« 怖い中国食品 | トップページ | 数年ぶりのスポーツ »

2008年2月 1日 (金)

そのときは彼によろしく 市川拓司著

私の評価 ○ 2008年1月読書

私は見てませんが、長澤まさみ主演映画の原作です。同僚が読んだ本を回して貰いました。こてこてのラブストーリーです。
この作家、「いま会いに行きます」も書いており、純愛物が好きなのでしょうか。

Img_3423舞台は15年前の中学生時代と現代とが行き来するが、初恋をしっかりと心に残した男と女の話。そこに『眠り姫』の不思議な世界が重なる。

それにしても、中学時代の初恋を30歳まで引きずるか?というのが最初に思ったこと。15年後の彼に会いにきたのですから、死者の国から戻ってきた「いま会いに行きます」とダブル部分がある。
この作家の感性なのでしょう。

と、あきれる部分はあるにしても、楽しく読めた。私もロマンが好きなのかな(笑)

----------------------------

出張から戻ってきました。ちょっと疲れ気味です。英語に弱いのに、今回はアメリカ人との会議とインド人との会議、ふー大変です。

インド人は宗教上の理由からかベジタリアン、肉も魚もダメです。だから昨夜は中華の素菜食。豆腐を肉のように見せかけて、全ての料理を作っていました。ちょっと物足りないけど、美味しかったですよ^^
東京には何でもあるんですね。感心しました。

彼等が倉敷に来たらどうしようと、真剣に考えました。街の料理屋では難しいだろうから、お寺の精進料理になるのでしょうか。
宗教というのは本当に大変ですね。

Img_6610

|

« 怖い中国食品 | トップページ | 数年ぶりのスポーツ »

コメント

いつかm子さんのブログにマンホールのお話がありましたね。穴の開いていないのは、下に汚水が流れている。m子さんを思い出しました。

こちらの春一番のお花は福寿草かな?早くそんな季節になって欲しいです。

投稿: hirobou | 2008年2月 2日 (土) 06時02分

マンホールの蓋が可愛いですね^^
伊丹市は白鳥です。昆陽池の渡り鳥をイメージしているのです。
以前住んでいた宝塚市はスミレでした。これは歌劇からのイメージなんでしょう。
それぞれ違っておもしろいですね。

投稿: pocky | 2008年2月 2日 (土) 09時09分

来週 インドの方に講演をしていただきます。
  (私が司会で 今から又緊張!!)
休憩時間にぜんざいを出すのですが 食べていただけるか 心配しています。

マンホールが可愛いですね。
大阪狭山市は桜です。

投稿: ゆきっこ | 2008年2月 2日 (土) 10時42分

出張おつかれさまでした。
外国の方との会議では、さぞ気を使われた
ことでしょうね。

マンホールのフタはほんとうに、各市町村で
ユニークなデザインを、取り入れているようですね。

こちらでは、たしかエイサーとかヤンバルクイナ
だったような…
こんど、注意してよく見てみよう~^^

投稿: エルモリア | 2008年2月 2日 (土) 13時41分

hirobouさん こんばんは

そうですよね。本当はm子さんが元気な時に出したかったけどね。
でも、きっとROMしてますよ(^-^)

まだまだ-30℃の世界ですものね、旭川は。

投稿: hirobouさんへ | 2008年2月 2日 (土) 18時42分

ゆきっこさん こんばんは

甘い物は万国共通ですから、大丈夫ですよ。どんな演題で講演してもらうのでしょうか?
楽しみですね。

投稿: ゆきっこさんへ | 2008年2月 2日 (土) 18時43分

pockyさん こんばんは

ほんと各地で違った図柄で面白いですよね。
こんなことに予算を使ってもらうのはいいことです。

投稿: pockyさんへ | 2008年2月 2日 (土) 18時48分

エルモリアさん こんばんは

ヤンバルクイナですか、ほんと各地で特徴があって面白い(^-^)

仕事ですからね。また契約を取らないと^^

投稿: エルモリアさんへ | 2008年2月 2日 (土) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怖い中国食品 | トップページ | 数年ぶりのスポーツ »