« 写真家の旅 宮嶋康彦著 | トップページ | 韓国一日目 »

2007年1月15日 (月)

純愛中毒 パク・ヨンフン監督

私の評価 ○ 2006年1月 テレビ録画 公式HP 

出演 : イ・ビョンホン、イ・ミヨン、イ・オル、パク・ソニョン

東野圭吾の『秘密』に似ている、と言ったらいいのだろうか・・・・
秘密は妻と娘、この映画は兄弟。でも結末が・・・

主人公のウンス(イ・ミヨン)とホジン(イ・オル)の夫婦はホジンの弟テジン(イ・ビョンホン)と一緒に暮らしている。
ある日、ホジンとテジンが同時に事故に合い意識不明の重態となる。一年後、テジンが目覚めるが『俺はホジンだ』と言い出し、その日から新たな苦悩がウンスに始る・・・

自分の愛する人が、人の身体を借りて甦ってくる、それもよく知っている人の。こんなことが現実に起きたらどうしますか? きっと、辛さが2倍にも3倍にもなることでしょう。私は耐えれないだろうな、きっと。『秘密』なんかは、主人公が同年代の夫だったので読むのさえ辛かったのだから(笑)

この映画、一杯突っ込みたい事がある。でも、書いてしまうと映画の面白さが激減する。だから、止めます。

-------------------

今日は韓国に来ています。仕事と会食を終えて先ほどホテルに戻ってきました。
最初の部屋はADSLがなかったので、変更してもらいました。 

ホテルといってもMOTELですが・・ かつさんが言われるように、田舎ではこれが普通なんでしょうか?

Img_2232asano_dvd

映画の保存はこれに(^-^)

|

« 写真家の旅 宮嶋康彦著 | トップページ | 韓国一日目 »

コメント

野圭吾の『秘密』・・ホント、切なかったですね。

韓国なんですね~いいな(お仕事でしょうけど)
食べ物がおいしくて、韓国、大好き。
寒いんじゃないですか~? お気をつけて^^

投稿: kumiko | 2007年1月15日 (月) 22時32分

kumikoさん こんばんは

先ほど東京まで戻ってきました。ふぅッ やっぱり疲れましたね。

行くなら遊びで行かないとネ

今回はご馳走攻めでバテバテです(笑)

投稿: kumikoさんへ | 2007年1月17日 (水) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/13508171

この記事へのトラックバック一覧です: 純愛中毒 パク・ヨンフン監督:

« 写真家の旅 宮嶋康彦著 | トップページ | 韓国一日目 »