« 出口のない海 佐々部清監督 | トップページ | グエムル 漢江の怪物 ポン・ジュノ監督 »

2006年9月19日 (火)

誰のための会社にするか ロナルド・ドーア著

私の評価 × 2006年9月読書

バブルの崩壊以降、グローバル・スタンダードの名の下に株主利益が叫ばれ、『会社は株主の物』と意見が多くなった。 
著者は、この傾向に非を唱える。 会社が誰のものかは、国によって異なるべきであり、その国の社会にとって番良い形態があるはずだとの信念のもと、いろいろな観点から掘り下げている。

私にとっても共感を感じる部分が多い。しかし、非常に読みにくい本だったので、×とした。

著者は会社を共有するステークホルダーという言葉を使っている。確かに、株主も従業員も関係者にとって会社は重要であり、唯一人のためだけのものではない。
でも、終身雇用で地域社会に溶け込み、社員は会社のためと必死で働き、いずれは社長をと頑張っている日本の社会では、私は会社はまず第一に従業員のためにあると思う。

単なる株主の金儲けのためにだけ会社があるとすると、得られた利益は株主優先に配分される。従業員の給与や福祉は削られ、不況になると平気でレイオフするような利益優先の会社になる。
今問題になっている格差社会は、まさにこの現象が発現しはじめている結果だと思う。 利益優先で労務費を下げるために、社員を減らして派遣社員に切り替えている。

景気が持ち直してきた現在こそ、この問題・格差社会を真剣に国会で議論して欲しいものである。日本国民全員が『幸せ』を感じる国にすることが政府の役割と思うが、いかがでしょうか?

---------------------------

どうも風邪をひいたみたいだ。 早めに退社して病院に寄ろうと思っていたが、緊急の仕事が入り8時まで手が空かなかった。

萩の花 in 大山

Hagi_img_1272

|

« 出口のない海 佐々部清監督 | トップページ | グエムル 漢江の怪物 ポン・ジュノ監督 »

コメント

今時期は風邪を引きやすい時です。
ゆっくり体を休めてくださいね!

投稿: m子 | 2006年9月20日 (水) 19時57分

風邪をひいたとのことですが・・・
大丈夫ですか?
夜は冷えるときがありますので
お布団しっかりかぶってくださいね。

投稿: aki | 2006年9月20日 (水) 20時28分

m子さん 有難うございます

昨夜は寝たと思ったら咳がでて、結局3時位まで眠れませんでした。
ちょっとした喉の違和感で咳が出てしまいます。
困ったものです。

今日病院へ行ってきたので、少しはよくなると思います。

投稿: 夕凪 | 2006年9月20日 (水) 20時48分

akiさん 有難うございます。

だるさは随分取れましたが、喉がダメですね。 こうやって書きながらも咳が出ています。

ほんとに朝が冷えるようになりました。寝るときは暑いのに、困ったものです。

今度の週末は遊びに行きたいものです(笑)

投稿: 夕凪 | 2006年9月20日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/11961846

この記事へのトラックバック一覧です: 誰のための会社にするか ロナルド・ドーア著:

« 出口のない海 佐々部清監督 | トップページ | グエムル 漢江の怪物 ポン・ジュノ監督 »