« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月30日 (木)

今日は料理を^^

清々しい天気が続きます、昼も気持ちよく散歩してます。

今日は会社の帰りにスーパーによって、夕食材料の買出し。今朝の新聞に出ていたキノコのゆず風味ホイール蒸しを作ってみました。
しめじ、えのき、まいたけ、椎茸を使います。キノコのオンパレード、見た目はいまいちだが、美味しかった。娘から合格点を貰いました(^-^)
たまにはこういうのもいいものです。

『鶏のささみを一口大にそぎ切りで・・』と書いてあるが、意味が分からない。削ぐのだから、縦に細く切るのかなと思って、包丁を入れると、横から『お父さん!!』(笑)
素人にもわかるように書いて欲しいですね^^

ガソリンが大分下がってきました。昨夜入れましたが、レギュラー139円/L、私のハイオクは148円でした。
200円になるかと思ったら、あっという間に原油価格が下がり、安心できる値段になってきました。これなら灯油も安心でしょう。

日経を見ていたら、結婚費用の平均が421万円と出てました。凄い金額ですね。確かに一生の思い出になるだろうが、ちょっと高すぎるように思います。
この半分くらいにして、残りを新生活のスタート資金にした方がいいのではないでしょうか。
結婚資金の為に、必死で貯金したのを思い出しました(笑)

10月23日でブログ開設3周年とpockyさんが言うのを見て、『あっ!』

そう、私のブログも同じ10月23日で3周年でした\(~o~)/ 

HPの一周年はしっかり覚えていたのにね、こっちはすっかり忘れてました(笑)
堅苦しい文章で、家族には「面白くない!」と言われますが、3年間続けることが出来ました。
皆さんのお陰です(^-^) 大大感謝です

これからもよろしくお願いします。

Img_0352_susuki

今年はススキを野原ではなくて、商店街で撮りました(笑)

| | コメント (12)

2008年10月28日 (火)

ユージニア 恩田陸著

私の評価 ☆☆☆** 2008年10月読書

数十年前に起きた大量毒殺事件。それに関連した人々それぞれの観点から、事件を振り返る。そして徐々にその真相が明らかになってくる・・

一人一人が事件を振り返るのが一つの章になっており、章毎に、何度も何度も事件が思い出され解析される。
でもその内容が微妙に違う。読み進むうちにその違いが段々と気になってくる・・・そして、物語に引き込まれていく。不思議な読後感のある小説だった。

日本推理作家協会賞受賞作品、納得できた。

-------------------------------

高橋尚子選手が引退を表明しました。
現役続行を決めて頑張っていたから、本人はさぞかし残念だろうと思うが、私はほっとしました。
笑顔の綺麗な選手でしたね。もう、十分レースを楽しませて貰いました。後は結婚や後進の指導をして欲しいし、彼女らしい笑顔の人生を歩んで欲しいと思います。

yahooのトップページを見ていたら、蓮佛美沙子さんが声優・・と出ていた。七瀬ふたたびの主演女優です。いい演技をして、魅力のある女優さんだなと思っていたので、彼女のHPとブログを見てみました。

タレントのページを見たのは初めてです(笑)  写真集の彼女よりもドラマの彼女の方が魅力的でした^^
流石にブログのコメント欄は作ってなかった。

Img_0324_hagi

日曜に美観地区を歩いていたら、萩の花が綺麗に咲いてました。

| | コメント (8)

2008年10月27日 (月)

早く解散総選挙をして欲しい

少し肌寒かったけど、昨日入れ変わっていればいいような天気でした。昼休みの散歩も気持ちよかったですよ。
真っ赤になっていた散歩コースの漆の木も、この風で葉を随分と落としてました。この冷え込みで、旭川も雪がふるのでしょうか。

首相になっての所信で「直ぐに総選挙を」と言っていた麻生さん、少しずつ伸ばして、最近は年内に解散はないと言ってます。
困ったものですね。国民よりも党利優先です。
口では経済対策といってますが、それももばら撒きばかりだし、選挙で負けるのが怖いのだろう。いっそ政権交代したほうが株価が上がるのではと、最近は思います。

民主党も選挙一色。昨年はあれほど反対していたイラクの給油法案も、早期解散のためには議論もしないとか。麻生さんが年内の解散はないと言うと、早期成立には協力しないと。
どんでもない政党です。こんな大事な事を党利党略に使うとは。もっと真剣に議論しろ!といいたい。

麻生さんのホテル外食問題もそう。『ホテルのバーは安い』と、とても庶民感覚では付いていけません。
そして、記者団との対応も、非常に横柄。こんな人に国政を任していいのだろうかと、つくづく思いましたね。

そう思うのは私だけだろうか。

Img_0340_hasu

今日はMillerさんの好きな蓮の花を。
ちょっと汚いけど、うっすらと写った白壁と一緒に。

| | コメント (2)

2008年10月26日 (日)

おおたか静流のコンサート

Img_0288hatake 今日は朝から雨、県北に紅葉狩りをと思っていたので残念でした。また来週ですね。

畑の作物はどんどん生長してます。人参だけが、小さいまま。植える時期が遅かったのでしょうか?
小松菜など、毎日妻が採ってきて食材やジュースに使ってます。無農薬だから超安全です。でも、写真のチンゲン菜ように穴だらけです(笑)
残った部分は先週耕したので、大根とさやえんどうを植える予定です。

Img_0290tingensai_2 昨日、おおたか静流のライブに行ってきました。リビング倉敷が主催する小さなホールでの手作りライブ、150人位集まりました。
花や、The Voice is Comingなど懐かしく、楽しめました。バックにインド楽器を揃え、アジアン風にアレンジされ、面白かった。
たまにはこんな小さなライブもいいものですね。

Img_0320_kakeibijutukan 彼女を見ていると歳が分からない。妻に同年代だよと言われビックリ。私なんか簡単に騙されそう(笑)

今日は午後から上がったので、美観地区にある『加計美術館』と『星野仙一記念館』に行ってきました。

加計美術館(右写真)では『関口照生写真展』が開催されてます。「地球の笑顔」のサブタイトルで、アジア辺境の地で撮影した少数民族の人達の笑顔が写されてます。特に子供たちの笑顔が素敵でした。
この建物、外見は2階建てですが、内部は5階になってます。

Img_0336 星野仙一記念館は招待券があったので入ってみました。入るとまず、彼の生い立ちのビデオを見てくださいと言われ席に付く。ここで倉敷銘菓「むらすずめ」とお茶のサービス。
ドラゴンズ時代の優勝シーンなども出てきて、大感激です(笑)

写真は展示物です。ドラゴンズファンの私には素敵な展示、懐かしく見てました^^

修理に出していたカメラが戻ってきたので、50mmレンズをセットして妻が持っての今日の散策でした。
同じところを歩いているのに、全く違うものを撮る。面白いものですね。
Img_0353_bikantiku_2プロと一緒に歩いたら同じ感じなんだろうな~と思いましたね。一度経験してみたいものです。

  商店街を歩いていると、写真のように通りに写真を展示したフォトミュラルという催し物をやってました。
今年で5年目ということですが、初めて知りました^^; 地元でも知らないことが多いですね。

その関連で、キャノンフォトコレクション「水の風景」が天満屋で開催されていた。当然こっちも見てきました。さすがプロの写真は凄いです。

Img_0319_bikantiku1

今日の美観地区。柳が茂り、春とは随分違うでしょう。

| | コメント (4)

2008年10月24日 (金)

椿山課長の七日間 浅田次郎著

私の評価 ☆☆☆☆* 2008年10月読書

タイトルから、『忙しく働く課長さんが主人公で、浅田さん得意のヤクザ絡みかな』と予想して読み始めた。
ところがどっこい、なんと椿山課長が亡くなってからの七日間の物語。それも本人がメイドから戻ってくるという。

復活物はたくさんあるが、本書は浅田さんらしさが随所に出ている。三途の川を渡るとそこで待ち受けているのは閻魔大王の審問のはずだが、本書ではなんと講習所。ここで現世の罪を反省すれば、みな天国にいけるという。面白い発想だ。

この講習所では、異議申し立ても認める。椿山は自分が突然死んだことも信じられないし、残された家族のことを思い、生き返らせろと頑張る。
それが認められて、姿を変えて現世に戻る。その期間は死後七日間だけ。

同じシステムを使って、講習所で知り合った男の子とヤクザも現世に戻る。
そして、浅田さん独特の人情劇場が始まる・・・

-----------------------------------

昨日はたくさんのコメントを有り難うございました。大変嬉しかったし、励みになりました。完治目指して頑張ります。

今日の昼休みの散歩でふと横を見ると、真っ赤に色付いた漆の木が。いつも歩いているのに全く気が付いてなかった。真っ赤な漆を見ていると、週末は色付き始めた木々を撮りに行きたくなりました^^

今年度上半期のゴールデンタイムのテレビ視聴率はNHKが民放を抑えてトップになったそうです。視聴率ばかりを気にして番組を作っている民放よりも、質で勝負しているNHKが上を行くなんて面白いですね。
私の場合、篤姫、七瀬ふたたび、土曜時代劇を録画してます。ちょっと見すぎかな(笑)

Img_0253_seiji2

今日もアメジストセージを(笑)
カメラの修理が完了したと連絡がありました。これでマクロが使えます(^-^)

| | コメント (8)

2008年10月22日 (水)

\(~o~)/ 超嬉しい \(~o~)/

病気のことは闘病記に集中して、このブログでは書かないようにしていたけど、今日は皆さんにお知らせしたいことが出来ました。

先週癌腫瘍から細胞を採ってもらい、細胞検査をしてもらいました。その結果を今日聞きに行ってきました。

その結果は

\(~o~)/ 『壊死した癌細胞』が見られると。\(~o~)/

信じられないくらいに嬉しい結果です(^-^)
こんなことは初めてです。これまでは癌が大きくなる一方通行でした。

8月から、ビタミンC点滴療法というものを始めました。週2回、75gのビタミンCを血液に直接点滴で投入します。
恐らくこの効果が出てきたと思います。

やっと治療に光が見えてきました(^-^) 

Img_0274_seiji4

日曜日にアップした花と同じ「アメジストセージ」です。

| | コメント (20)

2008年10月20日 (月)

ドラゴンズCS突破!

今日阪神に勝って、ドラゴンズがCSの第一ステージを突破しました\(~o~)/

月曜日の今日はTV中継がない。仕方ないので、ネットで途中経過を追った。回が進んでも0-0のまま。このままどうなるのかなと思ったら、9回にウッズの2ランが。
やりましたね(^-^)

昨日はスタートにチャンが打たれて躓いたが、今日は吉見が頑張りました。私の予想は山本昌だったけど、嬉しい勝利です。
次は巨人との戦い。日本シリーズ&日本一を目指して頑張って欲しい。

今年は辛いシーズンだったけど、最後に楽しませてくれてます。岡山でドラゴンズ戦のテレビ観戦機会は少ないですからね。明後日からが楽しみです(^-^)

Img_0220_kareha

庭で蜘蛛の糸にヤマボウシの葉が引っかかっていた。
黄金色に輝く稲穂が綺麗だったので、カメラを持ってきて、撮影。背景の光が当たって輝く黄金色と紅葉でお気に入りの一枚になりました。

| | コメント (8)

2008年10月19日 (日)

日曜日は畑仕事(笑)

Img_0282_komatuna 今日も快晴、清々しい秋の日曜日です。 近くの田んぼでは稲刈りをしてます。こうやって家に居ても、稲刈り機の音が聞こえてきます。

私も日曜日は畑仕事(^-^)
畑に行ってみると、先週間引きした小松菜が大きく育ってます。本当に驚きますね、たったの一週間で見違えるほどに成長してます。

今日はほうれん草と人参の間引きをしました。ほうれん草は難しいと聞いていたけど、無事に芽が出て育ってます。
丁度、土地を貸してくれている農家のご主人が来られて、『上手に出来てるじゃないか』と誉めてくれました。 嬉しいものですね(^-^)

Img_0280_hatake_2

お昼は間引き菜を使って、焼き飯とサラダ。最高です^^
間引き菜を貰ってきて植えていたチンゲン菜とサニーレタスはもう千切って食べれそうなくらいになってます。

今朝の起床は6時半。ここ2,3日、身体がだるいので、ゆっくり寝ておこうと思ったのに、駄目ですね。
早速庭に出て、花の写真を。マクロレンズを付けたまま修理に出しているので、今日は50mmレンズで。近くに寄れないのが残念ですが、お気に入りが撮れました。

昨日はドラゴンズが予定通りに勝ちました^^ 超嬉しい。今日も勝つぞ~!

Img_0259_seiji

| | コメント (6)

2008年10月17日 (金)

「名医」のウソ 児玉知之著

私の評価 ☆**** 2008年10月読書

出張の帰りに立ち寄った本屋で手に取った本。副題に「病院で損をしないために」とあり、帯には「知らない患者はバカを見る! 病院ガイドではわからない本当のポイント」とあり、読む気になった。

しかし、あまり参考にはならなかった。著者のいう名医の定義は『身の丈にあった説明、治療をしてくれる医者』です。
確かに、普段掛かる家庭医であれば、これが一番大事かもしれません。しかし、癌のように命に関る病気では、これは必要条件の一つであるけど、十分条件ではない。

ちょっと残念な読後感だった。 

--------------------------

今日は会社の机上に置いていた扇風機を片付けました。クールビズだ、エコだといって余計に過ごしにくく暑かった夏を涼しくしてくれた扇風機です。来年まで休息です。
ついでに机の上を雑巾掛け、綺麗になりましたよ^^

上記の「うそ」に関連して、最近の報道で変だなと思うことがあります
コンニャクゼリーの報道ですが、喉に詰まるということで、製造販売禁止が言われています。
私の記憶では、喉に詰まるという点では、お正月の餅による窒息の方が遥かに多いように思われます。毎年のように発生してます。
どうして、餅の製造販売を禁止しようという動きはないのでしょうか?

Img_0071

紀州釣りでチヌを狙ってますね 

| | コメント (6)

2008年10月15日 (水)

容疑者Xの献身 東野圭吾著

私の評価 ☆☆☆** 2008年10月読書

今公開されている同名映画の原書。本屋で思わず手に取った。いつもながらの観る前に読むだ。

別れた夫に付きまとわれ衝動的に殺害した隣室の女性に片思いの男、天才数学者がこの女性を助ける為に完全犯罪に見せかける。
警察は数学者の罠にはまり、容疑者を確定できない。

そんな時、ガリレオこと湯川が登場する。偶然にも天才数学者と湯川はかつての親友。親友だからこそ、警察には見えないものが見えてくる。
そして、予想も出来ないカラクリが・・・・・

著者の本にしては、珍しくいいラストシーンだった。

----------------------------------

今日は会社をサボってしまった。ちょっと後ろめたく、半分後悔^^;
月曜日に首の癌部分が急に腫れて痛みが出たので、急遽予約を入れて通院してきました。
予約時間は12時30分。朝11時まで仕事が出来たけど、『休んだら』の妻の一言で、決定(^-^) 診察終了が14時前。これから会社に行けば15時から仕事が出来る。でもコーヒーを飲みに吉備高原へ^^。

少し色付いてきた木々の中にあるベンチに座って、野菜ケーキと大好きなモカ・コーヒー。最高の時間を過ごしました(^-^)
我が家にも、100坪くらいある庭が欲しいな・・・と(笑)

北海道旅行の時に、ナイフをもって行きました。果物を食べる為に、私の髭剃り等を入れている出張用ポーチに入れて。その時は、手荷物を預けたので問題ないのだが、
先々週と先週の東京出張時はそのまま鞄に入れて飛行機へ。

先々週は私も入れているのを忘れているし、空港のX線検査にも引っかからなかった。先週は行きの岡山空港ではX線をパス。ホテルでポーチを開けてビックリです、まさか入れたままになっているとは思ってなかったので。
帰りもそのままで大丈夫だろうと思ったら、羽田でしっかり見つかりました(笑)
悪いことは出来ませんね^^

でも、何度もX線検査をパスしたんですよ。これには驚きました。

Img_0078

| | コメント (8)

2008年10月13日 (月)

牛窓散策

Img_0017_sanmon 今日は快晴、朝から真っ青な青空が広がってました。でも、今日は家でゆっくりの休養日。昨夜眠れなかったので、丁度いい。

昨日は三瓶山と石見銀山へ行こうと考えていたが、朝ぐずぐずしてたら、あっという間に昼に。ナビにセットしてみると、到着予定時間が17時30分。これではどうしようもないので、行き先を「瀬戸内のエーゲ海」牛窓に変更した。

岡山から牛窓方面を走っていると、綺麗な山門(右)が目に入った。直ぐにUターンしてみると、相当古いお寺でした。創建は不明ですが、1723年に再建された建物です。
Img_0037 国の重要文化財にしてされている阿弥陀如来立像は1211年作とのこと。

牛窓に到着するとまずはランチ、ブログで紹介されていたというホテルリマーニへ。テラスで結婚式の撮影をやっていたので、それをみながらパスタランチを頂く。
みんなに見られながらの撮影は恥ずかしいだろうけど、きっといい思い出になるでしょう。

Img_0049_2 食後は、美味しいと言われているジェラード屋さんへ。駐車できないほどのお客さんが来てました。美味しかったですよ~ pockyさん(笑)

周辺の道からは牛窓の海を一望できます。右は風をはらんで進むヨット。エーゲ海を感じましたか(笑)
そう自負するだけあって、港には多数のヨットが停泊してます。倉敷の漁港とは随分違います。

Img_0101 その後は、牛窓の街を散策。町並は下津井と同じような漁村の雰囲気、黒猫がたくさんいました。
港ではたくさんの人が釣ってました。鯵、サヨリ、チヌが主なターゲットのようです。家族連れは当然、前者です。たくさん釣ってましたよ。

町並の裏山には神社やお寺が。観音院はなんと749年創建とか。江戸時代の朝鮮通信使が幾度となく宿泊した本蓮寺も。歴史のある港町です。
「エーゲ海」とは対極の和風ですね。ゆっくり散策すると面白いです。

一通り町歩きをして、港に戻ってくると、前島行きのフェリー乗り場に、『日本夕日100選』のポスターが。 もう少し待って、夕陽を見て帰ることにした。

綺麗な夕陽です。ホームページに他の写真をアップしてます。

Img_0189

写真のホームページを公開してから、明日で一年です。早いものですね、あっという間です。
訪問者は1091人。私もほぼ毎日見ているので、それを差し引くと約730人。ありがたいものです。

| | コメント (6)

2008年10月12日 (日)

家庭菜園、無事に育ってます(^-^)

Img_0005_komatsuna 連休も二日が過ぎ、あと一日になりました。

昨日は朝から通院、帰ってきて直ぐ3時半から歯医者、そして小松菜(右)と大根(2枚目)の間引き、5時から床屋に行って、カメラ屋へ。7時半からぬか風呂、9時から友人宅で焼肉パーティ。
本当に忙しい一日でした。

Img_0009_daikon 先週の写真と比べてください、随分と大きくなってますよ。植物の成長は驚くほど早いですね。
間引き菜も無農薬の野菜ですから、しっかりと頂きましたよ(^-^) こんな小さな畑なのに、それぞれ小さなボール一杯も採れました。

Img_0007_horenso 心配していたほうれん草(右)も、発芽しました。大分石灰を撒いたので、無事に育ってくれると嬉しいですね。
この間引きは来週かな^^

週末の楽しみが一つ増えました(^-^)

カメラを修理に出しているのに、この写真は・・・と思いましたか? 実は新しいカメラで撮りました。
なんと、キャノンの新製品EOS50Dを買っちゃいました(^-^)

Kissと比べると、相当重く大きくなりますが、使いやすいですね。今日一日使ってみて、大満足です。

Img_0011_hatake

畑の全景です。大分畑らしくなってきました^^

| | コメント (8)

2008年10月 9日 (木)

海に沈む太陽(上、下) 梁石日著

私の評価 ☆☆*** 2008年9月読書

画家黒田征太郎青春時代をもとに描いたとあるが、戦後の混乱期から名を成すまでの激動の時代を描いている。当時の生活、風俗が鮮やかに浮かび上がり楽しく読めた。

それにしてもこの画家は凄い。よく生き抜いて成功したなと思う。16歳で家出して、船乗りになる。それもベトナム戦争に従事する軍船。戦闘に巻き込まれたり、嵐で積荷のワイヤーが切れて人が切断されたり、とんでもない仕事だ。
当時の若者のハングリー精神が成す仕業だろう。私も含めとてもそんな勇気はない。

米国にも単身で乗り込む。住み込みで人種差別をされ、サルのようにこき使われながらも自らを見失うことなく、絵の才能を伸ばしていく。そしてついに、ニューヨークで認められる。

体験した人でなければ分からないような生活がこれでもかと出てくる。

--------------------

セリーグの首位争いが混沌としてますね。どっちが勝ってもいいけど、早くドラゴンズとCSシリーズに入って欲しい。勝ち進む様子が目に浮かんできます(笑)

なんか最近疲れ気味です。朝疲れが抜けていない。この連休で体力を戻さないとね。

NHKで「七瀬ふたたび」が始まりました。筒井さん原作の超能力が出てくる小説のドラマ化です。かなり昔に読んで大好きだった本です。全10回、楽しみです^^
フジテレビでは、倉本聡さんの「風のガーデン」が始まります。好きな脚本家ですから、こちらも楽しみです。
いずれもHDDに自動録画して、暇なときに見ます。

Img_0019

オキザリスがきれいです。

| | コメント (10)

2008年10月 7日 (火)

真夜中の五分前 side-B 本多孝好著

私の評価 ☆☆☆** 2008年9月読書

先日side-Aを読んだので、続きを読みました。
side-A で話は完結していたので、Bはどうなるのだろうか、主人公が代わって同じ話が進行するのだろうかと興味深々で読み始めた。

結論はAの続きでした。2年後の彼等です。でも中身は全く予想外の展開、少しでも書くと秘密をばらすことになるので、書きません。

Aでも思ったのですが、双子ってそんなに似るものなのでしょうか?

----------------------------------

昨夜外に出てみると、金木犀の甘い香りが。庭を見てみると、もういっぱい花を付けてました。これで完璧に秋ですね。
日も短くなりました。仕事を終え、帰る頃にはもう真っ暗です。なんか寂しくなりますね。

緒方拳さんが肝臓癌で亡くなられました。好きな役者だし、今週から始まる新番組を楽しみにしていたので、残念です。
なくなる数時間前には津川さんと「元気になったらウナギを食べに行こう」と話されていたとか。亡くなられたのはお気の毒ですが、病床で何ヶ月も過ごすよりもいい亡くなり方だと思います。いずれ訪れるであろう自分の死も、こうあればと思います。

今週は連休ですね、どうしようかな・・・(^-^)

Img_0007

季節外れの朝顔です。何故か、先週から咲き始めました^^ 昔ながらの綺麗な青です。

| | コメント (6)

2008年10月 5日 (日)

ツィス 広瀬正著

私の評価 ☆☆☆** 2008年9月読書

ちょっと古いパニック小説だ。
神奈川で突然ツィス音が聞こえだす。この不快な音が、徐々に大きくなり東京へと広がり始めた。マスコミも政府も騒ぎ出し、東京が騒然となる。

果たしてこの音の正体は・・・

初版は何年ごろに書かれたのだろうか。この文庫本の初版が1982年だから、1970年代頃だろうか、懐かしい表現が多数見受けられる。

『白黒契約者』 テレビがカラーで放送されてから、契約が二本立てになった。今はBSもCSもあるし、カラーもハイビジョンだ。 技術の進歩は本当に凄い。
当時は、「メキシコオリンピックをカラーで見よう!」とCMが流れていた。

『妻がチャンネルを切り替えてきてから、横に座った・・』 今ならリモコンだ、この当時は、ガチャガチャと回すチャンネルだった。後10年もしたら、リモコンもなくなっているかも。音声認識はどんどん進んでいるから。

『米通帳』 これはもう完全に死語だ。昔は引越しの時もこれを更新した大事なものだった。米を食べることが減ったが、米は必須の主食だった頃もあった。

『ちり紙』 今はティッシュペーパーだ。もう若い人にちり紙取ってなんて言っても分からないだろうな。

これ以外にも当時を物語る言葉があり、別の意味で楽しめた。

------------------------------------

今日は朝から雨、体がだるいのでゆっくりして丁度いいのかも(笑) 娘の風邪を貰っているのかもしれません。
とはいえ、今日は友人のお葬式。雨の中を出かけてきました。54歳、突然の死で残されたご家族を思うといたたまれません。
人の寿命って分からないですね。つくづく毎日を有意義に楽しく生きることの大事さを思います。

昨日写真を撮っている時、ファインダーを覗くとゴミが見える。色々調べるとファインダー内部機構に入っているようなので、カメラ屋さんに持って行きました。
結局そこでは取れずに、メーカー修理となり、2,3週間カメラなしの生活になります。ちょっと寂しいが仕方ないですね。

ドラゴンズが漸く3位になりCSの出場権を得ました。故障者が多く、オリンピックにも多くの選手を出したので、今年は苦しいシーズンでした。
でも何とか、CS出場です。調子も上がってきたので、昨年のように一気に勝ち上がって欲しい。

Img_0031

小松菜が芽吹きましたよ(^-^)

| | コメント (14)

2008年10月 3日 (金)

もう頬づえはつかない 見延典子著

私の評価 ☆☆*** 2008年9月読書

早稲田文学部出身の著者の卒業論文と巻末にあった。文学部というのはこういうものを卒業の単位とするのかと、あらためて思った。しっかり小説家を作る学部なんだ。

理系の私はしっかり実験をして技術論文を書いたのだから、文学部で小説を書くのは当たり前かもしれない。でも、卒業論文の小説が単行本として売られ、それを読む私のような読者がいるのだから、やっぱり驚いた。

主人公は女子大生。 バイトをしながら文学部に通う苦学生だが、同棲していた男が出て行ってから一年も経つのに、いつまでも忘れられない。
そんな彼女の所に、バイトで知り合った男が転がり込み新たな同棲が始まる。でも主人公は、出て行った男が忘れられない・・・・

-----------------------------

ナビを買いました。ポータブルの小さい物ですが、結構使えます。少し足を伸ばして県外でも行きやすくなりますね。
瀬戸大橋がETC割引を拡充しました。週末は日中でも半額になったらしい。ETCも買って、四国もターゲットにしよう^^

日曜日に撒いた種が随分発芽してました(^-^) やっぱり嬉しいですね。

Img_0019

植物は正直ですね、涼しくなって皆元気になってきました。

| | コメント (6)

2008年10月 1日 (水)

生き上手 死に上手 遠藤周作著

私の評価 ☆☆☆** 2008年9月読書

あとがきで、「家族が茶の間に集まって、その中で、父親が息子や娘に自分の人生経験をふくめてポツリポツリ無駄話をする--そんなエッセイ集を作りたい」と著者が書いているが、まさにその通りのエッセイ集に仕上がっている。

この本が図書館に入ったのは発行された1991年だろうか、きっと多くの人が読まれたのだろう、いいなぁ・・と思うエッセイのペ-ジには折った後がたくさんある。本のタイトルから、救いを求めた人もいるかもしれない。

「私はあなたの人生の傍役」
誰もが自分の人生は自分のものと思っている。すなわち、自分自身が自分の人生の主役だ。これは当然だ。でも著者は、あなたは他人の人生の傍役だという。奥さんはご主人の為に一生懸命尽くすが、あなたは奥さんの人生に尽くしてますか?・・と
生きるということは、全てこのように人と人とが繋がっている。言われてみると当たり前だが、いい言葉だ。このエッセイにも多くの折り跡があった。

「愛するとは」
『恋』は誰でも出来るが、『愛』は誰でも出来るわけではない。恋と愛とは違うと著者は言う。
あばたもえくぼとはよく言ったもので、人を好きになると欠点でもよく見えてしまう。恋は盲目。そしてその恋を禁止されたり、潜んですると益々のめり込んでいく。不倫もそうでしょうか。相手への美化と情熱、これが恋。
愛はそれがさめて、相手の欠点も全部把握して、努力と忍耐で続けること。愛の第一原則は『捨てぬこと』と。愛こそ、相手と作り出すもの。

こんないい言葉が、いっぱいのエッセイ集です

---------------------------------

米国の下院が、政府の75兆円の補助案を否決しました。とんでもない国ですね。自分の選挙対策だけを考えて、世界経済の危機的状況を全く考えていない。困ったものです。

日本のバブルの時には、日本発の恐慌はだすなと叫んだ国ですよ。自分の国は発の危機を広めておきながら、恐慌へと落ち込むのを防止する為に出された政策を拒否するなんて、信じられません。
これ以上連鎖が広がらないのを祈るばかりです。

歯の具合が悪くなったので、土曜日に予約を入れようと思っていたら、別の歯の詰め物が取れてしまった。明日は大嫌いな歯医者に行かないと行けません(笑)

Img_0022

| | コメント (10)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »