« 再発と再手術 | トップページ | 心の旅 吉村達也著 »

2007年5月27日 (日)

月の扉 石持浅海著

私の評価 ○ 2007年5月読書

不登校などの問題児を僅か数日間で治す特殊な能力を持つ『師匠』を慕う3人が、那覇空港でハイジャックをする。目的は逮捕された師匠を単に空港に連れて来させるだけ。

機内の制圧に成功したその直後に、トイレで女が死体となって発見させることで、事態が大きく動き出す。犯人は誰か・・・ 
当初のハイジャック・目的と犯人探しが同時進行で進む。

種明かしの本格ミステリーとしては面白いのかもしれない。でも、同時に進行する事件、背景、心の動きが小説としては物足りなかった。

-----------------------

今日も黄砂が酷い。せっかく晴れていても青空が見えず、すっきりしない。 自分の心の中と同じ。天気ぐらいは透き通って欲しいものです。

時間がたっぷりあるので、ドラマ、それも韓ドラをみてます。先日書いた『チュモン』『キム・サムスン』『雪の女王』の3本も。
普段はドキュメンタリーしか見ないのに、後者2本は恋愛物。 若かりし頃の切ない思いを思い出します(^-^) 
日本の女性像と比べると、めちゃ気が強いですね。直ぐに殴るし。でもそんな女性が好まれるのでしょうか?

ドラマを見ていると、最初は綺麗とも思わなかった女優さんが段々綺麗に見えてきます(笑) 情が入っていくのでしょうね。 私の弱点かも知れませんね(^-^)

Img_3551

先週の日曜日の空。 透き通るような青さでした。
お気に入りの一枚です。

|

« 再発と再手術 | トップページ | 心の旅 吉村達也著 »

コメント

夕凪さんの若かりし頃 何があったんでしょう?
覗いてみたいですね。
  秘密だから いいんですよね。

レッドロビンと松の新芽・青空。
  とても綺麗ですね。
真ん中の力強い1本が、夕凪さんに見えます。
  

投稿: ゆきっこ | 2007年5月27日 (日) 15時36分

若かりし頃の切ない思い・・・
ウフッ、いいですね^^
皆、こんな思い出があるから大人になれた。
甘酸っぱいような懐かしい思い出
あのころに戻ってみたいな~

夕凪さんのお気に入りの一枚、
素敵に撮れていますね。
明日は頑張ってね!!!

投稿: pocky | 2007年5月27日 (日) 18時30分

子無沙汰ばかりで失礼しています。
夕凪さんの写真、以前より広がりのあるものが増えてましたね。
今日の一枚も仮面の中の色の対比というかバランスが面白いです。
ブルーの空の下にはこんな緑も、木もあるんたよ~、って言っている様で微笑ましいです。なんか私もその場に居合わせてみていような気持ちになりました。

投稿: かつ | 2007年5月27日 (日) 22時19分

若かりし頃の恋の思い出に浸っていましたかァ~

とても綺麗な写真ですね~
本当に透き通るような青空です~さすがお気に入りの一枚!
レッドロビンと言いましたね!
紅カナメモチ・・

春に千葉の姉の所に行ったときにあまりにも見事なこの赤い葉っぱにすっかり目を奪われたものです。
教えてもらった名前をすっかり忘れてしまって・・
ようやく思い出すことが出来ました~(あ~スッキリ!)
ありがとうございます!!

投稿: m子 | 2007年5月28日 (月) 04時38分

ゆきっこさん こんにちは

レッドロビンというのですね。初めて聞く名なのでネット調べてみると、カナメモチとオオカナメモチの掛け合わせ種とのこと。垣根種としてより強くしたものとありました。

空気が澄んでいて、いいシャッターチャンスでした(^-^)

投稿: ゆきっこさんへ | 2007年5月30日 (水) 10時11分

pockyさん こんにちは

一応、復活です(^-^)
色々ありがとうございます。

あの頃に戻ってみたい・・皆の実感でしょうね。

投稿: pockyさんへ | 2007年5月30日 (水) 10時56分

かつさん ありがとうございます。

楽しみながら、気に入った写真が撮れると嬉しいですね(^-^)

仕事忙しいようですね、少し落ち着いたらブログのアップ待ってますよ。

投稿: かつさんへ | 2007年5月30日 (水) 11時03分

m子さん こんにちは

北海道でもカナメモチは植えられているのでしょうか?
岡山は垣根に良く植えられていますよ。

昔の空はいつもこんな感じだったように思いますね。

投稿: m子さんへ | 2007年5月30日 (水) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/15218674

この記事へのトラックバック一覧です: 月の扉 石持浅海著:

» 不登校とは [不登校問題について]
不登校問題についてでは、不登校問題に対して行われている調査や研究について 客観的に見ていきたいと思います。 私自信、不登校の経験者であり、問題児扱いされていました。 不登校問題の当事者と、その周りの温度差は埋まったのでしょうか? [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 16時06分

« 再発と再手術 | トップページ | 心の旅 吉村達也著 »