« 牛窓散策 | トップページ | 「名医」のウソ 児玉知之著 »

2008年10月15日 (水)

容疑者Xの献身 東野圭吾著

私の評価 ☆☆☆** 2008年10月読書

今公開されている同名映画の原書。本屋で思わず手に取った。いつもながらの観る前に読むだ。

別れた夫に付きまとわれ衝動的に殺害した隣室の女性に片思いの男、天才数学者がこの女性を助ける為に完全犯罪に見せかける。
警察は数学者の罠にはまり、容疑者を確定できない。

そんな時、ガリレオこと湯川が登場する。偶然にも天才数学者と湯川はかつての親友。親友だからこそ、警察には見えないものが見えてくる。
そして、予想も出来ないカラクリが・・・・・

著者の本にしては、珍しくいいラストシーンだった。

----------------------------------

今日は会社をサボってしまった。ちょっと後ろめたく、半分後悔^^;
月曜日に首の癌部分が急に腫れて痛みが出たので、急遽予約を入れて通院してきました。
予約時間は12時30分。朝11時まで仕事が出来たけど、『休んだら』の妻の一言で、決定(^-^) 診察終了が14時前。これから会社に行けば15時から仕事が出来る。でもコーヒーを飲みに吉備高原へ^^。

少し色付いてきた木々の中にあるベンチに座って、野菜ケーキと大好きなモカ・コーヒー。最高の時間を過ごしました(^-^)
我が家にも、100坪くらいある庭が欲しいな・・・と(笑)

北海道旅行の時に、ナイフをもって行きました。果物を食べる為に、私の髭剃り等を入れている出張用ポーチに入れて。その時は、手荷物を預けたので問題ないのだが、
先々週と先週の東京出張時はそのまま鞄に入れて飛行機へ。

先々週は私も入れているのを忘れているし、空港のX線検査にも引っかからなかった。先週は行きの岡山空港ではX線をパス。ホテルでポーチを開けてビックリです、まさか入れたままになっているとは思ってなかったので。
帰りもそのままで大丈夫だろうと思ったら、羽田でしっかり見つかりました(笑)
悪いことは出来ませんね^^

でも、何度もX線検査をパスしたんですよ。これには驚きました。

Img_0078

|

« 牛窓散策 | トップページ | 「名医」のウソ 児玉知之著 »

コメント

何回も読みました。3・4回かな(笑)

>最高の時間を過ごしました。

野菜ジュースとモカ・コーヒーで静かに時間を過ごしている夕凪さんを思い浮かべています。

投稿: hirobou | 2008年10月16日 (木) 18時13分

hirobouさん こんばんは

この喫茶店までは44km、ほぼ1時間の距離です。でも行く価値のある店ですよ。いつかご案内します。

3,4回も読んだのですか? それは凄い!よっぽどお気に入りだったのですね。

投稿: hirobouさんへ | 2008年10月16日 (木) 21時57分

これ役者さんが気に入った映画です♪
やはり先に小説ですかね(笑)

空港の警備もややいい加減なのでしょうか・・

投稿: Miller | 2008年10月17日 (金) 09時29分

原作を読んでから映画を見ると、安心して観れます(笑)
今夜から始まる「流星の絆」、これも東野圭吾ですもんね。本も読んだので楽しみです^^

投稿: pocky | 2008年10月17日 (金) 18時51分

Millerさん こんばんは

映画も面白かったですか? 私も観に行こうと思ってます。

金属製品が色々と入っているから、見つからなかったのでしょうね。
精度はいまいちなのでしょう。

投稿: Millerさんへ | 2008年10月17日 (金) 21時18分

pockyさん こんばんは

流星の絆も楽しみですね。我が家も録画予約してます。
段々とHDDが満杯になってきてます(笑)

投稿: pockyさんへ | 2008年10月17日 (金) 21時19分

夕凪さん、こんにちは!
思ったより、早く借りられました。
私も今から読みますよ~。
映画はお金かかるので観に行かないかもっ(笑)。

それからたまには気持ち切り替えて休むのも手ですね。
そうすると次の日張り切って会社に行けますよ。私はそう
いうときは少し早く出社します。
調子は少し良くなったのかしら?お大事に。

投稿: ふみたろう | 2008年10月19日 (日) 07時58分

ふみたろうさん こんばんは

私は夫婦50歳割引で一人1000円で見てますよ。ふみたろうさんは若いからね^^

大分調子よくなりました。有り難う。いつも不安をだかえて暮らすのはしんどいですね。

投稿: ふみたろうさんへ | 2008年10月19日 (日) 13時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛窓散策 | トップページ | 「名医」のウソ 児玉知之著 »