« 癒し | トップページ | 夢見の家 倉阪鬼一郎著 »

2006年11月 5日 (日)

京都

京都と三重の実家に行って、先程戻ってきました。ふうっ、疲れましたね。

京都の紅葉はまだまだでした。街路樹の銀杏も青々としており、こちらよりも少し遅い感じです。
でも、観光客はいっぱいでした。流石に世界のImg_1784_bunkahakubutukan 観光地です。

京都文化博物館、詩仙堂、圓光寺、曼殊院を歩いてきました。

博物館は旧日本銀行の建物を改造した、なかなかの建物でした。目当てはパッチワーク展、妻のお付き合いでしたが、なかなかの力作ぞろいで素晴らしかったですよ。よく布地であんなステキなデザインが出来るものだと思います。

詩仙堂へは地下鉄の松ヶ崎駅から北山通りを歩いて行きました。結局帰りもこの駅まで歩いてきたので、足は棒のようになりました(笑)
でも、詩仙堂と圓光寺はいいお寺でしたね。いずれも庭が素晴らしく紅葉の時に来たら最高です。畳に座って庭を眺めていると心が落ち着きます。

曼殊院は商売っ気が強すぎました。

圓光寺の庭です。

Img_1806_enkouji

|

« 癒し | トップページ | 夢見の家 倉阪鬼一郎著 »

コメント

こんばんは
お疲れ様でした。
京都にいらしたのですか。
今日は私も京都の街を歩いていましたよ。ほんの2~3km程度の距離にいたことになりますね。
私は京都生まれの京都育ちですが、詩仙堂も圓光寺も行ったことがありません。また機会を作って行ってみたいです。
今日も妻と話していたところですが、昔京都にいたときは特にイベントとか催しがなくても美術館とか博物館に足が向いたけれどすっかりそういう文化的な事柄から離れてしまいました。かつてはそれが自然だったのですから不思議です。

投稿: かつ | 2006年11月 6日 (月) 01時38分

お庭の緑が癒しの空間ですね。
額の中に入った絵のように見えます。
座っていらっしゃる女性は、奥様?

もう少し色づいたら行ってみたいです。
昨日は、風邪で一日布団の中でした。
今日も、しんどい~(笑)

投稿: pocky | 2006年11月 6日 (月) 10時31分

かつさん こんばんは

わずか2,3kmですか、お会いしたかったですね。 
住んでいると、なかなか観光地には行かないものです。 倉敷も美観地区という観光地がありますが、友達が来た時に案内す程度で自らは行きませんね。

子育て&忙しさと電車を乗り継いでいく手間が遠ざかった原因ではないでしょうか? 誰もが一緒だと思います。

子育てが終わった今、昔のように見て廻る事を楽しみたいと思っています

投稿: かつさんへ | 2006年11月 6日 (月) 20時41分

pockyさん こんばんは

縁側に座っていると、お寺の人が「部屋の奥の畳に座って見てください。柱を額に見立てて、絵のように見る、庭はそのように設計されています」と教えてくれました。
まさに、Pockyさんが言われる通りです。

この中の楓が色付いたら、本当に綺麗だと思います。

写真の女性は見知らぬ人ですよ(笑)。妻は横で畳から庭を見ています

風邪早く治してくださいね。

投稿: pockyさんへ | 2006年11月 6日 (月) 20時47分

先日この記事を読んでコメント残そうと思ったのですが・・
遅くなってしまいました。

京都は奥さんのご実家でしょうか?
パッチワークもされるのですか?

写真を拝見していたら・・
また京都に行きたくなってしまいました。

私はまだ子育てが完全に終わったわけではありませんが、
次男の行き先が決まったら(決まるかな~不安)
いよいよこれから私の旅行が始まるかな!って楽しみにしています。

投稿: m子 | 2006年11月10日 (金) 05時22分

m子さん こんばんは

パッチワークは妻の大事な趣味の一つですね。

京都には三重への帰省の途中で寄りました。庭園に身を置くと、本当に落ち着きますね。そんな場所がいっぱいある京都はやっぱりいいところです。

子離れしたら、どんどん旅行してくださいね。倉敷もいいところですよ。

投稿: m子さんへ | 2006年11月10日 (金) 17時56分

そうですね~
倉敷なんて情緒たっぷりのところです。
いつか必ずお邪魔しますから!
その時は案内してくださいますか?(笑)

投稿: m子 | 2006年11月10日 (金) 18時57分

どうぞいらしてください。ばっちり案内しますよ。私でよければ(笑)

投稿: m子さんへ | 2006年11月11日 (土) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/12569454

この記事へのトラックバック一覧です: 京都:

« 癒し | トップページ | 夢見の家 倉阪鬼一郎著 »