« ランチ | トップページ | 人間ドック »

2007年3月 2日 (金)

スプートニクの恋人 村上春樹著

私の評価 ◎ 2007年2月読書

店の外にでると、染料を流し込んだような鮮やかな夕闇があたりを包んでいた。空気を吸い込んだら、そのまま胸まで染まってしましそうな青だった。空には星が小さく光り始めている。夕食を済ませた土地の人々が、夏の遅い日没を待ちかねたように家を出て、港の近辺をそぞろ歩きしていた・・・

いい情景ですね。 異国の情景が目に浮かんできます。

主人公の『僕』、僕が大好きな『すみれ』は女性にしか興味がない、すみれが大好きな女性『ミュー』は男性を愛せない。3人の不思議な関係が、この情景のように描かれいる。読むほどに、なんとも知れない世界に入り込んでいく。

『僕』のように人を愛せたらいいでしょうね。
好きなのに触ることも出来ない、ましてや抱くことも出来ない。でも、『すみれ』は頼ってくる。
『僕は』それでも、『すみれ』愛し続ける。男としてこんな辛いことはない。私なら耐えられないだろうな、きっと。

やがて、旅行先のギリシャで『ミュー』と一緒にいた『すみれ』が突然消えた・・・・

恋愛小説が好きな人にはお勧めです。

-----------------------

昨日休みを取って、病院へ行ってきました。4月に放射線治療をすることにしました。また入院です。一週間ですが、その前のヨード制限2週間もあり、憂鬱です。
もう、これで終わりにしたい・・・

Img_2529

|

« ランチ | トップページ | 人間ドック »

コメント

写真、クリックしても大丈夫になりましたね。
とってもきれいな、紅梅。

4月に入院なのですね。その前に、沖縄ですてきな時間をすごして、パワーアップしておいてくださいな。入院は憂鬱になっちゃいますが、大丈夫、大丈夫。しっかり治してね。暮れには、忘年会が待っていますから^^
ちゃんとカラオケの練習してますか~(笑)

投稿: pockypocky | 2007年3月 3日 (土) 19時52分

夕凪さん、こんにちは。
最初の文、なんて素敵な・・・私の好きな村上春樹さんでしたか。(笑)
私が初めて村上さんの本を読んだのは、この本でした。あまり面白いとは思わなかったのですがずるずると次から次へ。次第にこの作家さんの本にのめり込んでいきましたよ。(笑)

入院されるのですか。
頑張って来て下さい。

投稿: フィービー | 2007年3月 4日 (日) 15時45分

pockyさん ありがとうございます

写真ばっちりになったでしょう(笑)
cocologに問い合わせて、規格に合わせました。きちんと拡大表示できるサイズが800ピクセルまでなので、画像サイズを小さくしてアップするようにしました。

まだまだカラオケまでは行ってませんね。風呂でがなりたてている状態ですよ(笑)

若者たち知ってますよね「君の行く道は・・・なのに~なぜ」のな(音階ド)が出せずに、ここで止まってしまいます。
調子のいい時はどうにか、ラまでは出るようになりましたが、まだまだです。

忘年会までは10ヶ月あるから大丈夫、頑張らなくっちゃ(^-^)

投稿: pockyさんへ | 2007年3月 4日 (日) 16時13分

フィービーさん ありがとうございます。

こんな文章が書けたら、私もプロになってますよ(笑)

フィービーさんの写真、最近一皮剥けましたね。ほんと感激する写真が増えましたよ。

頑張って下さい。

投稿: フィービーさんへ | 2007年3月 4日 (日) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/14107471

この記事へのトラックバック一覧です: スプートニクの恋人 村上春樹著:

« ランチ | トップページ | 人間ドック »