« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

失われた町 三崎亜記著

私の評価 ◎ 2006年12月読書

貴方の住んでいる町の人全員が突然消えうせる・・・そんなことが想像できますか? もし起きたら貴方はどう対処しますか?
そう、この本は街の人々がそっくり消え、それに立ち向かう人々の物語です。

SFや未知の現象物が大好きな私は、数ページ読んだだけで鳥肌が立ち、凄いドラマを予感。その予感を裏切ることなく、一気に読んでしまった。

意思を持った町は30年ごとに、一つの町を消滅させる。今その町の消滅に立ち向かっている『由佳』と『ひびき』たち、彼らは30年前に消滅した町『月ヶ瀬』に関連する者たちだ。

月ヶ瀬で愛する友を失った由佳の物語、別体の妻を失った英明、月ヶ瀬の30年前の町消滅で生き残った白瀬、そして消滅した町の後始末をする茜達。 
なぜ自分が・・・と皆辛い思いをする。しかし、これらの人々が出会うことで救われ、新しい息吹を呼ぶ。

人の優しさと強さを温かく描いたいい作品だ。

---------------------------------

今年はこれで70冊を読んだことになります。平均すると週1冊以上読んだことになりますね。こうやって感想を残していると、後で読み返して『ああ、そうだった・・』と楽しいものです。

とはいえ、折角書くのだから『読んでみたい』と感じてもらえるようには書きたいと思います。まだまだですが。

今年一年 ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。

お正月はお休みします。

皆さん、いいお年をお迎えください!

Img_1960_biora1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

虹色天気雨 大島真寿美著

私の評価 ○ 2006年12月読書

エッセイストだったろうか、雑誌記者だったろうか思い出せないが主人公の市子と幼馴染の奈津とまりを中心とした都会に住む30代後半の女性達の日常を軽快なタッチで描いた作品。

物語は早朝に子供を預かって欲しいと奈津から市子に電話が入ることから始る。理由は夫の突然の失踪。失踪の理由が分からず、必死で夫を探し始める奈津。

別れた男に未練を持ちつつ新しい出発が出来ない市子。そんな彼女が奈津の娘美月を預かるが、幼馴染の娘と言うことで子供の頃から熟知の仲で自分の娘のよう。でも、友人の子であり自分の娘のようには行かない。物怖じしない10歳の美月との掛け合いがなんとも朗らかで楽しい。

夫はなかなか見つからない。悩み思い込んでの自殺か、浮気による夜逃げか・・・等浮かんでは消える失踪理由。でも、その過程で思わぬ人が登場し、市子やまりの心の傷も呻きだす・・・

3人の女性を取り巻く世界が鮮やかに描かれており、女性が活発になった現代社会が浮かび上がってくる。我々男性で、幼馴染という関係がここまで長く、深く続くだろうか? 

なぜなんだろうか・・・と考えさせられた作品だった。

----------------------------------------------

今朝は体温も36.0度で気持ちよく目が覚めました。今は7度近くあり胃も重たいですが、昨日よりは随分調子がいい。
明日には全快かなと思います。

皆さんはお正月はどう過ごされるのでしょうか? 我が家は妻と私の実家へ行きます。海外旅行でもと行きたいものですが、これも親孝行の一つですね。

先日送られてきた300GBのHDDを古い40GBと交換しました。ついでにDVDーRに移動していた写真ファイルを全部HDDに戻した。
これからは、300GB一台をデータ領域に、他の300GBをバックアップ専用に使えます。DVDのバックアップでは不安ですから、これで一安心。

ドコモの携帯、結局違うドコモショップでやってもらいました。担当の女性が気持ちよくやってくれましたよ。ほんの10分程度で。先日の2時間はなんだったのでしょうか。
ドコモやauというよりも、店の教育や店員個人の資質の問題かもしれません。
とりあえず使えるようになってよかった。

Img_1949_biora2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

ノロウィルスか?

昨日は朝から年末の掃除。調子よくやっていたら、11時頃から体調がちょっと変。昼食を食べたことろから激変、だるさと水のような下痢が始りました。

夕方まで布団で休み、医者へ。薬を服用して寝ていたが、発熱(38度)と嘔吐が始った。
追加の薬をもらいに行って、今は嘔吐下痢は落ちついいています。

でも、微熱があり体がだるい状態です。

折角の休みに入ったのに、最初っからこれではね。

みなさんも気をつけてくださいね。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

対応の悪いドコモ

出張から戻ってきました。少し早いけど、明日から正月にします(^-^)

電池の持ちが悪くなってきたので、昨日携帯電話を交換しました。MOVAからFOMAへの切り替えです。GSMと3G対応にしたので、ほぼ全世界で使えるタイプです。
これまで、海外では中国で買った携帯を使用してましたが、これからはこれ一本に出来ます。

今日、どこもショップに行き、データの移動をお願いしたら、設置されている機械を使って自分でやれとのこと。買ったときは『ショップに行けばやってくれますよ(^-^)』と言っていたのに、『自分でやれ』と。

一度目は機械がFOMAを認識せず失敗。2度目に認識し、データ移動を開始。30分経っても終わらず、係員にどれ位かかるのかを聞くと、『人によって違いますが、1時間から2時間掛かる人もいますよ』だって。
最初から言えよなって文句を言いました。

1時間経っても終わらず、2時間が過ぎたところで持っていった本も読み終わった。でも終わらず。頭に来てやめて帰ってきました。結局データは何も移動しておらず、2時間も無駄に待っていたようです。

次はドコモにしないぞ!

さっぱり、サービスというものを分かっていない。顧客がAUに流れるのも頷けました。

釣り場から見た瀬戸大橋

Igm_1980_2_turibajpg

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

今年の一文字

今年最後の出張で東京にいます。
岡山は曇りでしたが、羽田に着いたら凄い雨。夜は忘年会でしたが、会場に着いた時にはびしょぬれ。ホテルでカバン(キャリー)を開けてみると、雨がしみて手帳も濡れている。
とんでもない雨です。

朝、テレビを見ていたら、今年の一文字というのをやってました。
長澤まさみ 「澤」 オーディションNo.4で幸せになった。この字はラッキー番号の4と
                   幸せが入っている。この幸せを皆に分けたい
宮崎あおい 「楽」 この一年はほんと楽しかった
蒼井優   「化」 いろんな役で化けた
色紙に書く字の大きさや勢いにも個性があって、面白いな・・と観てました。

皆さんの今年の一文字は何でしょうか?

私は「癌」かな
このために、今年は色んなことがありました。来年は私だけでなく、家族皆が幸せを感じる年にしたいものです。
これじゃあんまりなので、もう一文字『撮』かな。写真で皆さんとの交流も出来るようになったし、楽しみをくれました(^-^)

そんなしかめっ面しないでよー!

Img_1953_biora_kao

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

夕日を追いかけて(^-^)

9時前に帰宅すると、妻が風邪でダウンしてました。夕食は作ってくれてましたが、喉痛と熱があるようです。
風邪薬と玉子酒を飲んで寝ました、早く治るといいのですが・・

昨日の夕方はよく晴れて綺麗な夕日が出そうだった。瀬戸内海に沈む夕日を撮ろうと思い、急いで下津井に向かいましたが、着いた時には雲の中に沈んでました(笑)
行った場所は撮影ポイントなんでしょうね、数名の人が三脚をセットしてました。でももう仕舞い始めてたけどね(笑)

夕日はないけど、写真は瀬戸内海の雰囲気が出ていると思います(クリックして大きくするといいですよ)。最初に夜釣りにはまったのが、この雰囲気です。磯場で凪いで夕日に染まる海を見ると、釣りを忘れるぐらい綺麗ですよ。
Img_2000yuhi

話は変わりますが、皆さんは『自分なりの贅沢法』を持っていますか?

我が家では「ちょっと贅沢に**を食べに行こう」とかなりますが、日経日曜版の記事に『自分なりの贅沢法』を持っている人が48%とありました。 その少なさにビックリです。

でも、男女差では女性の方が『持っている』と答えた比率が大きいそうです。
ブログを見ていてもランチなどのちょっとした贅沢を楽しんでいる女性は多いですね。日常のちょっとした違いに贅沢感や幸福感を見出すのが女性は上手なんだろうなと思う。

一方、男性陣は『金がない』とか『忙しくて難しい』とかの否定的な回答が多いそうだ。『贅沢』の定義が女性とは随分違うのでしょう。そうなると、出来ないことが多くなり、不満が増えますね。逆に女性はエンジョイできる。

先日のつぶやき『人生を謳歌する女性』ではないですが、その理由の一端がここにあるように思えます。
男性も少し女性を見習わないとダメですね(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

瀬戸大橋のライトアップ

皆さんはもう年賀状を出し終えたのでしょうか? 我が家の今年の図案は私の写真が採用され、昨夜妻が完成してくれました(^-^)  それをベースに今、書き進めています。

一年に年賀状だけのお付き合いになった人も沢山しますが、一人ひとり書いていくと、その人達との思い出が浮かび上がってきます。

今日の昼食は焼き芋。オーブンで焼いてくれましたが、美味しかったですよ。
昨年まで単身赴任していた大鳥居(東京)のスーパーで紅芋の焼き芋が売られていたのを思い出しました。大変美味しくて安かったので、帰宅時に何度か買ったものです。

今朝、サンデーモーニングを見ていると、今年亡くなった著名人を一人一人紹介していました。こうやって纏めて見ると、実に沢山の人が亡くなっていますね。人の常とはいえ、寂しいものです。
平均寿命は80歳前後ですが、この人たちの年齢を見ていると60代 ~70代前半が多く、平均はもっと若いように感じました。

昨夜は瀬戸大橋の夜景を撮ってきました。土曜日だけライトアップをしています。
手前の下津井港が私の夜釣りポイントです。 
いつもこんな綺麗な景色の中で静かに釣っていますよ(^-^)

三脚を用いましたが、レリーズが必要ですね。シャッターが10秒前後開放しているので、草地で三脚を据えると、足を動かしたらブレが発生します。 難しいものですね、写真は。
また、再挑戦してみます

Img_1994_setoohasi

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

007カジノ・ロワイアル マーティン・キャンベル監督

私の評価 ○ 2006年12月 映画館 公式HP
出演 ダニエル・グレイグ、エバ・グリーン、カテリーナ・ムリーノ他

久しぶりに見た007、テーマ音楽もアクションもスリルも昔と変わらず心から楽しめた。ちょっと違うところはこれまでの映画では『女垂らし』のボンドが、美しく聡明な女性ヴェスパー(エバ)を真剣に愛することだろうか。徐々にヴィスパーに惹かれていくボンドの人間臭さがこの映画を一段と深いものにしていると思う。

映画は、とっ初めから強烈なスピード感とアクションの追跡劇で、追い詰めた後は「あっ」と声を出しそうな結末で度肝を抜かれた。ボンド(ダニエル)も凄いが、逃げる男のアクションが凄い。これで完全に007の世界に入り込んでいく。
舞台は、世界の中に展開していく。単にアクションだけでなく、世界旅行をしているような錯覚に陥るような美しい映像もいい。

ボンドの役目はテロ組織に流れる資金を止めることと、その組織を壊滅すること。その金を止める手段がカジノ・ロワイアルでのポーカー。スリリングなこの知能戦がこの映画の主要部分であり、タイトルにもなっている。ポーカーの醍醐味を存分に味わえる。

映画の終盤は予想外の展開になっていく。いつもながらのどんでん返しの繰り返し・・
いい映画だった。 

ダニエルの目や表情を見ていると、スティーブ・マックィーンを思い出した。あまり色男でないところがいい。そして目がいいですね。また観たくなる俳優です。エバも綺麗、特にあまり化粧をしていない時が(^-^)

-----------------------------

昨日映画に行ったためか、今日は日曜日のように感じています。
陽射しの温かい穏やかな一日です。

今日はHDの整理をしました。SonicStageで音楽を保存してますが、15.5GBのパーテーションが一杯になりどうしようもなくなったので。
写真でも何でもそうですが、HDDはあっという間に一杯になってしまいます。

ネットショップに320GBのHDDを一台注文しました。
現在は50、40、300GBの3台を使っているので、ほぼ倍増になります。
本当は一番古く速度の遅いプライマリの50GBを更新したいのですが、ソフトの入れなおしが面倒なので出来ないですね。

昨日映画に行く前に撮ったチボリ公園です。クリスマスツリーも昼間とは随分違いますね(18日の写真)

Img_1978tivori_yakei

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

映画に行ってきま~す

昨日は忘年会。 忘れて綺麗さっぱりに出直したいけども、今年は忘れられない年になった。
なんといっても病気が最悪。でも、いいことも沢山あった。
人生苦あれば楽あり。来年は、いい年にするぞう!!

Drコトーが最終回でした。単純なドラマと思っても、毎週見て涙する。唯一楽しみに見ていたドラマだったので、残念です。 韓国ドラマみたいに、50回連載とか出来ないものでしょうかね。

今日は研修所で会議。ラッキーにも4時に終わったので、明るい内に帰宅。いいものですね。 同僚と、毎日こんな時間に仕事が終わる世の中にならないかな・・・などと馬鹿なことを話していました。
イギリスでも台湾でも、私が関わった会社は5時には皆仕事を止めてました。わざわざ日本から来ている我々が7時までやろうと言っても、また明日にしましょうですよ。徹底しています。
日本も我々の孫の世代が働く頃には変わって欲しいものですね。

ご飯を早く食べて映画に行こうということで、21時からの指定席を予約しました。観るのは勿論『007カジノ・ロワイヤル』(^-^)
m子さんはじめ多くの方がいいと言っているので、楽しみです。

行ってきま~す(^-^) 

Img_1959yukidaruma

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

一つ回復

先程、東京出張から戻ってきました。久しぶりにJALに乗りましたが、手荷物検査場等ターミナル1は空いていました。ANAの方が利用者が多いようです。
東京はまだまだ銀杏の黄葉が残ってました。倉敷よりも温かいんですね。

これまで飛行機や新幹線などの乗り物で、居眠りをしようとすると胸が痙攣して咳が出て困ってたが、今回の出張では全くでなかった。また一つ体調が戻ってきたのかもしれません。
眠たいのに、咳で眠れない。これは想像するよりも辛いですよ。だから本当に嬉しい回復です。

今日の新聞に乗用車後部座席でのシートベルト着用有無での頭部損傷確率が出てました。無着用で強度の損傷を受ける確率が95%、着用で5%。凄い差です。
私もそうですが、ほとんどの人が助手席に乗るときはベルトを締めますが、後席では締めませんよね。 これからは締めよう!締めさせようと思います。

街を歩いていて、懐かしい『こよみ』を見つけました。 我が家でもカレンダーで、日めくりは使ってません。 子供の頃はどの家でも日めくりがほとんどでした。
歌手・女優(?)さんは最近の人でしょうが、デザインが全く変わってないのが、面白いですね(^-^)

Img_1964_koyomi

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

標なき道 堂場瞬一著

私の評価 ○ 2006年12月読書

オリンピック選考レースを前に、ドーピングの誘いを受けたマラソン選手を中心とした3人の男達のレースに懸ける物語。読後感もすっきりの楽しめる作品だ。

マラソンランナー青山は既に30歳。万年2位、3位にはなるが、決して優勝できない。周囲からは『勝とうという欲がない』とか、家族や恩師からは後輩の指導を依頼されるが、まだまだやれると思っている。
そんな青山に、ドーピング薬を販売を目指す園田が「絶対に検出されない薬だ。これを飲めば勝てる」と青山に近づく。そんな卑劣な手段は使えないと拒否するが、心に迷いが生じて記録が伸びなくなる。

一方、日本記録を持つが、棄権が多く前回のオリンピック選考レースでも失敗した同級生須田も今回のレースに懸ける。その手段は金に糸目を付けずに。
更にもう一人の同級生武藤には園田の影がちらつく。前回の選考レースで優勝したが協会批判を繰り返したためにオリンピックに出場できなかったが今回再起を懸ける。

これら3人と新聞記者の美奈が絡み、選考レースへともつれ込んでいく。

立場、才能、財力と戦略の違いからそれぞれの苦悩がにじみ出た人間臭いドラマになっている。

-------------------------------

寒波が来る・・と思っていましたが、それほどでもなかったです。 昼休みの散歩は温かく太陽が暖めてくれました。

チボリ公園の巨大なクリスマスツリー

Img_1963_tivori

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

いい喫茶店を見つけた

今日は7時に目を覚まし、また寝たみたいです。気が付くと9時半。ほんとに良く寝ました(笑)

午前中は穏やかないい天気でしたが、午後から西風が強くなりしぐれ様の雨が降ってきました。今はかなり冷え込んでます。 明日から寒波なのでしょうか?

いいジャズ喫茶を見つけました。マスターが組みImg_1967_kissa_naka_1 立てた真空管アンプで、LPをかけており、快適な空間を提供してました。美味しいコーヒーとジャズ、そして読書。最高ですよね。お店『ごじとば』は真備町ですから少し離れていますが、時々は行こうかな思います。
20年以上前になりますが、よく通った店『ロストシティ』を思い出しました。毎週のように行きましたね。マスターがジャズとC&Wが好きで無数のレコードがあり、よくリクエストしたものです。

昔はこんな喫茶店が多くありましたが、最近はほとんど姿を消してきました。代わりに増えてきたのがカフェ。快適な音楽を聴きながら、本を読むような空間とは全く違う空間です。
そもそも『喫茶店』などというと、娘には『古っ!』と笑われます。 若い世代には死語かもしれません。

Img_1966kissa_soto

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

夜釣り

目が覚めると、カーテンの隙間から漏れこんだ日の光が温かく、気持ちのいい朝でした。 ずっと天気が悪かったので、久しぶりです。

午前中は網戸の掃除と窓拭き。午後からは蛍光灯の買い出し。 我が家ももう完全に年末モードです。

小与島にメバル釣りに行こうと思い、仕掛けを作り始めたのが14時半頃。16時もしくは17時の渡船でと考えていたが、結局間に合わず。今日も下津井の波止での釣りとなりました。

釣果は20cm前後のカサゴが9匹。晩御飯のおかずに丁度いい量でした(笑)
18時半から釣り開始。場所は前回、満潮からの引き初めた潮でつれた波止。今日の満潮は20時頃。全く当りなし。潮通しの良い違う場所に移動して、20時頃までの間に良く釣れた。 引きに入ってからは、ほとんど潮が動かず、魚の活性が落ち、ほとんど釣れず。21時半に納竿。

読書用の眼鏡を掛けていても、仕掛け作りは疲れます。昔よりも時間もかかるし、根気が続きませんね。

目で最も困るのは釣り場での仕掛けの交換や餌付け。釣りは遠くを見る必要があるので、読書用の眼鏡は不適。どうしても遠近両用になります。
でもこれでは針先が見えないんですよね。だから、餌を付けるのが一苦労。
頭に付けたライトで手元を照らさないといけないし、眼鏡の下側から見ないとダメなので、頭は上げる形になる。そうすると、ライトの角度が合わず、手元が照らされない・・・ ふぅっ

パンジーもクリスマスモードです(^-^)

Img_1955_santa

前回のコメントへの返事は明日にします。 ごめんなさい、眠たい・・・(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

人生を謳歌する女性達?

日経ビジネスに面白い数字が出てました。 

京都を訪れる観光客の男女比率 男 34% 女 66%
    〃         年齢比率 40歳未満 38%
                      40歳代   16%
                      50歳以上 46%

子育てを終えた沢山の女性達が京都旅行を楽しんでいるという結果ですね。

世の中の男どもは何をしているんだ! と言いたい。 きっと、仕事に追われているか、遊び方を知らないんだろうな。可愛そうな男達。

確かに女性達の方が、人生を謳歌していると感じますね。昨日のランチにしても、50歳代の女性ばかり。自分の時間を有効に使っている。

同じ記事に、『無料の教養講座には多くの男性が集まるが、1000円の有料にするとほとんど参加者はいない』とのこと。生活防衛意識が男性の方が強く、お金の使い方が『消費』ではなく、『投資』に向かっているらしい。

ウームと、納得する記事でした(笑)

-----------------------------------------

今日は一日中雨、流星群を見ようと思っていたのに、残念です。明日もまだ見えるのでしょうか?

今日もお客様、今週三回目の会食です。 もう胃が『止めてくれー!』って言ってます。明日はお粥を食べよう。

写真は昨日のランチ店に飾ってあったかなり古い人形

Jyuhachi_ningyou

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

雪のひとひら ポール・ギャリコ著

私の評価 ○ 2006年12月読書

11月にm子さんのブログで紹介された本です。やっと借りられたので、今日病院での待ち時間に読みました。

「人はなぜ生きるのか」、その意味を一人の女性の一生を通じて描いています。もっとも本は女性ではなく、『ひとひらの雪』を主人公にして擬人法で描いていますが・・

読み始めて、『なんだこれは! 絵本か?』と思いましたが、読みす進むほどに擬人化することで人の人生を単純化すなわちエッセンスだけを取り出して描いていることに気付きました。凄い感性を持った著者です。

生物はなぜ生きるのか? なぜいるのか? こんなことを考えるの人間だけかもしれません。 そして、『自分は何のために生まれてきたのか?』『なぜ生き続けるのか?』 誰しも幾度となく自問する大きな課題です。私自身も学生時代には悩んだものです。
そして50代、子育ても終わり、定年も近くなってくると『自分の人生は何だったのだろうか?』『これからの生きる意味は』という疑問が膨らました。 でも今は自分なりの回答は出たと思っています。

ある意味では宗教もこれが原点かもしれませんし、この著者もキリスト教をベースにこの本を書いています。
このような疑問をお持ちの方は一読されるといいかもしれません。

さてm子さんの最後の言葉。私は掛けて挙げられませんが、私なら『ありがとう』と優しく掛けてあげたいし、言ってもらいたいですね。これだけで充分です。

-------------------------Jyuhachi_ryouri

今日は手術後8ヵ月目の検査でした。再発もなく問題なし。ほっとしましたね。診察を終えたのが12時、心配で付いてきてくれた妻を誘って、ランチに行ってきました。

相変わらず、お客は女性ばかりでしたが、農家を改造したいい雰囲気の店でした。一眼レフを持っていけばよかったと後悔しています

Jyuhachi_niwa

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

非正社員比率が29.5%

アフターファイブは、飲み会。 焼きそば、焼き鳥、カルパッチョ、野菜炒め、牡蠣フライ、なまこ、揚げ出し豆腐、サラダ、おでん・・・たくさんの種類を食べました。 もうお腹いっぱいです(笑)

店を出ると、あたりは霧。今は濃霧注意報が出ています。夕方から急激に冷えてきたんですね、書斎に来ると相当寒いです。 

さて、今日の新聞、『鳥取県の企業の非正社員比率が29.5%』と載っていました。 内訳はパートが10.9%(2年前より4%減)、派遣が10.3%(同8.7%増)、契約社員が2.7%・・。

実に1/3ですよ。ここまで酷くなっているとは思っていませんでした。
非正社員は給与が低いだけでなく身分も不安定です。この身分の若者が結婚して・・・となると、日本の社会が根底から壊れていくかもしれません。 

この格差は真剣に考えて欲しいものです。

Dscf0041

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

厚生年金

『年金の登録がきちんとされていない、13万人が再調査依頼』と先日の新聞にありました。社会保険庁のやっていることはでたらめだらけですね。

私も自分の厚生年金を調べてみました。50歳以上であればHPから保険庁に依頼できます。
結果は、『転勤したある期間に年金が納められていない』。13万人と同じように、ミスがありました。

調べてみると、会社は当然きちんと手続きしているのに、社会保険庁が「転勤に伴う廃止」を記録して、「転勤先での登録」を記録に載せていない。とんでもないですよね。きちんとお金は納めているのに。
早速会社を通じて、修正手続きをしてもらいました。

皆さんも一度調べた方がいいかもしれません。在職中の方が手続きも楽でしょうから。

今日は韓国のお客様と一日中会議でした。後半は淡々と議事が進んだので、眠さとの戦いでしたね(笑)

花の写真も撮れないので、昨夜は瀬戸大橋のライトアップを撮ろうと出かけました。でもこれも不発。昨日は散々でした。いつも土曜日の夜釣りの時はライトアップしているのに、日曜日はしていなかった。
でも、ケニーGのクリスマスを聞きながらの夜のドライブは良かったですよ(笑)

昨日は誕生日、皆様からのお祝い、嬉しかったです。 ありがとう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

インフルエンザの予防接種

昨日予防接種に行ってきました。
そのせいか、今日は喉が痛く身体がだるい。毎年のことですが、こうならない予防注射はないのでしょうかね。 一緒に受けた妻はいたって元気ですので、体質の問題かもしれませんが。

昨年は、家族みんながインフルエンザにやられましたが、予防接種をしていた私はうつされることなく元気でした。 今年は全員接種しようと言ってます。

もう年末ですね。 街は車がいっぱい、店は人でいっぱい。あわただしさを助長しています。
午後から、写真を撮ろうと、倉敷の美観地区に行ってきましたが、駐車場は満車、写真は断念してそのまま帰ってきました(笑)

先週は道路予算の一般財源化の攻防が行われました。結局、既得権益を崩すことは出来ず、従来どおりの玉虫色決着。指導力のない安部さんにはがっかりしました。
先日の復党問題といい、何も出来ない人が首相になったのではないかと心配です。 

道路に限らず、特定財源を一般財源化するのは、今後の日本にとって重要な課題です。党内対策で玉虫色の決着をしてもらっては困りますね。 小泉さんではないですが、解散総選挙に打って出てもいい大きな問題です。

古い写真ですが、神戸のルミナリエです

Ruminarie

あっ! 忘れてた。 今日は誕生日。また一つ歳をとりました(笑)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

まわりみち極楽論 人生の不安にこたえる 玄侑宗久著

私の評価 ◎ 2006年12月読書

帯に「中高年危機のために送る体と心が『楽』になる方法」とあり、手にとった作品。
僧侶であり、芥川作家でもある著者の本は初めてです。

「人間関係に悩んだら」、「ウソについて」、「自分自身と向き合う」、・・・等の19の断面で『人』と『極楽』について、僧侶作家の目から見た思いが述べられています。
心を楽にしたいと思っている人は一読されるといいかもしれません。

いくつか心に残ったものを挙げてみます。

『幸福』とはある種の欲望であり、『不幸』を感じさせる原因でもある。
我々は幸せになりたいと思って、毎日生活しています。でもこの幸せの目標がいつの間にか上方修正され、気付かない内に不満が積もっている。この言葉は核心を付いていると思います。
私が嬉しかった妻の言葉の一つに『私たち幸せね』と言ってくれたものがあります。10年以上も前のことですので妻は忘れているでしょうが、私にとって、この言葉は宝物です。
当然ながら、私もその時『幸せ』を感じたわけですが、でもその『幸せ』はその一瞬時であり、それ以降は、その時が新たな基準となり、次の幸せを目指している自分がいます。

人の身体の奥深くに『言葉への信仰』がある。
自分の吐いた言葉を身体が信じるということを言ってます。たとえばお風呂で『ああ、一日の疲れがすっかり抜けちゃったわ』と現在完了でいうと、身体の方も『あらっ、もしかしたらそうなのかな』って疲れが抜けた状態を作ろうとする。
「病は気から」と同じことを言っていると思いますが、著者は『・・なろう』や『・・しよう』ではなくて、『現在完了形』で言うことが大事といってます。
一昨日、ため息を連発したら、先輩から『そんなにため息ついたら運が逃げているぞ』といわれましたが、同じことですね。どうせなら、いい方の完了形で言葉を漏らそう!

過去は変えられる。
時間は流れ、歴史は作られる。自分の歴史は記憶として残るが、これは変えられる。その時の心=気分で何とでも変えられると述べています。
確かにそうですね。私なんかもこの病気を不幸に思っていては『幸せな気持ち』は訪れてきません。病気のお蔭で『見えてきたもの』もあるし、自分が変わるきっかけになるかもしれない。ようは気持ちの持ち方一つで、過去も未来も変えられるということですね。本当に大事なことです。

こうやって書くと当たり前のことばかりですが、僧侶である著者が温かく語っている本です。
------------------------------------

今日は一日雨でした。 だから買い物とステレオの配線をしました。
買い物は、食卓の椅子の修理の見積もりに行ってきました。ボーナスが出たのでいい機会なんですが、なんと、一脚65000円! 4脚やったら・・・とんでもない値段です。気に入っているものなので、修理して使いたいのですが、困ったものです。

昼食はバイキング形式のイタリアン。1500円で食べ放題です。パスタとピザとデザートを食べて、もうお腹いっぱい。
車に戻ってからの妻の一言、「あのお店、細い人いなかったわね」。 そう言えば、太目のお客ばかりだったような。 もう食べ放題は止めよう、ということになりましたよ(笑)

今週は、久しぶりに社内の研修を受けました。自分自身が多くの悩みを持っていたので、いい研修でした。 同じ立場の人たちと本音で語り合いましたが、全員が同じような悩みを持っていました。
研修で問題が解決するわけではありませんが、誰もが同じ悩みを持ち、それを克服しようと必死に戦っているという事実には助けられますね。 頑張らなくっちゃ!

恵比寿のガーデンプレイス

Pict0004_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ひざ掛け

二日間、メンテナンスでココログが止まってました。自分のブログだけでなく、訪問先も止まっているとコメントも書けず、寂しかったですね。 でも、これって一種の病気かもしれません(笑)

ここ数日はほんと寒かった。だから昨日からの出張はマフラーをしていきました。あと手袋をすれば完全に冬モードです。
昨日は霜がおり、車の窓もしっかりと凍っていました。
あまりの寒さに、ひざ掛けを使い始めました。朝、家を出るとき用です。暖房が効き始めるまでのひと時を暖めてくれます。

今朝はホテルで一人でしたが、寝起きに声を出したら綺麗な声が出ました。一瞬自分の耳を疑いました。直ぐにいつもの嗄声に戻ってしまいましたが、嬉しかったですね。少しずつでも声帯の動きが大きくなっているのが実感できた瞬間でした。

東京はどこもクリマスモードです。いたるところにクリスマスツリーが飾ってあります。イルミネーションはブルーが多いですね。今年の流行なのでしょうか?

Img_1934_viora_

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年12月 4日 (月)

レディ・イン・ザ・ウォーター M・ナイト・シャマラン監督

私の評価 × 2006年11月 機内ビデオ 公式HP

出演:ポール・ジアマッティ、ブライス・ダラス・ハワード他

この映画、映画館の予告編を観て、是非で観たいと思っていた映画でした。そしてシックスセンスの監督ということで大きな期待もしていました。機内ビデオのリストを見て、ラッキー!、離陸後喜んで観始めた・・・ところが、がっくり!!。全くダメでした。

ああ、なんという映画なんだ!

この監督の映画は「サイン」「ビレッジ」と期待して見に行きましたが、全てダメでした。シックスセンスは、まぐれだったのでしょうか?これは本当にいい映画だったのに、残念です。

物語はアパートの管理人の下に、ある日一人の女性が現れる。その女性はおとぎ話に出てくる「妖精」。 その妖精を助けようとして物語が始まる・・・・
なんというか、幼稚な感じさえありました。

原作は読んでませんが、もっとミステリアスな映画に出来たのではないかと思います。

------------------------

これでロンドン往復の機中で見た映画は終わりです。 やはり6本は凄い、というのが感想です。 感想備忘録を書くのにここまで掛かってしまいました(笑)

今日は寒かったですね。朝の気温は3℃でした。昼休みの散歩をしていても、海からの風がめちゃ冷たくて、途中で帰ってきました。 でも、帰りに見た満月は透き通ったように綺麗でした。

愛犬が死んで一年が経ちました。最近よく彼女のことを思い出します。そういうものなのでしょうか?
そしてやっと、妻が携帯電話を代えました。愛犬の声を呼び出し音にしており、新しい携帯には移せないということで、不便なまま使っていたものです。 一年は一つの区切りですね。 

いつもは亡き愛犬の声(妻の携帯のアラーム)で目を覚ましていましたが、今朝は新携帯の電子音。 あらためて寂しさを感じましたね。

スィート・アリッサムが満開です

Img_1931_sweet_arisum_

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

もう冬ですね

今日は岡山空港に迎えにいった以外は、一日だらだらと家にいました。休養日ですね。
家の中を何にも片付けずに迎えに行ったので、楽しんで帰ってきた妻には申し訳ないことをしました。なぜか、何にもする気が起こらなかった。

途中、チボリ公園の紅葉をと思っていましたが、もうすっかり枯れ葉・落ち葉モードですね。銀杏などもすっかり葉が落ちた木が増えてきたし、山々からも鮮やかな紅葉が消えて枯れ葉が目立ってきました。もう完全に冬。すっかり寒くなり、今日はセーターを引っ張り出してきました。

昼食後にテレビを点けたら坂本竜馬をやっていたので、2時間も見てしまいました(笑) 幕末物は何を見ても面白いですね。世界を変えよう!という気概に満ち溢れています。
少しは今の政治家も見習って欲しいものです。

我が家のハナミズキも先週は真っ赤だったのに、もう今日は葉が全て落ちてました。写真手前の花芽の付いた裸の枝がハナミズキです。  サザンカが咲き始めました。

Img_1936_hamamizuki_sazanka

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

帰宅

東京出張から戻ってきました。 火曜からなので、4泊5日。長い出張でした。さすがに疲れましたね。

昨日はイギリスと中東のお客様。 一昨日のタイとは異なり、この国の人は強引です。こちらも対応が大変、ほんと疲れますよ。かつさんじゃないけど、ほんと狩猟民族と農耕民族の違いを痛感します。
イスラム教なので、会議の途中に『お祈り』もありますし、会食は肉抜きのうどんすきでした(^-^)

今日から家族は東京へ、そう私と入れ替わりで東京です。
羽田で朝合流して、一緒にモーニングコーヒー。 その後は冬物を買うんだ!と勇んで行きました。 いいもの買えるかな?

東京は快晴でしたが、岡山空港を降りたら、寒かったですね。木枯らしがビュンビュンで時雨気味でした。 先日買った竿下ろしを考えていましたが、どうしようかな・・・ ちょっと風が強すぎるし・・
作り置きしてくれた夕食を食べながら、考えよう!

Img_1891kosumosu

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »