« 今日は一人 | トップページ | 今日は忙しかった »

2006年8月27日 (日)

花の魅力を撮る 井上清司著

2006.8月 読書

鉢植えを買ってきて、室内や背景のきれいな屋外で花のクローズアップ写真を撮る。廿樂さんの本と同様に、背景紙や銀レフ、三脚の使用が必須の撮り方。 

写真とは、心の眼を開いて写すもの。被写体と対決した各人の、心の映像表現である

花に憧憬、恋をする。花を愛しみ花の哀れを感じる。花の撮影は、貴方の感性が作品に表現されていないとダメ

花の撮影でもっとも大切なのは被写界震度の応用である

花の表現の基本的な撮り方は、前景のボケ、中心のシャープさ、背景のボケ。立体感はボケ味の変化で表現

逆光の活用が効果的

等々、ポイントを明快に述べている

------------------------

昼ごろ、本屋まで散歩に行ったが、陽射しが強く頭が焼けそうだった。 僅か10分程度の距離だが、汗でびっしょりになった。 

でも収穫あり、途中の田んぼにはもう稲穂がいっぱい出ていました。我が家の前の田んぼはまだ見ていなかったので、穂を捜してみると、ほんの僅かですがありました。 種類が違うのかな?

暑い倉敷にも、やっぱり秋はそこまで来ていますよ。

Img_1113

|

« 今日は一人 | トップページ | 今日は忙しかった »

コメント

こんにちは。
ずいぶん違いますね。稲穂の様子。
こちらでは、既に頭をもたげて実りの秋の気配を感じさせています。
秋が早く来る順に田植えをするのだと聞きましたが、岡山と滋賀ではそれだけ差があるのですね。

私は何も病気していないのに、最近なんだかバテ気味です。まだまだ暑い日が残りますがご自愛ください。

投稿: かつ | 2006年8月27日 (日) 18時56分

倉敷なのですね。
何度か行きましたが、いつ行っても
ステキなところですよね。

次女は、火曜日に岡山へ戻りますが
暑さは、まだまだのようですね。
一緒について行きたい・・・(笑)

投稿: kumiko | 2006年8月27日 (日) 20時37分

稲穂が見れるのはこれからなんですね~

のぶさんのこと驚きました。
知らせて下さってありがとうございます。

投稿: m子 | 2006年8月28日 (月) 00時03分

かつさん こんばんは

岡山では県北から順番に、田植えと稲刈りがあります。倉敷は一番最後ですよ。

台風も来ないし、災害の少ないところですから、ゆっくりでもいいのかもしれません。

健康な人でも、今年の暑さは堪えます。早く秋が来て欲しい。

もう少しです。お互い頑張りましょう

投稿: 夕凪 | 2006年8月28日 (月) 21時48分

kumikoさん こんばんは

一緒についてらっしゃい(笑) 倉敷もいいところですよ。 

娘が石垣島に行く計画を立てています。羨ましい~っ

投稿: 夕凪 | 2006年8月28日 (月) 21時50分

m子さん こんばんは

のぶさん、お辛いでしょう。ほんと悲しいですね。

投稿: 夕凪 | 2006年8月28日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/11630184

この記事へのトラックバック一覧です: 花の魅力を撮る 井上清司著:

« 今日は一人 | トップページ | 今日は忙しかった »