« 個人の外貨資産残高40兆円 | トップページ | あのカニステールが・・・ »

2007年4月 4日 (水)

海を抱く 村山由佳著

私の評価 ◎ 2007年3月読書

高校生が主人公の青春恋愛小説。SEX描写が多いが、若者の心の葛藤と成長をテーマに描かれており面白かった。

物語は二人の主人公、光秀と恵理が一人称スタイルで交互に進む面白いスタイル。同じ場面が二度あるが、視点が違うのでドキリとする。

優等生の恵理、だが一面ではひずんだ性的欲求があり自己嫌悪に陥るし、家庭にも問題が持ち上がる。サーフィン狂いで全日本級の腕前の光秀、不治の病気になった父と自分との葛藤、優柔不断な自分に気付きながら大人の男へと成長する。

二人はとんでもない関係に陥っていくが・・・読後感はすっきりしている。

2月に『星々の船』を読み、村山さんの本を探していた。やっと見つけたのがこの本。東京出張で一気に読んでしまった。 人の深層心理を上手に描き揚げることの出来る作家だなと思う。人をそして自分達を傷つけ追い込みながらも、その二人をひとりの人間として大きく成長させていく。

他の本も読んでみたくなった。

-------------------------

今週は17時前後に退社している。 自宅に戻り横になると少し寝てしまうが、それでも時間がたっぷり。

丁度、Dr.コトーの再放送をやっていたので録画して観てました。
また涙を流してました(笑)  一度観た物なのに・・・
私は映画も2,3回見るのが好きです。一回目で気付かなかったことが、見えてきておもしろい。皆さんはどうでしょうか?

今日は寒の戻りで寒いですね。県北では雪が積もったようです。昼の散歩もジャンバーを着て行きました。海も大荒れ。明日はコートが要るかも。

Img_2976mansaku

万作も満開、木全体が真っ赤になり、綺麗!

|

« 個人の外貨資産残高40兆円 | トップページ | あのカニステールが・・・ »

コメント

今は映画は入れ替え制で二度観るには、再入館しなくてはいけませんが、学生時代は何度でも観れましたよね。高校生の頃「卒業」という映画がありましたが、友人と二人で3回続けて観た記憶があります。たぶん、「卒業」だけではなく他の気に入った映画もそうしていました。二度三度と観ると新たな気づきがありますね。
マンサクきれいです。私も今日、ブルブル震えながら撮りましたよ^^

投稿: pocky | 2007年4月 4日 (水) 23時43分

世代が一緒だと、思うこと、一緒ですね~
↑ のpockyさんと同じく・・・
「卒業」、3回見ました。
あと、「嵐ヶ丘」「マイ・フェア・レディ」・・・

読書家の夕凪さん、やっと、私も読んだ本が登場^^
村山由佳さん、繊細でステキですよね。

投稿: kumiko | 2007年4月 5日 (木) 00時17分

pockyさん こんばんは

「卒業」懐かしいですね。ダスティン・ホフマンとキャサリン・ロス、今でも目に浮かぶようです(^-^)

最近の映画館では一度っきり。ほんと昔みたいにそのまま居残って観たいと思います。先日のデジャヴのような映画は特にそうです。

今日は少し暖かくなりましたね、いい写真撮れましたか?

投稿: pockyさんへ | 2007年4月 5日 (木) 19時43分

kumikoさん こんばんは

皆一緒ですね(^-^)

最近の映画館のいいところは、前の人の頭が邪魔にならないことと、指定席で選べること。 昔も指定席はあったけど、+料金が必要でした。

村山由佳さんは2冊目ですが、いい作家ですね。また借りてこなくっちゃ(^-^)

投稿: kumikoさんへ | 2007年4月 5日 (木) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/14552070

この記事へのトラックバック一覧です: 海を抱く 村山由佳著:

« 個人の外貨資産残高40兆円 | トップページ | あのカニステールが・・・ »