« 助かった(^-^) | トップページ | もう初夏だね »

2007年5月13日 (日)

河口堰に思う

法事で三重に帰ってました。

1泊2日で往復新幹線、ちょっと疲れましたね。 でも、本はしっかり読めました(^-^)
嬉しかったのは、娘が私のブログで気に入った本を選んで読んでいたこと。大人になったものです。
私の蔵書、いつか子供が読むだろうと取っておいたけど、結局読まないので昨年全部処分しました。今頃興味を持つなんて・・・って感じですが、やっぱりうれしいです。

長良川の河口堰のことを覚えているでしょうか? 10数年前に水質汚染で反対運動があり、『影響なし』との環境庁の結論で進められたものです。
今日、近鉄電車に乗って眺めていたら、長良川の色が『どす黒い』。 ここには、長島を挟んで長良川と木曾川が流れていますが、木曽川は綺麗な緑色の水がとうとうと流れていました。 確実に故郷の川は死んでます。Img_3364purieta

以前、カヌーをやっていた頃、一泊二日で四国の吉野川を下って堰の影響を肌で感じたことがあります。スタート地点は水深が2m以上あっても川底の石が綺麗に見えた。ここなら沈してもいいなと思ったものです。
ところが、二日目に徳島市に近づくと、堰が。一つ目の堰で透明度がなくなり、最後の堰を越えたら、水の色が茶褐色になった。当然透明度は全くなく、変なにおいも。

環境に影響ないという学者は川下りをしたらいい。どんな計算をしようが、自然が事実を教えてくれる。 自然を壊すということは、結局自分達を苦しめるということを分かって欲しいものです。

とうとうと流れる川を返して欲しい・・・

Img_3347purietta

冬を越したプリエッタ もう、直径70cmになってます(^-^)

|

« 助かった(^-^) | トップページ | もう初夏だね »

コメント

父親とはやはりそう思うものなのですね。
うちの父も、私がいつか読むから、と本を残してました。

自然、ダムを作るかどうか、我が県では討議が続いてますが、自然に手をいれた結果は分かるはずなのに…。

プリエッタ、70cmも栄えるなんて、うれしいですね。キレイです。

投稿: Mery | 2007年5月13日 (日) 23時07分

「なばなの里」に行くといつも ポコポコと見える河口堰。
景観だけでなく、自然まで壊してしまったんですね。


投稿: ゆきっこ | 2007年5月14日 (月) 16時19分

小さな小川も、滔々と流れる大きな川も、日本の川は死んでいますね・・本当に残念だと思います。川も海もね。
夫の田舎にも川がありますが、ダムや堰のために今は水量も減りきれいではありません。昔は泳いでいたのに・・と言っていました。
小さな川でも、本当に必要なのかなと思うほど、きれいにコンクリートで護岸工事をしています。魚や虫や鳥たちは、生きる場所を無くし、結局は私達人間に跳ね返ってくるのに・・・ネ

投稿: pocky | 2007年5月14日 (月) 19時37分

Meryさん こんばんは

大人にならなきゃ分からない親心ですね。

カヌーの野田さんの本によく出てくる球磨川ですね。 急流で有名です。出来れば作って欲しくない川です。

でも、本当に水資源が必要ならばダム議論も仕方ないと思いますが、そこら辺が不透明。 作ることが先にありきではダメだと思います。

投稿: Meryさんへ | 2007年5月14日 (月) 21時45分

ゆきっこさん こんばんは

そうです、その河口堰。今度通る時は是非、川の色を見比べてください。
ビックリしますよ。

投稿: ゆきっこさんへ | 2007年5月14日 (月) 21時47分

pockyさん こんばんは

そうですよね。子供の頃は川に入ってよく遊んだものです。
そんな自然を返して欲しいですね。

投稿: pockyさんへ | 2007年5月14日 (月) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/15060652

この記事へのトラックバック一覧です: 河口堰に思う:

« 助かった(^-^) | トップページ | もう初夏だね »