« 笠岡 菅原神社 | トップページ | キャノンギャラリー銀座 »

2008年5月20日 (火)

戸籍ってなんだ?

関東から東は今日は大荒れでしたが、岡山は快晴で初夏の気温。上着も不要でした。でも台風の影響か、風は強かった。
そんな気持ちのいい昼休みの散歩で見る木々は、新緑から緑へと変わってました。

夜ニュースを見ていると、離婚してから300日以内に生まれた子供達のことが出てました。特例処置が出たというものの、いまだに未だに離婚前の夫の子として認定される為に、戸籍に入れないとか。前夫の子でないと分かっていて戸籍に入れる母はいないので、中に浮いてしまっている。
『あなたの子供はいないことになっている』と役場に言われ、予防接種も受けられないとか。

役人は『一旦前夫の戸籍に入れ、裁判で抜いて自分新しいの戸籍に入れれば入れればいい』というが、それに協力しない前夫もいるという。
なぜ、DNA鑑定をして申請を受け付けないのだろうか? 犠牲になっているのが子供なのだから、是非そうすべきだと思う。

ちゃんと母に新しい父に育てられ、すくすくと育っているのに、戸籍上は存在しないことになっている子供達。
法律とは本当におかしなものだ。

Img_9050

昨日の菅原神社の全景です。

|

« 笠岡 菅原神社 | トップページ | キャノンギャラリー銀座 »

コメント

法律を使うのは人だという事と
法律は人が生きるために使うものだという事を忘れていると思います。

法律の心は弱者救済にあるのに・・・
規則に縛られて余計に生き難くなってるね

粋な大岡裁きがチラッと頭を掠めました

投稿: tantan | 2008年5月22日 (木) 11時23分

健康保険にも入れず 全額負担だそうですね。
全く時代にそぐわない法律です。

とっても素敵な眺めですね。

投稿: ゆきっこ | 2008年5月22日 (木) 21時46分

tantanさん こんばんは

規則にはそれが制定された時の趣旨・目的がありますよね。
tantanさんがいわれるように、その趣旨に基づいて判断すれば、条文の文句に縛られる必要はないと思います。

本当はそうすべきですが、それを執行する立場の人は、条文の文句に縛られて杓子定規な判断をします。
ミスをなくそう、平等にしよういう思いが強いとそうなりますね。

何とかならないんでしょうかね・・・・

投稿: tantanさんへ | 2008年5月22日 (木) 23時27分

ゆきっこさん こんばんは

長いなが~い2泊3日の旅行でしたね(笑) お帰りなさい。

どんな法律も、その趣旨にのっとり、時代に即して運用をどんどん変えていって欲しいですね。
何とかしないと、子供達が可愛そうです。

投稿: ゆきっこさんへ | 2008年5月22日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笠岡 菅原神社 | トップページ | キャノンギャラリー銀座 »