぶりの週末の晴れ、朝4時に起きて行ってきました。 でも、釣果はボーズ。がっくりです。

昨日友人に電話して、2年ぶりの釣行を決定。潮は良くないが、数枚は釣れるだろうとの予想の元に、昨夜は釣りの準備。楽しいひと時です。

5時半に下津井の矢吹渡船に到着、6時に出航した。予想に反して渡船屋はガラガラ。我々を入れて3組だけだった。まだ、夏チヌの活性は低いのかもしれない。

岩黒島に一人下ろして、与島の鍋島北波止に到着。7時前から釣りを開始したが、全くチヌの気配なし。
9時頃友人が休憩中、餌を付けて置いていた竿に20cmのチヌが掛かっていた。 私の方は全く気配なし。

結局、アタリは1回だけあったが、合わせに失敗してこの日はボーズ。 11時半まで、餌を打ち続けただけで浮きが沈むこともなく納竿。 疲れた釣行になりました。友人は20cmを2枚。腕の差が出ました(笑)

上が釣り座から南・四国方向、下は港・西方向の写真です。見えている橋は瀬戸大橋です。

Pict0001_1 Pict0003

|

« 群青の夜の羽毛布 山本文緒著 | トップページ | 博士の愛した数式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/11058698

この記事へのトラックバック一覧です: 与島釣行:

« 群青の夜の羽毛布 山本文緒著 | トップページ | 博士の愛した数式 »