« 頂き物 | トップページ | 手紙 生野滋朗監督 »

2007年6月26日 (火)

ゲームの名は誘拐 東野圭吾著

私の評価 △ 2006年06月読書

お見舞いに友人から頂きました(^-^) 好きな著者の本です。

でも、この本は、あまりにもいい加減に進む『誘拐』に共感が持てず、いまいちでした。ちょっと主人公が軽薄すぎるように感じます。

とはいえ、中盤からの展開はさすが東野さんです。映画化されたとのことですが、素晴しいものになると思います。

広告制作会社の辣腕プロデューサー佐久間は、手がけているプロジェクトを突然クライアントの副社長から解任された。恨みを抱く佐久間が副社長宅を見ていたとき、塀を乗り越えて出てくる娘に遭遇。彼女を追跡・接触して、狂言誘拐を企てる・・・

あたかも成功したように見える誘拐、でもそこには・・・

揺れ動く犯罪者の心理も面白い。

-------------------------

昨日は会社に眼鏡を忘れてきたので、パソコンが出来ませんでした。少し見てたら目が疲れてアウトでした(^-^)

現在常用している眼鏡は二つ。
一つは遠近両用で外出時や黒板を見るときに使う眼鏡。 もう一つは近近両用。上側がPC用で、下側が読書用。
会社や自宅ではほとんどが近近を使ってます。昨日は会議が終わった後、慌てて帰ってきたので、忘れました(笑)

本も読めないし、パソコンも出来ないし、結局早く寝ました(^-^)

Img_3798

今日は気持ちが沈んでいるので、向日葵を(^-^)  頑張ろう!

|

« 頂き物 | トップページ | 手紙 生野滋朗監督 »

コメント

夕凪さんは、白っぽい明るい画像がお好きなんでしたよね。
どんなふうにすれば、こう撮れるのか、聞くと詳しく教えてくださいますよね、きっと。
でも、覚えられな~い(笑)
覚えようとしない(笑)
夫もいつも言います。「覚えようとしてないじゃん」って(笑)

投稿: pocky | 2007年6月27日 (水) 19時50分

pockyさん こんにちは

ハハー、またおせっかいしちゃったかな(^-^)

頚椎、早く直してくださいね~!

投稿: pockyさんへ | 2007年6月27日 (水) 21時30分

私もPCは近近がないと できません。
そして、眼鏡がないと美味しく食事できなくなりました。

投稿: ゆきっこ | 2007年6月27日 (水) 22時09分

ゆきっこさん こんにちは

お互い不便していますね。若いときは近眼で悩まされ、歳をとると老眼で悩まされ、ほんと大変です(笑)

私は、老眼が始まると近眼が治るものと思ってましたよ。とんでもない間違いでしてね。

投稿: ゆきっこさんへ | 2007年6月29日 (金) 18時26分

両眼0、03を5年半前にレーシック手術で近視を矯正しました。
結果は、左が近視の戻りで0、4.右が1、2です。
ここで、近視の戻った左目が近くを担当。
右で遠くを見て使い分けをしています。
50歳にあと数年ですが、老眼鏡は必要ありませんよ私。←自慢?ではありません。
最近視野の欠損があり、目は大切ですよね。
眼鏡で矯正できるなら、それでもいい事ですよ。
おしゃれして眼鏡を楽しんでくださいね。

投稿: いのぶー | 2007年6月29日 (金) 19時32分

いのぶーさん こんにちは

勇気を出して矯正されたのですね。ここまで回復するとやってよかったと思います。
でも、私は勇気がないです(笑)

私も0.0xです。0.1が見えませんね。だから温泉に入るときも眼鏡が必需品です(笑)
曇って困りますがね。

前回作った近近眼鏡はプラスチックレンズにしました。これは軽いしいいですね。思ったほど傷も付かないし。
今度は遠近をプラスチックにしようと考えています。プラだと、フレームレスが出来るので(^-^)

投稿: いのぶーさんへ | 2007年6月30日 (土) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147658/15568693

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームの名は誘拐 東野圭吾著:

» 強度近視とは [強度近視も視力回復!強度近視解消]
強度近視とは強度近視とは、『高度近視 (ないし、強度近視)とは、近視度数 -6.00 D 以上と定義されています (単位はジオプトリ(D)、符号はマイナス(凹レンズ)です)。裸眼視力での目安として 0.04未満程度』と考えてください。当サイトは、強度近視に悩む人のために少しでもお役に立てる情報を提供する為の強度近視の人のための情報サイトです。現代社会は視力を悪くするための要因がいたるところにあり、視力を良いままに保つことが非常に難しくなっているのが昨今の状況です。視力が悪い人...... [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 22時18分

« 頂き物 | トップページ | 手紙 生野滋朗監督 »