« もう初夏だね | トップページ | 愛用品 »

2007年5月15日 (火)

永遠の0ゼロ 百田尚樹著

私の評価 ◎ 2007年5月読書

戦後60年が経ったち戦争の記憶も風化しようとしている。そんな中、母が戦争で死んだ父はどんな人だったのだろうと言った一言。雑誌ライターの娘が反応し、司法試験に何度か落ち人生の目標を失った息子と共に祖父の過去調査を開始する。

まだ生存している老人たちから、戦争中の祖父の様子をインタービューすることで、この物語が始る。

最初にインタビューした戦友は、祖父は戦闘機乗りで、「私は生きて帰る」と公言し戦闘を回避した「臆病者」という。 強烈な批判に、自分らの祖父が・・・と落ち込む二人。

でも調査を続けるうちに、判明してくる真実が二人を引き付ける。

戦友のインタビューの形を借りて、人を単なる駒のように使った軍上層部、自らの失敗を問わない軍上層部、身分制度、米軍との対比、戦局の推移などの戦争の実態を描き出す。

そして、そこに生きる若者達の思い、そして祖父の思いを・・・・・

最後には物語が大きく展開するが、祖父の生き様と戦友たちの証言が、孫達の生き方を変える。
涙なくしては読めないいい本です。 

------------------------------

今日も初夏の天気でした。 我家のビオラたちはもうダメ、暑さですっかりやられてきました。 そろそろ夏の花に植え替えてもらわなくっちゃね(^-^)。

今年の冬は本当に暖かだったのですね、既に紹介したサフィニア、ペチュニア、プリエッタ、アレナリア・モンタナだけでなく、一年草と思っていたサルビアも越冬しました(^-^) 凄いですね。

Img_3308noren1 こんなカフェにも暖簾、いいね

|

« もう初夏だね | トップページ | 愛用品 »

コメント

今日も風が爽やかでした。
アレッ、今日は写真のアップはないのですね^^
明日はバラ公園に行ってきます。
たくさんの種類があるので、カシャカシャ撮りまくりますよ。

投稿: pocky | 2007年5月15日 (火) 22時19分

pockyさん こんばんは

書いている途中で間違って『公開』ボタンを押してしまいました。
その僅かの間に見られたのですね(笑)

バラ園の写真、待ってますよ(^-^)

投稿: pockyさんへ | 2007年5月15日 (火) 22時32分

あ~、いいなぁ^^
暖簾っていいですね。
以前も暖簾の写真がありましたよね^^

投稿: pocky | 2007年5月15日 (火) 22時58分

pockyさん こんばんは

そう暖簾シリーズですよ(^-^) 気に入った暖簾があれば撮っていこうと思ってます。

次回を期待してくださいね(笑)

投稿: pockyさんへ | 2007年5月16日 (水) 21時08分

前回は名前が「ふ~」しか書いてなかったみたいですみませんでした^^;気がついてくれてありがとうございました。
こんな暖簾のカフェだったら、間違いなくはいってしまいますね^^

投稿: ふ~みん | 2007年5月16日 (水) 21時39分

ふ~みんさん こんばんは

確かにこんないい雰囲気の暖簾だったら、入ってみようと思いますね。
暖簾ってやはり店の顔、大事ですね(^-^)

名前の書き忘れは私もよくやりますよ(笑) 

投稿: ふ~みんさんへ | 2007年5月16日 (水) 22時46分

息子が防衛大~幹部候補生学校を経て、○○に。まさか自分の子供が、、、。と複雑です。そんな私が読むべき本ですよね。
読む前から涙が出そうです。

投稿: いのぶー | 2007年5月17日 (木) 20時47分

いのぶーさん こんばんは

最近は国際貢献で、危ないところに出るようになりました。 親としては心配ですね。

でも、息子さんの志は立派です。誉めてやってください。

いい本ですが、読むと心配が増えるだけかも・・・

投稿: いのぶーさんへ | 2007年5月17日 (木) 22時10分

夕凪さん、こんばんは〜
サルビアも越冬ですか、凄いな。(笑)
昨日、夏の花壇用にベゴニア、ハナスベリヒユ、バーベナなどを買い込んできました。
配置を考えて並べただけ、まだ植えてないです。
今日は雨でした。(笑)
我が家のビオラももう終わりのようです。
こぼれ種を期待して、庭の隅に置いておきましたが・・・

投稿: フィービー | 2007年5月19日 (土) 23時00分

フィービーさん こんにちは

サルビアなんて一年草かと思ってました。ビックリです。

我家も今日、夏の花を買ってきました。名前は忘れましたが(笑) 
これまで植えたことのない花ですから、楽しみです。

投稿: フィービーさんへ | 2007年5月20日 (日) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/15084612

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の0ゼロ 百田尚樹著:

» 「永遠の0」との出会い [永遠の0 Fan blog]
小説「永遠の0」を知ったのは去年の秋でした。 ABC放送の探偵ナイトスクープで顧問のキダタロー氏が紹介したことで「永遠の0」を知ることに。 零戦パイロットが主人公の小説ということで興味を持ちました。 その後も新聞で取り上げられたこともあって、「読まねば」と思い立ち書店へ。 プロローグからグイグイ惹きこまれ、あっという間の数日で445ページを読み切りました。 泣きました。泣けて泣けて仕方がありませんでした。 私自身、小説でこれほどまでに泣けるものかと驚くほどに泣けました。 私の単なる驕りかもしれ... [続きを読む]

受信: 2007年6月12日 (火) 21時41分

« もう初夏だね | トップページ | 愛用品 »