« 紀州釣りの練習? | トップページ | 車 »

2006年7月 9日 (日)

贅沢な孤独 浅野裕子著

私の評価 △ 2006年6月読書

裕福な結婚生活が壊れ、孤独に揺れ動く女性の心を描いた作品。

愛し合って結婚したはずの美人モデル出身の30代の主人公。
結婚後も男に注目されることを生きがいとし、浮気を繰り返し華やかに生きる。
夫は自分を捨てるはずはないとの幻想の元に。

結婚をしても、捨てられても、自分が中心。だから、新たな恋をしても、また傷つく。
しかし、傷つくことで段々と「愛すること」「愛されること」を知るようになる。

作中、香港のペニンシュラーホテルが出てくる。数年前に家族旅行を、懐かしく思い出した。

「愛する人と結婚した方が幸せ」or「愛してくれる人と結婚した方が幸せ」という特集があったのを思い出した。
主人公は前者を求め続けて孤独になった。そして最後に後者の幸せを掴み取った。

皆さんは??

|

« 紀州釣りの練習? | トップページ | 車 »

コメント

夕凪さんは?(笑)

私は・・わからないな~
ただ恋愛と結婚は別物かな~って思うだけです。
ただ好きだからといって、結婚してうまくいくとも限らない。

どうでも良い人と末長くうまくやっていける場合もある。

だから・・わかりませんね(笑)

投稿: m子 | 2006年7月 9日 (日) 21時49分

私は愛してくれる人がいいです!
いや、やっぱり両方です。(笑)

恋愛している頃の気持ちは、良くも悪くも
時と共に自然に形を変えて行くもの・・
だと思うので、恋愛の気持ちが消えたあとにも
ずっと一緒にいられる人がいいですね。

投稿: aki | 2006年7月10日 (月) 00時46分

m子さん こんばんは

こっちに振ってきましたね(笑)

やっぱり両方がベストですよね。どちらかに絞るとすれば、前者かな?

いずれにしろ、結婚生活はお互いの思いやりですね。

投稿: 夕凪 | 2006年7月10日 (月) 20時37分

akiさん こんばんは

akiさんは欲張りですね(笑) 
きっと幸せなご家庭を築かれていることと思います。

アンケート取ったら、どっちが多いのでしょうか? やってみたいですね。 年代で随分違う答えが出そう。

『線香花火・・かな?』いいですね。早くカメラ直して復活してください

投稿: 夕凪 | 2006年7月10日 (月) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/10858051

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢な孤独 浅野裕子著:

« 紀州釣りの練習? | トップページ | 車 »