« 八月の博物館 瀬名秀明著 | トップページ | 代理母の公募 »

2007年4月12日 (木)

雲の中の少年 藤井素介著

私の評価 ○ 2007年4月読書

できれば小中学生に読んで欲しい本だ。
著者が10歳の時に体験した昭和18年~20年の満州および岡山での生活がベースとなっているのだろう。

主人公は小学4年生の豪太。旅館と建設業を営む両親のもとで、満州で暮らしている。
朝鮮人や中国人に対する差別を意識する日本人や軍部が多い中で、人の尊厳を説く父に育てられ真直ぐに育つ豪太。 

やがて、豪太の廻りも戦争色が増大していき、人生が大きく動き出す・・

子供にとって父とは何だろう。著者は恐らく自分の子供時代を振り返り、そのことも伝えようとしていると思う。
最近の若い父親はどういう信念で子に接しているのだろうか? ふと、そんなことを思った。

--------------------

娘が帰ってきても元気がない。どうしたと聞くと、『今日も同期が辞めた』と。
昨日も同期が辞めたと言っていたので、同じ人かなと思ったが違った。

同期で4名が岡山地区に配属になったが残り3名は昨日で全員辞めたらしい。今日は徳島の同期が辞めた。
数年で学卒で30%、高卒で50%は辞めるといわれているが、現実として伝わってきた。時代は変わったと私も実感した。

明日から入院です。部屋も決まってないし、ネットができるかも行ってみないと分からない。もし、繋がらなければ、一週間休止することになります。

頑張って、治してきますね。 行ってきま~す!

Img_3066_2

冬を越したペチュニア   今年はサフィニア、ペチュニア、ペティ、プリエッタ全てが冬を越しました(^-^)

|

« 八月の博物館 瀬名秀明著 | トップページ | 代理母の公募 »

コメント

学卒で30%、高卒で50%・・ですか~
原因はなんなのでしょうね。

明日は、いよいよ入院ですね。
きっと元気で退屈だと思うので
ネット環境、整っていたらいいけど・・

行ってらっしゃーい^^

投稿: kumiko | 2007年4月12日 (木) 22時56分

お花もたくさん越冬したのですね。
寒さに耐え、春からまた美しく咲く・・♪
夕凪さん、短い越冬頑張って!!
気をつけて、行ってらっしゃいませ。

投稿: pocky | 2007年4月12日 (木) 23時19分

夕凪さん♪
入院、がんばってください!
たまに、ネット環境がないところもいいあもしれないですよ。
現代人は、あたしも含めネット漬けですもん(゜ー゜;A
まわりが見えなくなりそうです(笑)
退院のお知らせ、待ってます(o^-^o)

投稿: sora | 2007年4月13日 (金) 17時29分

kumikoさん 有難うございます。

ネット環境バッチリですよ(^-^) でも退屈してますが(笑)

石の上にも3年・・・という辛抱が出来ないのでしょうね。
でも、日本も転職社会になった方が本当はいいのかもしれません。後10年もすればそうなるでしょうね。

投稿: kumikoさんへ | 2007年4月13日 (金) 20時05分

pockyさん 有難うございます。

快適な個室で越冬してますよ。 ネットも繋がるので快適です。退屈を除けばね(笑)

本格的な治療は火曜日から。それまで休養のつもりでゆっくりしてます(^-^)

投稿: pockyさんへ | 2007年4月13日 (金) 20時08分

soraさん 有難うございます。

幸い個室になったので、ネットも出来ます(^-^)
火曜日からは隔離部屋での治療になるので、そこからはテレビのみになります。

ゆっくり休養させてもらっていると思って、のんびりして過ごします(^-^)

投稿: soraさんへ | 2007年4月13日 (金) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/14657200

この記事へのトラックバック一覧です: 雲の中の少年 藤井素介著:

« 八月の博物館 瀬名秀明著 | トップページ | 代理母の公募 »