« 心配掛けました(^-^) | トップページ | 田中美術館 »

2007年11月 9日 (金)

クルー 石和鷹著

私の評価 △ 2007年11月読書

優柔不断で不倫を繰り返す男とその家庭の崩壊と再生を描いた作品。芸術選奨文部大臣賞受賞作とあるが、あまり好きになれない作品だった。

家庭における夫、父親の役目はなんだろうか? Pict0003
この本はその反面教師的な主人公の物語だ。でも現実的に考えた時、これほどまでに家庭を顧みず、女のことセックスのことを考えている男性がどれほどいるだろうか?
そういう意味で全く共感を持つことが出来ず、いまいちの物語展開だった。

主人公の秋介は妻と小学生の娘と息子を持つサラリーマン。妻を愛しているが、女癖が悪く、直ぐに浮気に走る。そんな秋介の行動を知ってかどうかは分からないが、妻はマイペース。
しかし、そんな妻が癌に罹る。そんなときでも女と遊ぶ秋介。

妻の亡き後、浮気相手の弥生を家に入れ再婚するが、子供達は荒れ始める。そんな時に、新たな浮気に逃げる秋介。やがてその家庭も崩壊するが・・・・

----------------------------------

Pict0013_3 最近読んだ本に良く癌が出てくる。この本も。治療の様子も具体的に出ていて、最後はなくなる。ちょっと疲れた。

そして今日、驚く情報を久しぶりに会った友から聞いた。富士時代に親しくして頂いた友人が肺癌に罹っていると。既に2年も闘病しているらしく、相当精神的にまいっていると。
何とか病に打ち勝って欲しいと祈るしかない。

その友が言う『夕凪は精神的に強いからな』と、自分でも強いと思うが、それでもこの夏は本当にまいった時期があった。病というのは、本当に怖いものです。簡単に心をも壊すのですからね。

それを救うのは、やっぱり家族であり、友人だと思うし、没頭できる趣味だと思います。
なんか闘病記のブログに書くようなことを書いちゃいましたね(笑)

この週末は天気がいいのかな? 県北に紅葉の写真でも撮りに行きたい。

Pict0025

閑谷学校のカイの木です。 2本の大木があり、左が紅葉、右が黄葉します。上の小さな写真で分かるかな。
建物は江戸時代に建てられた藩校=閑谷学校です。
今日、妻が行ってきました(^-^)

|

« 心配掛けました(^-^) | トップページ | 田中美術館 »

コメント

夕凪さんは・・
精神的に強いのと、
家族の支えが大きいでしょうね。
私にはない家族の愛情ですよ!

って、、
最近ね~夫が妙に優しくなりました。
なんでだ??(爆)

人は一人では生きてはいけません。
助けてくれる人があって、
なんとかやっていけるのですよね。

助けになる人が夫であり妻であるのが理想的なのでしょう~

うちは・・
どうなんだろう。。

投稿: m子 | 2007年11月 9日 (金) 20時25分

わたしは幼いころ、すでに家族崩壊を経験して、
自分の家庭を持って、ようやく根を降ろせると、
理想の家庭を、思い描きすぎたせいか、それも
もろくも崩壊~^^;

でもこうして、流れに身を任せて生かされている。
執着を捨てたとき、すべての真実が明らかにされ
苦しみから解放されました。

投稿: エルモリア | 2007年11月10日 (土) 10時43分

m子さん こんばんは

少しずつご主人も変わって来たのでしょう。m子さんが元気になったからかもしれませんね(^-^)

いずれにしろ、支えあって行かないとね^^

投稿: m子さんへ | 2007年11月10日 (土) 18時08分

エルモリアさん こんばんは

辛い経験をされてきているのですね。
でもそれも自分の人生ですから、受け入れざるを得ません。
エルモリアさんも苦しみながら、受け入れることが出来たのでしょうね。

そして今の幸せ。
大切にしてください。

投稿: エルモリアさんへ | 2007年11月10日 (土) 18時12分

夕凪さんへのコメントは、出来る限り明るく、元気に前向きに・・
そう思いながら逆に励まされたり、病気のことも忘れたり、でもやはり大変だったのですね。そうですよね。
でも前向きに、明るく・・これが一番ですね。
私のんびりお邪魔させて戴きます。

投稿: hirobou | 2007年11月10日 (土) 18時51分

今まで 悲しいことも苦しいことも
  悲観的な私と前向きな夫とで 何とか乗り越えてきました。
これからも 何とかなるだろうと思っています。

隣同士のカイノキの紅葉が2色というのは面白いです。
この落ち葉は受験のお守りらしいですね。

投稿: ゆきっこ | 2007年11月10日 (土) 21時39分

hirobouさん こんにちは

有り難う、気を使ってくれて(^-^) 
前向きに明るく、そう、これが一番ですよね。

これからも楽しんでいきましょう^^

投稿: hirobouさんへ | 2007年11月11日 (日) 14時49分

ゆきっこさん こんにちは

受験のお守りなんですか・・・知らなかった。地元なのにね(笑)

ゆきっこさんがご主人を大事にされているのはブログから良く伝わってきます。
我が家も見習わなくてはネ(^-^)

一度しかない人生、楽しく充実したものにしましょう!

投稿: ゆきっこさんへ | 2007年11月11日 (日) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心配掛けました(^-^) | トップページ | 田中美術館 »