« 辛い再会 | トップページ | 携帯通販してますか? »

2007年6月 3日 (日)

国境の南、太陽の西 村上春樹著

私の評価 ◎ 2007年6月読書

一人の男の小学生時代から30歳後半までの半生を、男の視点で描く。著者らしい美しい文章で、どんどん物語りに引き込まれていった。

男は自分を変えなくては、そして成長しなくてはと常に考え、このままでいいのかと自問する。仕事、恋人、家庭までも。
ある意味では普通の男かもしれない。でも、自分の求めるものの原点が初恋の女性にあったら・・

恋をして相手を好きになり大切にするが、『自分を向上させるものがない』と初恋の女と比べてしまう。だから、心から愛することが出来ず、結局彼女を傷つけ、自分も傷つく。

そんな主人公も20代を過ぎてやっと愛せる女性と出会い、家庭と仕事に充実した毎日を送る。だが、ふとしたことで、初恋の女性と再会し、恋に落ちていく・・・

誰しも思春期には自分を嫌いになり、変わりたいと思う。自分にないものを求めて、友を作り、恋人を作る。
でもその強い気持ちをいつまで持ち続けていただろう。きっと、持ちつづけている間は青春なのだろうなと思う。

主人公は家庭を持ち二人の子供もいる30代後半まで持ちつづけていた。でも、最後は『自分はいつまで経っても自分であり、変われない』ことに気付く・・・・

------------------

今日は午後からどんよりとしてきました。夜から雨になるのでしょうか。病室も暗く鬱陶しいです。

日曜日なので、先週の事件を纏めてテレビが報じていました。政治家や元公団理事の自殺、『負けないで♪』を歌った坂井さんの事故死など暗いニュースが多かった。
そんな中、陣内・のりかの結婚披露宴のニュースがありました。いいですね、明るくて。最近はこんな派手な披露宴もなかったので、久しぶりです。

陣内のピアノが良かった。曲も歌詞もぴったりだし、見ていてもらい涙が出てきましたね(笑)

毎日のテレビニュースも、例えば放送時間の1/2はいいニュースを絶対流すようにしたらどうでしょう。 もしかしたら、事件が減り、世の中がいい方向に向かうかもしれません。
そう思いませんか? 毎日悪事ばかり聞かされていたら、人が世間が信用できなくなります。逆ならば・・・

Img_3475

去年ニセコのペンションで頂いてきた種が開花しました(^-^)

|

« 辛い再会 | トップページ | 携帯通販してますか? »

コメント

今日は一日ドンヨリとしたお天気でしたが、予報を見ると雨は降らない伊丹です。明日は晴れますよ^^
そう、ニュースはハピィになれることを取り上げて欲しいですよね。
ほのぼのとした気持ちをこちらももらえる、そんなのがいいなぁ。

この花はなんですか~?

投稿: pocky | 2007年6月 3日 (日) 19時17分

pockyさん こんばんは

明日は晴れですか、良かった(^-^)

花の名前は不明です。去年聞いたけど、完全に忘れてます(笑)
退院したら、全景を撮りますね。そしたら、pockyさん分かるかも(^-^)

投稿: pockyさんへ | 2007年6月 3日 (日) 19時34分

ノビネチドリみたいな花ですね。

そうですね~
たしかに。。
マスコミで明るいニュースを流した方が世の中明るくなるような気がします。

投稿: m子 | 2007年6月 3日 (日) 20時53分

m子さん おはようございます。

ノビネチドリですか、検索してみましたが、よく似ているけど、少し違うような気がします。

退院したら全景をアップしますね。

泊まったペンションに聞いてみようかな(^-^)

投稿: m子さんへ | 2007年6月 4日 (月) 09時59分

夕凪さん、こんにちは。
「国境の南、太陽の西」二重まるで我が事のように嬉しいです。
何と言っても村上春樹さんは私の最も好んでいる作家さん。(笑)
数年前、のめり込んで殆ど読みましたよ。
でも、近頃は余り好きな作品が出ません。
今後に期待したいです。
昔のはどれもいいですよ。
特に好きなのは「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」これらは夕凪さんが確か前に読まれた「風の歌を聴け」の連作のような作品です。
機会があったら是非読んでみて下さいね。(^_-)-☆

違った!
夕凪さんが読んだのは「スプートニクの恋人」でしたね。
今、読書の欄を拝見しました。(笑)
改めて夕凪さんの読書量に驚きましたよ。

投稿: フィービー | 2007年6月 4日 (月) 14時49分

フィービーさん こんにちは

村上春樹さんの本の紹介、ありがとうございます。順次、図書館で借りて読んでみますね。

私も好きなると、その作家の本を全部読んでしまいます。お互い、凝り性なのでしょうか(^-^)

投稿: フィービーさんへ | 2007年6月 4日 (月) 17時20分

こんばんは、夕凪さん。
テレビのニュースを半分をいいニュースにすると
視聴率が取れないと思います。
藤原紀香の結婚と早稲田の祐ちゃん以外は多分(笑)。
悪事ではなくてもニュースはどこまで信用して良いの
でしょうか?
合っている情報なのか、誤っている情報なのか、過大表現
しているのか、受け取る側で判断しないといけないので
結構大変に思います。

投稿: ふみたろう | 2007年6月 5日 (火) 00時20分

ふみたろうさん こんにちは

視聴率、これが諸悪の根源かもしれませんね。
いいニュースを半分は絶対流す・・いいアイデアだと思うけどなぁ。

確かに判断は大切ですね。新聞だってそうです。結構偏ってますからね。

投稿: ふみたろうさんへ | 2007年6月 5日 (火) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/15301377

この記事へのトラックバック一覧です: 国境の南、太陽の西 村上春樹著:

« 辛い再会 | トップページ | 携帯通販してますか? »