« フーッ~ | トップページ | 2階建て東北新幹線 »

2007年2月 4日 (日)

星々の舟 村山由佳著

私の評価 ◎ 2006年2月読書 

父、兄、自分・暁、後妻の連れ子の妹・沙恵、後妻に生まれた妹・美希、姪(兄の娘)、一つの家族に起きる出来事を家族それぞれを主人公として描く短編連作小説。 

以前読んだ『翼』はよく覚えていないが、印象が全然違う、あれ?という感じで物語りに入り、一気に読んでしまった。

幸せって何だろう? 短編には一見直接の繋がりがない様に見えるが、家族一人ひとりの苦悩がこの課題を主旋律として描かれている。 心のひだというのだろうか、普段は表に出さない心情をつづり感動深い物語になっている。

人を愛し続ける・・・ でも奪うことも与えることも出来ない・・・これは幸せなのだろうか?

雪虫: 札幌に暮らす暁は、ある事情で家を出てから15年間帰省していない。そんな暁に、義母危篤の連絡が入る。過去を振り切れない暁が迷いながらも故郷に帰る。これが妹沙恵に苦悩を引き起こす・・・・。 暁にとっての幸せとは・・・ 

子供の神様: 過去の出来事から自分を投げ入れるような恋が出来ない美希。兄弟の中の末っ子、唯一の母と父との間に生まれた子、横暴な父と複雑な家族・・違う家族像が浮き上がる。 妻子ある男との不倫を続けるが、兄の帰郷をきっかけに・・・・

ひとりしずか:美しい沙恵。暁とは兄妹として育つが、ある事件をきっかけに暁を好きになる。だが、そこにはある秘密が・・。ここから沙恵と家族の苦悩が始る・・・・

後の三作は、青葉闇:兄、森の澪:姪、銘木散る:父、を主人公として描くが詳細は避ける。

人はなぜ行き続けるのだろうか? 人生という海を舟々に乗って翻弄されながらも・・・そして、幸せとは・・

いい作品だった。 

---------------------------

今日は東京グランドホテル 芝公園のそばで、窓から東京タワーが見えます。今日はカメラを持ってきてませんが(笑)
古いホテルですが、二人掛けのソファーもあり、部屋が広くてなかなかいいホテルです。

皆さんは電子マネーを使っているでしょうか? 随分普及してきました。コンビにでも使えるようになり、便利な世の中になりました。
私はスイカ、エディ、JALのICを使っています。エディはコンビニで使えるので便利です。一円玉が増えないのがいい。 

JALはここでもANAに完敗のようです。幅広い店で使えないと、ユーザーは増えません。これらが、統合されると良いんですがね・・・

3月からは、スイカで地下鉄や私鉄も乗れるようになるとのこと。 いくつもカードを持たなくて良くなるので、大歓迎です。 これ一枚で、全国の乗り物全部が使えるようにしてもらいたいです。

Img_2384

今日は朝から春のような天気でした。久しぶりに庭の花の写真を撮りました。
午後にはこの蕾みもきれいに咲いていた。取り直せばよかったかな・・

|

« フーッ~ | トップページ | 2階建て東北新幹線 »

コメント

村山由佳、東京へ向かう途中に読まれたのですか?

私は電子マネー、使ったこと有りません。
まあ、JR西日本のICOCAは使っていますが、定期券として使用しているだけです。
うまく使えば便利そうですね。

写真の花(額の部分)が、見ようによってはガラス細工のようです。

投稿: かつ | 2007年2月 5日 (月) 00時34分

かつさん こんばんは

この本は先週の出張時に読みました。この移動中は乙川さんの霧の橋を読んでます。

あと、リリーフランキーの東京タワー、宮部みゆきの名もなき毒、村上春樹のスプートニクの恋人を持ってきてます。
多分こんなに読めませんが(笑)

ICOCAもスイカも全部統一してくれると嬉しいですね。

投稿: かつさんへ | 2007年2月 5日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/13790572

この記事へのトラックバック一覧です: 星々の舟 村山由佳著:

« フーッ~ | トップページ | 2階建て東北新幹線 »