« メバル竿購入 | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト »

2006年11月28日 (火)

時をかける少女 筒井康隆著

私の評価 ○ 2006年11月読書

何度も映画化やドラマ化された小説です。私自身も、映画もNHKのドラマも観ています。でも、原作をまだ読んでなかったので手にとってみました。

時をかける少女、悪夢の真相、果てしなき多元宇宙の短編3本が納められています。いずれも著者の初期の作品とのことです。

理科室を掃除していた和子は、不審な人物を発見するが、その際不思議な臭いを嗅いで倒れる。それから、和子に異変が起きる。時間が戻る・・・・

このような時間遡行の話は面白いですね。根底に自分も体験してみたいと思う心があるからかもしれません。宮部みゆきにはまった最初の小説も時間遡行の『蒲生邸・・』。時間遡行、考えただけでもわくわくしますね。

最近では、『時の旅人クレア』。 現代のイングランドと、独立を維持しようとイングランドと戦争していた過去のスコットランドとの間の時代を超えた恋。 時間遡行を入れるだけで壮大なドラマになり、血を湧きたてます。

--------------

今日は東京に来ています。 朝新聞が読めなかったので、飛行機の中で読んできましたが、腹立たしい記事が出ていました。

雇用保険に余剰金がでたので、少子化対策に12億円を使うとのこと。 小泉さんは反対したが、政府とは関係のない『官僚』が自由に出来る『特別会計』だから、無視して実施するらしい。

この特別会計は全部で31あり、その予算合計はなんと250兆円。政府の一般会計の2.8倍。 官僚の自由に出来るお金が、政府予算の2.8倍ですよ! 2.8倍!

これはおかしいと思いませんか?

小泉政権の時、道路特別会計を一般会計に組み込むことで道路族と揉めましたが、ほんの氷山の一角ですね。 こんなにも大きなお金が特別会計で使われているとは知りませんでした。

安部さん! 何とかしてくれ!

いつもは夏の暑さで終わるペチュニアが元気に咲いています。 妻が夏に切り込んだのが良かったようです。 この時期まで咲いてくれるとうれしいですね。

Img_1699_petunia Img_1701_petunia_pink

|

« メバル竿購入 | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト »

コメント

実は双子の通う国立大学付属も小泉さんのせいで、廃校となりそうです・・・・
日本には資源がないので、人間を育てる事が資源だと思います。
予算を削るって・・・・?
ほかでそんなに無駄をするなら
もっともっと考えて、お金使ってほしいですよね・・・・・

投稿: bosario | 2006年11月29日 (水) 18時15分

こんばんんわ^^
ご心配、ありがとうございました。
ちょっとサボってました(笑)

『蒲生邸・・は、壮大な時間遡行でしたね。
うん・・わくわくするけど、ここへ必ず戻れるっていう
確かな保証があったら、経験してもいいかな。

ペチュニア、沖縄では、これからですよ~。
こないだ、植えつけました。

投稿: kumiko | 2006年11月29日 (水) 22時38分

basarioさん こんばんは

廃校になるのですか? それは大変です。出来れば転校はさせたくないですよね。
何とか在籍者が卒業するまで待てないのでしょうか?

ほんと、人が資源ですよね。何とかして欲しいものです。

お友達ブログリンクに載せてよろしいでしょうか?

投稿: basarioさんへ | 2006年11月29日 (水) 22時46分

kumikoさん こんばんは

良かった、単にサボっていただけだったのですね。 中断は珍しいので、心配しましたよ。

確かに保証がないと困るかも、先日読んだのは過去に飛んで、義経と弁慶と静御前になってしまいました。当然ながら戻って来れませんでしたね。 題名は??? あかん、出てこない(笑)

札幌は雪だし、日本はほんとうに南北に長い。沖縄は夏は暑すぎるので、これからが花のシーズンなのでしょうか?

お友達ブログリンクに載せてよろしいでしょうか?

投稿: kumikoさんへ | 2006年11月29日 (水) 22時52分

小泉政権も安倍政権も・・
いいように国民が騙されているようにしか思えないこの頃です。
連日の政務調査費の報道を見ていても腹の立つ事ばかりですし・・
年金の不透明なところは全然改善されないままどんどん税金は上げられるばかりだし・・
このたびの郵政解散で自民党から追われた議員の復党問題も・・
あれ・・一体何やってるの?っていう感じですもんね。

そもそも郵政民営化に反対した議員を自民党から追放なんていうところからおかしな話なんですよ。

安倍さんはもっとちゃんと話せる人かと思っていましたが・・
今では口のなかでごもごもなにを喋っているのかさっぱりわかりませんね。
もしかしたら表から退いた小泉さんの単なるスポークスマンになっているだけなのかな~なんて思ったりもします。
だって・・
小泉さんの路線をそのまま引き継ぎ、
ご自分の「教育改革」とかが達成できればあとはどうでもいいみたいな感じですもんね。

あ~~
またついつい愚痴が出てしまいました~(笑)

投稿: m子 | 2006年11月30日 (木) 01時30分

m子さん こんばんは

期待が大きかっただけに、失望も大きいって感じですね。

もう少し頑張って欲しいものです、安部さんには。

投稿: m子さんへ | 2006年11月30日 (木) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/12861460

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女 筒井康隆著:

« メバル竿購入 | トップページ | パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト »