« 幸せのちから | トップページ | 成羽散策(2) »

2007年9月 9日 (日)

成羽美術館

Img_4839 今朝一番の仕事は、青虫の駆除。大きく育ったインパチェンスの葉っぱが全部無くなっていたけど、『大きな幼虫がいるよ』と言われるまで全く気が付かなかった。
何蝶の幼虫だろうか、黒くて気色悪い。

Img_4840 一旦駆除して、葉っぱが再び出てきてたレモンの木。また葉っぱが食われている。これも良く見ると、アゲハの幼虫が4匹も。よくまぁ何度も生むものです。
早速これも割り箸で挟んで駆除。田んぼにいるトノサマガエルの近くに落とすと、大喜びで飛んできて、パクリ! あっという間に食べてしまった。ご馳走だったのだろうな、きっと。

Img_4843_2  全部駆除して戻ってくると、またアゲハが。本当にレモンの木が好きなんですね。もう、食べる葉もほとんど無いのに。いったい一年に何回(何世代)産卵するのでしょうか? 春に一匹だけ残して育て羽化させたのがいけなかったのか。優しさは禁物ですね。困ったものです。

図書館に予約していた本の順番が来たと連絡があったので、喜んで受け取りに行ったら、全く記憶にない本が出てきた。「再婚生活」、誰かのブログもしくは新聞で紹介されて予約したのだろうか。家に戻って、タイトルを見た家族が大笑い、「お父さん再婚するの?」だって(笑)

午後から成羽美術館に行ってきました。児島虎次郎の出身地・成羽町が後継者を育てる為に彼の作品を集め展示している美術館です。
いい絵がたくさん展示されてました。倉敷の大原美術館に展示されている絵のほとんどは、この人が明治~大正時代に訪欧して集めたものです。

建物はコンクリートの打ちっぱなしで、清流成羽川をモチーフにしたのでしょうか、水の流れをふんだんに取り込んだモダンなものでした。
これを見るだけでも価値があります。

裏手の城跡の山ではミンミンゼミが鳴いてました。岡山県で聞くのは初めてだと思います。美術館を見た後は、成羽の町を散策。

ちょっと疲れたので、帰りに『鬼が嶽温泉』に寄ることにしました。桃太郎に退治された鬼が、怪我を癒す為に入っていた温泉と伝えられており、このような名前が付いてます。
山道を走って、もう少しというところで、全面通行止め。がけ崩れでもあったのでしょうか。

仕方ないので迂回路で反対側に回ったら、そこからも通行止め。結局通行止め区間の中にあるので、行けませんでした。 残念!

Img_4850 成羽美術館

|

« 幸せのちから | トップページ | 成羽散策(2) »

コメント

緑の幼虫。我が家のノブドウに今年の8月数え切れないくらい付きました。葉っぱは、丸坊主。違う場所に移したら、なんだかスズメがいっぱい庭に来て、良く見ると口には幼虫が・・私は良くない事をしたのでしょうか。

投稿: hirobou | 2007年9月 9日 (日) 20時53分

ほんとうに、みごとに食べてくれましたね(笑)
でも、ちゃんと駆除した幼虫を、トノサマカエルに献上する
ところは、夕凪さんらしいですね~^^
食物連鎖の一環に、手を貸してあげた、と云うわけですね。

「再婚生活」うけました~(爆)

岡山には、素晴らしい美術館が、多いのですね、羨ましいです。
本日は、おつかれさまでした~

投稿: エルモリア | 2007年9月 9日 (日) 21時37分

気味の悪い幼虫、図鑑で調べてみました。
たぶん、「セスジスズメ」の幼虫です。
調べながら、鳥肌たててました~(爆)

鬼が嶽温泉、興味津々^^

投稿: pocky | 2007年9月 9日 (日) 22時10分

たまたま偶然昨日私も毛虫を・・
ウチの場合は根わさびの葉っぱが丸坊主になっていました。

それにしても綺麗な幼虫ですね。
アゲハもくっきりと。

投稿: m子 | 2007年9月10日 (月) 05時56分

我が庭のレモンも丸裸です。
好きなんですね〜
少し葉っぱが出て来ましたが、またやられるのかな。
畑の大根やブロッコリーの葉っぱも少しやられています。
ピンセットで取っている人もいますが、私は手で取ります。
どうってことないですよ。(ё_ё)
私も人気の本の予約待ちが4冊です。いつになるのやら。
「再婚生活」?奥様が怒りますよ。(^_-)-☆

投稿: フィービー | 2007年9月10日 (月) 16時44分

hirobouさん こんばんは

hirobouさんの畑は無農薬なのですね。手で取れるのは限界があるから、畑が広いと大変でしょう。

ただ単に殺すよりは、雀の方が良いように思います。自然の循環ですからね(^-^)
だから私も蛙に・・(笑)

投稿: hirobouさんへ | 2007年9月10日 (月) 19時50分

エルモリアさん こんばんは

蛙の後ろ側に幼虫を落とすと、その瞬間に後ろ向きになり、じっと見て、幼虫が動いた瞬間にパクッでした。前方に落とすとその瞬間に跳び付きました。
本当に素早い動きです。

岡山は箱物が好きな行政ですね。色々見れるのは嬉しいですが、閑散とした館内を見ていると、これでいいのかなとも思います。

ショップでしっかり買って、コーヒーまでの飲んで貢献してきましたよ(笑)

投稿: エルモリアさんへ | 2007年9月10日 (月) 19時57分

pockyさん こんばんは

「セスジスズメ」、調査有り難うございます。よく調べられましたね。

確かにこれでもかと、幼虫を見せ付けられた上に、最後の成虫蛾。堪えました(笑)
pockyさんも良く見れましたね^^

投稿: pockyさんへ | 2007年9月10日 (月) 20時00分

m子さん こんばんは

北と南で同じことしていたのですね(^-^)

本当はもっと早く気付かないといけないです。すっかり丸裸。

葉っぱに付いている時は綺麗だなと思いましたが、箸でつまむと・・・駄目ですね(笑)

投稿: m子さんへ | 2007年9月10日 (月) 20時03分

フィービーさん こんばんは

釣りの餌にするときは素手で掴んで針を刺しますが、花壇では・・・ね(笑)

蛾の幼虫には毒を持っているものがいますよね。今年は妻が剪定をしている時に、肩に付いたようで、大変な目にあいました。
触るには知識も必要ですね。

私もまだ予約している本があり、その順番が来たのかなと喜んで行きました。
それが見に覚えのない『再婚生活』でがっくりです(笑)

投稿: フィービーさんへ | 2007年9月10日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幸せのちから | トップページ | 成羽散策(2) »