« ドラゴンズ優勝逃す | トップページ | 男の一生(上、下) 遠藤周作著 »

2007年10月 3日 (水)

国際結婚

今日は嬉しい話がありました。

数年前に仕事で台湾に行ってましたが、その時の若い同僚が『結婚します』とメールをくれました。 その相手が、♪台湾の可愛い女性♪です(^-^)
当時台湾に行っていたメンバーで二人目の国際結婚です。独身者が少なかっただけに、凄い確率で台湾女性を射止めたことになります。 
頑張りましたね、おめでとう!!

今日の新聞に早朝残業というのが出てました。ご存知ですか?Img_5065
残業を減らしなさいということで、残業が付かない早朝に出社して仕事をするそうです。
だから、東京では朝食屋が繁盛しているそうです。あまりに早い出社なので、奥さんが朝ごはんを作ってくれないらしい。
知らない間に、とんでもないことになっていますね。

私も仕事をいっぱいしてきたので、残業も土日の出勤もしてきた。だけど、朝だけは自分の時間として、散歩や勉強時間に使ってました。
ここだけが、自由に使える時間ですからね。

景気がよくなっても、こんなことしていたら、ほんと日本は駄目になります。
世の奥様方が声を上げないと駄目なのかもしれませんね(^-^)

Img_5066

今日の暖簾、笑えたでしょう(^-^) 上の写真も同じ家です。

|

« ドラゴンズ優勝逃す | トップページ | 男の一生(上、下) 遠藤周作著 »

コメント

私も一番だわ^^

楽しい暖簾ですね^^
「妻には言えぬ夢を・・・」
夕凪さんは?(笑)
私はありますよ、夫には言えぬ夢(笑)
学生時代のボーイフレンドとの楽しかった思い出・・・こんな夢を見た後は、懐かしくて、ほんわかいい気分になっちゃいます^^

投稿: pocky | 2007年10月 3日 (水) 21時55分

何でこんなに暖簾があるのですか?こちらは食事やさんの屋号の入った同じような暖簾しか目に留まりません。あるのかな。気にしてみます。
こちらは景気が良くなった感じは全くありません。バイトの時間も短縮されているようです。

投稿: hirobou | 2007年10月 4日 (木) 05時32分

私は本当は国際結婚がしたかった!!
思い出しました。
大男さんで、ひげな毛むくじゃらで、、熊さんみたいな人で、青い目(笑)
どうして正反対の旦那と結婚したのか?今でのもわかりません。
「ドラマ、、、、、」
私は悔いがある?ない???(笑いました)

投稿: いのぶー | 2007年10月 4日 (木) 10時18分

おめでたい話は、好いですね~^^
ふたりに幸あれ!と願います。

川柳はだれもが、心当たりするようなことで
笑えるところが、面白いです。
此処は、何屋さんなのでしょうか?

日本人はどう考えても、働きすぎです。
戦後高度成長期の、感覚からまだ逃れられないようですね。
「仕事」という大義名分には、家族も犠牲を強いられます。

投稿: エルモリア | 2007年10月 4日 (木) 14時21分

pockyさん こんばんは

お互いに一番でしたね(笑)

勿論、ありますよ~。でも言えないもんね(^-^)

投稿: pockyさんへ | 2007年10月 4日 (木) 19時20分

hirobouさん こんばんは

景気の回復は地域差が大きいですよね。
回復を一番感じるのは、外食にいった時にいっぱいで待たされるようになったことかな。

暖簾って、気にしないとそのまま通り過ぎてしまいます。
写真を撮り始めてから、「あっ、センスいいな」などと、良く見つけるようになりましたよ。

投稿: hirobouさんへ | 2007年10月 4日 (木) 19時23分

いのぶーさん こんばんは

熊さん、きっと良い方だったのでしょうね(^-^)

確かにドラマだよね、人生は。
私は悔いはない。いい人生だったと思いますよ。いや、まだ進行中ですが(笑)

投稿: いのぶーさんへ | 2007年10月 4日 (木) 19時27分

エルモリアさん こんばんは

有り難うございます。二人はきっと幸せになりますよ。台湾の女性は強いですからね(笑)

ここは骨董品屋さんでした。だから年配の方がやられているのでしょうね。
川柳からこのご家庭の様子が伺われます。

仕事との付き合いは難しいです。家庭を大事にと手を抜くと、評価されず、人生の半分を過ごす職場が仕事が面白くなくなります。
逆にやりすぎると、家庭が壊れます。
適度にやって、評価されるそんなスーパーマンばかりではないしね。

何処に自分の、そして家族の価値観を置くかの問題だと思います。

投稿: エルモリアさんへ | 2007年10月 4日 (木) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴンズ優勝逃す | トップページ | 男の一生(上、下) 遠藤周作著 »