« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月29日 (月)

一年間有り難うございました

早いものですね、あっという間に一年が過ぎ、今年も後二日になりました。
辛いこともありましたが、楽しいことも沢山あり、過ぎ去るといい一年だったと思います。

年初に立てた今年の4つの目標を振り返ってみます。

1.病気を治す。 まずこれが一番です。
  これは未達成。
  効果を期待して毎日通った酵素風呂では治すことは出来なかった。これは期待
  しただけに、残念でした。
   でも、8月から始めたビタミンC点滴、これには期待してます。目標達成は来年送
  りです。  

2.メモを取る
  手帳を真黒にするぞ、と意気込んだが、斑があった。習慣を変えるのは、なかな
  か難しい(笑)

3.週末を楽しむ
  これは達成かな^^ 近場の散策や写真は随分楽しみました。でも年初に具体的
  に挙げた項目を具体的に見ると、なかなかです。
   釣り  : チヌ釣り1回、キス釣り2回、メバル釣り数回。ちょっと少ないかな。
   旅行 : 海外は行かなかったけど、北海道と鹿児島。十分だな。
   写真 : お気に入り12枚は全然駄目、段々と自分の写真を見る目も厳しくなり、
        なかなか腕も上がらないし、お気に入りも増えない。

4.早寝早起き
  これは未達成。 相変わらず、朝が弱い。早く寝ればいいのだけどね(笑)

まあまあかな(笑)

今日は畑の大根と人参に不織布を張りました。農家の地主さんに、霜でやられるから張った方がいいとアドバイスされたので。
大根はもう食べれる大きさですが、土から出ている部分が霜でやられるそうです。食べる時に抜きに行ってるから、やられたら大変です。
そう、週末の楽しみに家庭菜園が加わりましたね(^-^)

今年の更新はこれを最後にします。また来年、お会いしましょう。

一年間、本当に有り難うございました。 

Img_0480_sazanka

今年最後の写真は、やっぱりマクロにしました(^-^) 来年は腕を上げるぞ!

| | コメント (7)

2008年12月28日 (日)

ベーコン作り

年賀状を出してきました。例年にない早い投函です(笑) ちゃんと元旦に届いてくれると嬉しいのですが・・

自分のプリンターが壊れたので、印刷作業は大変でした。字が下手なので、コメントも印刷してます。だから、一枚書いては、リビングに行って葉書をセット、2回の机に戻って印刷開始をクリックです。
健康にはいいのでしょうが、疲れました(笑)

でも一家に2台もプリンターは要らないし、これからはずっとこのパターンですね。元々、単身赴任の時に買ったものですから。
お陰で机周りが少しすっきりしました^^

今日はベーコンを作ってます。作り方は簡単です。
一週間前に塩と香料を刷り込み、冷蔵庫に寝かします。前日に塩抜き、朝2時間ほど日陰に干します。50℃で2時間乾燥してから、55℃で5時間スモーク。でも温度設定が成り行きだから、これが難儀です。
でも、美味しいから、この苦労もいといませんね。5月6日(写真あり)以来です。早く食べたい^^

昨夜 23日に行った東京の写真をHPにスライドショーでアップしました。宜しければ見てください。写真下の▷をクリックするとミッドタウン、六本木、けやき坂、東京タワーの順で見れます。

Img_0316_momiji

| | コメント (2)

2008年12月26日 (金)

仕事納め

今日は寒いですね。日中は14℃でしたが、夕方の帰宅時には6℃まで下がってました。県北の蒜山では、24cmも雪が積もったとTVで流れてました。
明日の朝は相当冷え込むのでしょうね。

この寒波は全国的なものなのでしょうか。今日の岡山-札幌便が欠航になったと出てます。北海道も大雪なのでしょう。

今日は仕事納め。午後から出社して、しっかり整理してきました。会社の休みは30日からなので、29日も出ようかなと思ってましたが、やっぱり今日で終りにしました^^
体調の為に閑職に移動したので仕事面では全然面白くない一年でしたが、働けるだけで、そして給料が貰えるだけで幸せと思わないといけないのでしょうね。なかなか気持ちの整理が出来ない夕凪です。

でも、一年間ご苦労様と妻に言われて、苦労が飛んでいきました(^-^)

クリスマスは終わったけど、今日もケニーGのクリスマス(The Holiday Album)を聞きながら書いてます。 やっぱりこの人のサックスは最高です^^ 今度来日したら、コンサートに行こうかな。
来年、平原綾香が岡山に来るので、チケットを買ってきました(^-^) 楽しみです。

これから年賀状です。いつもなら、自分のプリンターで印刷ですが、先週末に壊れてしまった。仕方ないので、妻のプリンターにネットワークで繋いで印刷。ちょっと難儀です。

Img_0329_momiji

僅かに残る我が家のモミジ。

| | コメント (12)

2008年12月24日 (水)

東京のイルミネーション

Img_0370_mid 先程21時半頃に東京出張から戻ってきました。我が家のクリスマスイブの行事はなしです(笑)
でもでも、昨日の祝日に妻と東京に行って、東京のイルミネーションとクリスマス・ディナーを楽しんできました(^-^)

東京に着いたらまずホテルへチェックインして、買い物へ。有楽町で降りて、銀座をぶらぶら。歩行者天国になっていたけど、まっすぐ歩けないくらいの凄い人でした。
Img_0390_keyakiシステム手帳をと、いとう屋に行ったけど、ここも凄い人。真剣に探すことなく出てきました(笑)
そして次はTUMIショップへ。

出張用鞄の肩掛けが破れてきたので、修理or購入が目的です。うら覚えの店をやっと見つけて入ると、なんと肩掛けのベルトだけで、7500円。思わず『高~!』と言ったら、店員に不思議な顔をされました。
まあ高い鞄だから、みな文句も言わずに買うのでしょうね。ベルトだけですよ! 私も買っちゃいましたけどね(笑)

16時半、少し暗くなってきた。やっぱり東京は日暮れが早い。次の目的地、東京ミッドタウンへ。地下鉄日比谷線を六本木で降りて、ミッドタウン方面の出口に出ても、どの方向へ歩けばいいのかさっぱり分からない。
地図を見て歩きだそうとすると、妻が人に聞いていた(笑)

Img_0415_dezato ミッドタウンでは「イルミネーションは直進」と書かれたプラカードを持つ人が立っており、人も凄い。丁度富士フィルムの写真館で風景写真100人展をやっていたので立ち寄る。素晴しい写真ばかりでした。予定外のものを見れて、最高です^^

イルミネーションは凄い人、身動きできないくらいでした。我々田舎者だけでなく、東京の人達も見に来るのですね。上の写真のように、芝生広場に青い宇宙と星座が表現されており、綺麗でした^^

Img_0429_tokyo Img_0448_tokyo 次に向かったのは、六本木ヒルズとけやき坂。2枚目の写真がけやき坂のイルミネーションと東京タワーです。 どこも綺麗ですね。

7時にディナーを予約していたので、芝公園へ。フランス料理のタテル・ヨシノのクリスマスコースです。ミシュラン一つ星とあったので、予約してみました。
予想通り、美味しかった(^-^) 写真は最後のデザートです。

そして最後に東京タワーへ。クリスマスだからでしょうか、東京タワーのライトアップも変わっていきました。

最後は東京タワーの展望台からの夜景です。ゆっくり一週回りましたが、ほんとうに綺麗。倉敷では味わえない、大都会の楽しみです。是非、拡大して見て下さい。遠くに見えているのはレインボー・ブリッジです。

先日の家計簿消しはこれで勘弁してくれるかな(笑)

Img_0439_yakei

久しぶりにケニーGのクリスマスソングを聞きながら書いてます(^-^)

| | コメント (9)

2008年12月22日 (月)

恐怖の存在 マイクル・クライトン著

私の評価 ☆☆☆☆* 2008年12月読書

環境問題として地球温暖化が大きく叫ばれ始めたのはいつの頃からだったろうか?COP3京都会議で日本は6%の排出量ダウンを決定したが、削減は全く進んでいない。
そして今年、2020年までに50%削減が議論されている。

本書はこのCO2排出と地球温暖化を扱ったサスペンス。ただ普通の小説と違うのは、温暖化に関する膨大なデータが出てきて、温暖化問題そのものを読者に考えさせるものになっている点だ。

著者は、ジェラシック・パークも執筆している。これは小説としても最高の出来で、映画も面白かった。しかし著者は単なる面白さだけでなく、遺伝子操作、そしてそれを用いて絶滅した動植物を現代に甦らせることの危険性を訴えていた。
そして今回、本書で温暖化は本当か?と問いかけ、これでもかと言うくらいに現実のデータを提示している。

サスペンスは、環境活動家が自分達の活動資金を得る為に、温暖化危機を煽り、一般市民にその危機をアピールする為に自然災害を人為的に起こそうと暗躍する。それに対抗して、ひ弱な弁護士達がそれに立ち向かっていく。

確かに環境活動家の中はデータに基づかず独善的に自分の主張だけをして、暴力に訴える人達がいる。いや環境だけでなく政治家だったそうだ。
例えば、捕鯨反対。調査捕鯨で鯨が増えているといっても聞く耳すら持たず、捕鯨船に銃撃したり火炎瓶を投げたりしている。人命よりも鯨の命、おかしな話だ。

イラク戦争もそう、『大量破壊兵器』がありそれが使われると大変だと、イラクに侵略したブッシュ米国。実際には兵器はなく、意図的な情報操作が仕組まれていた。使われもせず、存在すらなかった大量破壊兵器を叩く為に、一体何人の人が死んだのだろうか?
目的を達する為に、何ら関係のない民間人を殺害していいのだろうか?

本書を読むと、温暖化も本当は誰かに仕組まれたものではないかと思えてくる。これをアピールして得するのは誰だろう? 排出権取引に絡む人達だろうか・・・・

お勧めの本だ。

---------------------------------
東京では4月の気温だとか、ニュースで暖かいと言ってますが、倉敷は午前中から冷えてきました。昼の散歩は強し西風に煽られ、ジャンバーなしの作業服だけだったので、ほんと寒かった。また寒波が来るのでしょうか。

昨日は妻のパソコンのハードディスクを整理したのですが、家計簿のデータファイルを間違って消してしまった。私の完全なミスなんだけど、怒られてガックリと落ち込みました。頭も痛かったのでダブルパンチです(笑)
復活してあげたいけど、消したものはどうしようもありません。

その上、夜中に唾液が気管に入りかけて激しくむせて咳き込み大変でした。只でさえ最近良く寝れてないのに。最悪の日曜日でした(笑)

Img_0340_neko

我が家のネコちゃんです。愛嬌があるでしょう(^-^)

| | コメント (10)

2008年12月21日 (日)

ちょっと頭が痛い

目が覚めると、朝日が差していない。雨で道が濡れているドン曇りの朝だ。朝日の当たった水仙を撮ろうと思っていたので、残念でした。
最近は日曜日に雨が多いので、困ったものです。

来年はシステム手帳を変えようかなと思い、文具店へ。やっぱり倉敷は田舎です、欲しいものが置いてない。少し薄型のものが欲しかったのですが、また東京で探そうかな。
でも、勿体ないかな・・・とも思いますね。
なんせ、あまりまめに書くタイプではないから(笑)

スケジュールはANAが送ってくれる薄手の手帳、仕事はシステム手帳、日常のメモは破って捨てれるメモ帳と3つを使ってます。
なんとか一つにならないかなと思うけど、毎年このパターンです。せめて二つにしたい。

そのあと、妻の買い物に付き合っている内に頭が痛くなってきた。 あっ、私の買い物にも付き合ってくれたのですよ(笑)
朝から出歩いたので、疲れたのかもしれません。昼食後、少し昼寝して、少し回復です。

携帯電話を機種変しました。こんどはドコモN706iです。最新型の一つ前の型で、溜まっていたポイントで無料交換でした。
電話とメールしか使わないけど、昨日点滴をしているときにワンゼグでTVを見ました(^-^) しんどくなってきた時に、これは助かりますね。無料なら、もっと早く交換しておけば良かったと、ちょっと後悔です。

庭のもみじは綺麗に紅葉することなく枯葉になってます。少し残っている葉を撮ってみました。あまり綺麗じゃないけど(笑)

さあ、また一週間頑張ろう!

Img_0320

| | コメント (2)

2008年12月20日 (土)

寝過ごした(笑)

今日は寝過ごしてしまった。6時45分に起きるつもりが、目が覚めたのは7時25分。7時半には家を出て、医大で採血して、9時までにビタミンCの点滴に行く予定だった。
でも、しっかり遅れました(笑)

朝は霜が降りて、一面真っ白。でも日中は18℃まで上がって、風もなくいい天気だった。釣りに行きたいな・・と思うが、そこは年末、散髪に行った。
すっきりしましたよ、これで気持ちよく新年が迎えられます(^-^)

毎週楽しみに見ていた風のガーデンが終わりました。自らの癌をおして頑張って演技してくれた緒形拳さんには、本当に感謝です。番組の最後にご冥福をお祈りしますと出ましたが、視聴者皆さんもお祈りしたことでしょう。

日本人の3人に1人は癌に掛かると言われています。ドラマで取り上げた終末医療は、これからもっと議論されて充実していって欲しいと思います。
いつかは自分もですからね。

それにしても、倉本聰さんの脚本は素晴しいですね。これが最後と言われてますが、もっともっと作品を書いて欲しい。
でも欲を言うと、12回ではなく30回や50回くらいのドラマにして欲しい。そうすれば、もっと心を描き出すことが出来ると思う。 
放送局が3ヶ月毎に番組を変更するので、無理なのかな・・

下の写真、何だと思いますか? 綺麗でしょう^^

Img_0337_berry3

ブラックベリーの紅葉です。今年出た新しいシュートの葉です。来年も沢山実が付く予感です(^-^)

| | コメント (10)

2008年12月18日 (木)

知床 森と海の祈り 立松和平著

私の評価 ☆☆☆** 2008年12月読書

著者のぼくとつとした喋りが好きで何冊が読んできたが、本書は宗教色の強い本となっている。素朴で自然と共存している知床の生活と宗教、著者らしい。

開拓の話は凄い。知床五胡の手前の草原が、幾度となく開拓に挑戦したあとだとは全然知らなかった。あそこで這いつくばって耐えたのかと、今年知床を旅行したので、身近に感じた。

定置網に掛かる鮭を鮭側からの視点で書いているのも面白い。我々人間から見ると食料だし、漁師の生活の糧だが、鮭の側から見ると大量虐殺。逃げようともがくと体温が上がり鮭が痛むから氷で冷やされる。災難としか言いようがない。

でも漁師達は彼らの死によって自らが生かされていることを知っている。農業もしかり。

自然保護を叫ぶが、人が管理するからこそ今の自然がある。自然と人との共存、知床はそれを教えてくる。
読んでいると、彼の声が聞こえてきそうだった。

--------------------------------------------------
朝の通勤時に手袋が欲しくなってきました。鞄を持つ手が冷たくなります。そして昼の散歩の時も。
色付いた木々を見ながら、この角度からこう撮ったら綺麗かな・・・と考えならが散歩してたけど、もう殆ど葉が落ちて楽しめなくなってきました。ちょっと残念です。

少しでも病気をやっつけようと、玄米弁当を作ってくれています。いつも早めに起きて、本当に感謝です。
でも今日は、蓋を開けてビックリ、サンマの甘露煮が入っていた。
昔から嫌いなものです。でも折角作ってくれたので、食べないわけには行かず・・・・
美味しい(笑) 
若い時とは味覚も随分と変わってきたのでしょうね(^-^)

Img_0301_suisen

| | コメント (6)

2008年12月17日 (水)

日帰り出張

東京に日帰り出張してきました。早めの17:50羽田発の飛行機で帰ってきたけど、やっぱり日帰りは疲れます。

実はこの出張、前日までは静岡出張と思い込み、ホテルも予約してました。会議のメンバーから当然のように、静岡だと信じ込んでいた。
新幹線の切符を取ろうとして、待てよとTEL確認したら、東京! 危機一髪でした(笑)
ほんとドジです。

今日の倉敷は快晴、東京が雨だなんて全然思いもしなかった。名古屋を過ぎた当たりから雲の中、激しく揺れました。そして東京は雨。ウッソーでした^^
空港のトイレに行くと、ビニル傘が置いてあったので、借用。帰りに切符売り場に置いてきました。皆さんの使いまわしですね。

先日何気なしにテレビを点けると、タワーリング・インフェルノをやってました。新築高層ビルの火災の映画です。もう40年近く前の映画でしょうか、途中からですが懐かしく観ました。
必死で逃げ遅れた人達を救助しようと、スティーブ・マックイーンふんする消防士たちが崩れるビルに突入していきます。
かっこいいけど、観ていると、9.11の惨事を思い出しました。

パリのデパートに爆弾が置いてあったとか、もう無差別殺人テロは止めて欲しい。

Img_0308_pink

ダイヤモンド・リリー もう蝶もいないのに、どうやって受粉するのだろう?

| | コメント (4)

2008年12月16日 (火)

あの日にドライブ 荻原浩著

私の評価 ☆☆*** 2008年12月読書

左遷に反発して会社を辞めた40代の牧村、ドライバーとしてタクシー会社に勤務するが成績は上がらない。仕事は面白くなく、家族からも孤立しかかっている。
そんな状態だから、学生時代の恋人と結婚していたら、あの会社に勤めたら・・・と人生の分岐点から違う人生を空想する楽しみを見出した。

そんな牧村に、同窓会の案内が来る。そこで学生時代の恋人と会える・・・と思い巡らすと、空想がどんどん大きくなる。
でも面白いのが、空想の中で出てくる娘の顔が自分の娘の顔になったり、奥さんの顔が現実の自分の妻になったりする。根本的には自分の人生を受け入れているのだろうと思う。
しかし、やがて、ストーカー紛いに彼女の家を訪ねる。勿論近くの空き地に止めて、眺めるだけだが、そこで思わぬ長距離の客を掴む。
同じように、昔就職を考えた会社を訪ねようとすると、長距離の客を掴む。

客を掴むことで、タクシードライバーとしての創意工夫の必要性に気付き、前向きに取り組むようになる。徐々に収入が増え、自分の人生を取り戻していく・・・

読んでいて真っ先に思ったのは、世の中の男性でここまでの想像をするのだろうか?ということ。少なくとも私はしたことはない。自分で決めた人生だから、前に進むのみだ、と私は思う。
だから自分の病気に関しても、もっと発見が早ければと人は言うが、気が付かなかった自分の責任だからと受け入れている。早ければ・・と想像すらできない。
だから、読んでいて、「なんと女々しい男だ、もう止めよう」と何度も思った。でも折角借りた本だから、最後まで読んだが。

--------------------------------------

今日は足腰腕が張っている。たった2ゲームしただけなのに、なまった身体ねと朝から笑われた。
でも会社に行くと、若い連中も痛いと騒いでいたので、一安心でした(笑)
日頃、スポーツをしてないと年齢に関係なくそんなものなんですね。

今朝の新聞を見て、スズキがWRCラリーから撤退と出てました。そして先程ネットを見ると、スバルも撤退と。
ホンダもF1から撤退したし、どの企業も生き残りで必死ですね。誰がこんな急激な不況を想像できたでしょう。来年が心配です。
それにしても、スバルの撤退は残念です。

NHKの大河ドラマ『篤姫』が終わりました。あおいちゃんの魅力と素晴しい脚本で、しっかりと一年間楽しませてもらいました(^-^)

Img_0309_suisein2

水仙が咲き始めました。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

抗老期 上坂冬子著

私の評価 ☆☆*** 2008年12月読書

老いをどう笑い飛ばし楽しく生きるか考えるようになった、50代半ば。書名に釣られて手に取った。とわいえ、この著者の性格があまりにもかけ離れており、内容はいまいちだった。
この手の本を読むならば、好きな作家の書いたものでないと駄目だと改めて感じた。

老いを感じるのはどういう時だろうか、著者はその一つとして『昔のことを鮮明に思い出す』ことと言っている。これは同感だ。
30代、40代の頃よりも、その頻度が上がっているように感じる。でもあの時こう決断すればよかったと人生をやり直したいと思うようなことではない。やっぱり懐かしいのだろうと思う。

口では若返りたいと言っても、人生のやり直しなど真っ平だ。それは著者も一緒、『残された日々を機嫌よく過ごせればいい』と。
やはり人生は一度だけ、喜びも悔いも、成功も失敗も全て自分の人生だから、それでいい。

『物忘れ』これも老いの一つだろうか、著者はフランス旅行でのエピソードを語っている。可愛い化粧ポーチを見つけたので、それを買って使っていたが何処かで置き忘れたと。探索を依頼したホテルマンに中身はと聞かれ、「肩こり用のマグネット、白髪隠し・・」と言ってぞっとしたとか。思わず笑ってしまった。
確かに若い頃に比べると、物忘れは増えた。これからどんどんこういうことが増えるのだろうが、まあ仕方ない。これも楽しまなくてはと。

『定年』も一つの老いだろう。著者は『決定的な落ち度があって首になるのなら分かるが、年齢で職を奪うのは残酷だ』という。
今までそんな風に考えたこともないが、確かにそうかもしれない。60歳というのは老いの自覚を打ち消したい年齢であり、現役への未練の絡む年代だ。むしろ定年は延ばせばいいというものではなく、むしろ短縮するのが温情だと著者はいう。
年金の支給が65歳になり、定年がまた延びようとしている。著者に全く同感です。早めに定年して、生活できる保障制度を考えて欲しいものだ。

好きではないと言っても、色々と考える機会を与えてくれた本だった。

--------------------------------------

今日は空が綺麗でした。透き通った青空で、色も濃かった。昼の散歩では上を向いて歩いてましたよ。昨日の雨と風で空気中のゴミが飛んだのでしょうか。

昨日は夕方から雲が切れてきたので、夕食後に釣りに行ってきました。もう半年振りくらいでしょうか、メバリングで挑戦です。
釣果は地球ばかりでした(笑) 根係ばかりさせて全然釣りにならずで、坊主です。やっぱりメバリングは難しい。次は探りで狙おう^^

でも久しぶりに夜の海で竿を振ったので気持ちよかった(^-^) やっぱり家に篭ってばかりでは駄目ですね。

Img_0296_sazanka
庭のサザンカです

追記 今日は職場のボウリング大会でした。一年ぶりのボーリングです。たったの2ゲームですが、手首が痛くなってます。 スコアは108と142。全然思った所に転がって行きません(笑) でも楽しかった^^

| | コメント (6)

2008年12月13日 (土)

解雇が広がる

毎日、秋のような温かい日が続いてます。そのせいか、サザンカ、水仙、ダイヤモンドリリーが咲き始めました。去年より少し早いように感じます。

一方、経済の方は全然おかしくなってますね。麻生さんが何もしない間に、どんどん悪くなってます。全員に配る給付金なんか止めして、そのお金で早く対策をとって欲しいものです。

世界中で工場の停止や解雇が進んでます。日本も例外じゃないし、私の勤めている会社も。ほんと怖いほどのスピードです。

対策は来年は良くなると、世界中の人達に思わせることでしょうね。そう思えば、お金を使う。みんなが物を買えば、経済はいい方向に動きます。
そんな政策が必要です。

総選挙も一つの手ですね。夢を語れない首相ではよくなりません。若手の政治家に頑張って、大再編をして欲しいものです。

いま妻が畑から大根を抜いてきました。もう市販の大きさに育ってます^^ 嬉しいですね。初めての収穫です(^-^)
これで当分、大根は買わなくていいです。 あれ、上と逆行ですね(笑)

暗いニュースばかりですが、昨日だったか、嬉しいニュースが流れました。小4の女の子が新種の化石を発見して、その名前に自分の名前がついたと。
父親と探しに行って見つけたらしい。いいですね。

私が北海道で通っていた小学校への道の横にも、化石が採れる崖がありました。毎日貝の化石を採っては川に投げたものです。懐かしい思い出ですね。

Img_0305_pink2

明るく、ピンクの世界にして見ました
ダイヤモンドリリーです

| | コメント (6)

2008年12月10日 (水)

「人生の答え」の出し方 柳田邦男著

私の評価 ☆☆☆** 2008年11月読書

書名から予想した内容とは異なり、死を目前にした人達の『自らの人生の受け入れ』が主題だった。そういう意味で、重たい内容だった。

その中で、『生きがい療法』を実践している倉敷の伊丹先生のことが紹介されている。地元なのに全然知らない。自分の無知が恥ずかしくなった。
『"死"に向かって生きるのではなく、"生”に向かって生きる。そうすることで、いずれ訪れる死も、人生の人生の素晴しい別れとなるのだと思います』
深い言葉だ。

本書はこれに限らず、癌の闘病記とその人の生き方が多く描かれている。いかに前向きに戦っていくか・生きていくか、その大切さを教えられる。

----------------------------------

今日は暖かでした。車外温度計は昼休み頃には18℃を示してました。11月上旬の気温だとか。歩いていてもほっとする気温です。

今日は誕生日、沢山のメール有り難うございました。
歳はとりたくないけど、やはり嬉しいものです。

Img_0166_cake3

| | コメント (14)

2008年12月 9日 (火)

往生日和 倉本四郎著

私の評価 ☆☆☆** 2008年12月読書

誰しも中年以降になると、年老いた親をどうするのか頭を悩ます。昔と違い、親元から離れて独立した家庭を築いているので、昔と違いそのまま老後の世話をというわけには行かない。ましてやこの世代は、子供の教育や家のローンなどで自分の生活にいっぱいの状態だ。

本書は両親を引き取った末っ子夫婦と父、兄弟たちの確執など、最期の数ヶ月間を物語る。

既に脳梗塞で右側が麻痺している父が再び倒れた。既に心臓が止まり呼吸もしてない。そんな父にしがみつき泣く息子を上空から眺める父親。もう死ぬのかなと眺めていると、三途の川を渡り冥土の入り口で引き返した。

生き返ったのはいいが、今度は左側も麻痺。そんな父、息子が支える。

--------------------------------------------

飛行機の時間は9時20分、泊まったのが神保町だったので、ホテルを7時45分に出発した。地下鉄は満員、入り口の人を押して入ったが、直ぐにホームに押し出されてしまった。再度押し込み無事に乗車。
こんな満員電車は久しぶりです。よく東京に住んでいたな・・と自分で感心です(笑)

しかし、飛行機は機材の故障で大幅遅れ。少しずつ出発時間をずらして、最後は機体と登場口の変更で50分遅れに。
朝から疲れました。最初から分かっていたらホテルをゆっくり出たのに・・ でも無理な注文だな。

たっぷりの時間は新聞と読書。まあ、これも良しですね。
ネットショッピングで『男性用ブラジャー』が好調とか。先月は700枚も売れて、生産が追いつかないと出てました。以前は、女装趣味とか性の不一致の人が購入していたが、最近は仕事上のストレス解消でブラジャーをする男性が増えたとか。 信じられない世界です。

結局、岡山には1時間遅れで到着。出社する予定だったが、止めにしてそのまま点滴に。

夕飯には、間引き大根菜の菜っ葉ご飯。美味しかった^^ 妻に感謝です。

Img_0337_bikantiku

こんな家に住みたいな

| | コメント (10)

2008年12月 8日 (月)

隕石が生命を作った!?

今日も朝方は随分と冷え込んだ。妻の10分後に居間に降りてきたが、それでも寒い。そろそろタイマーでファンヒーターを起動して、部屋を暖めないと駄目だ。

今日の新聞に面白い記事が載っていた。「生命の源 隕石衝突で誕生か」と。

私が知っていたのは、ミラーが52年に行ったメタン、アンモニア、水蒸気からなる原始大気組成に放電してアミノ酸が出来るという話だった。
ところがその後、原始大気は二酸化炭素と窒素、水蒸気が主成分だったという説が有力となり、原始大気にアミノ酸がどうやって出来たのが謎となっていた。

今回、水、窒素、炭素、鉄、ニッケルなどを封入して、秒速1km/秒で衝突させることで、アミノ酸、脂肪酸、アミンが生成するのを確認したようだ。
原始地球には月に見られるように多くの隕石が衝突したと考えられており、これで生命の源が明らかになったのではないだろうか。

でも生命を持たない単純な有機物が、どうして命を持つ物までになったのか、どうしてDNAみたいなものが出来てきたのか、興味は尽きない。
研究が進むのが楽しみだ。

今日は学士会館の和食レストランで食事。ここは今は亡き友人の結婚式をやった所。懐かしくもあり、生きていれば・・・と思う。
建物の外には、野球のボールを持った手のモニュメントが設置されている。碑文を読むと、明治5年に東京大学の前身の学校で野球が教えられたらしい。

| | コメント (2)

2008年12月 7日 (日)

グラフィックボードを取り付けた

Img_0291_kareta 昨日は寒い一日でした。街路樹の銀杏もすっかり葉を落とし裸になってます。一気に街が寒々としてきました。

そんな中でも、しっかり畑仕事をしましたよ。人参の最終の間引きと大根の間引き。しっかりダウンジャケットを着たので寒くはないが、手が冷たかった。
今日はポットで発芽したスナップエンドウを畑に移植。 玉葱を植えようと苗を求めに行きましたが、もう売ってなかった。やっぱり11月中には植えないと駄目なようです。

あんなに頑張って咲いていたサルビアが、今日の初霜で一気に枯れてしまいました。手前の黄色い花も完全にアウトです。
霜の威力は凄い、驚きです。先ほど全部抜きました。

娘の車のキーを貰いに行ったら、車を持ってこないと駄目とのこと。えっ!と思ったが、イモビライザーが付いているから、当然ですね。新しいキーを車のコンピュータに登録しないとエンジンも掛けられません。

店内を見渡すと、1月から5-7万円値上げすると表示されてます。フォルクスワーゲン、ドイツの車ですから、ユーロ安が堪えているのでしょう。 でもユーロ高の時には値下げなんてなかったのに、勝手なものです。

先週の韓国では、1万円が14.7万ウォン。去年の倍の円の価値です。全てが安く感じました。実体経済に関係なく、為替がこんなに動いていいのかと思いますね。
財布の中にあるのは、これまでの出張で残ったお金、一体幾らで精算すればいいのだろう。

グラフィックボードを付けました。ゲームをするわけではないので、一番安かったASUSのEN8400GSです。これで快適になるぞと、早速取り付けると、ドライバーのインストールが出来ない。途中で『チップセットが一致してません』と警告が出てストップしてしまう。

とんでもないですよね、付属のCDソフトが一致してないなんて。早速HPに苦情を送りました。このボードのチップはGeForce8400GS、仕方ないのでXPからマイクロソフトを検索してドライバーのインストールを行いました。
ところが途中で、『nvcuda.dll』がないとインストールが中断。

Yahooで『nvcuda.dll』を検索するもダウンロードサイトを見つけれず、Googleで再検索。ヒットしたブログを読んでVIDIAからダウンロードできることを発見。
やっと、ドライバーのインストールが出来ました。10分で終わる作業が、2,3時間も掛かり、どっと疲れました。

解像度を1280×768にして、快適に使えてます。でもこれからアップする写真の色目は微妙に変わるかもしれませんね。

Img_0329_syako

我が家の来るまではないですよ。街歩きでパチリです。

| | コメント (4)

2008年12月 5日 (金)

最高の人生の見つけ方

私の評価 ☆☆*** 2008年12月  

監督  ロブ・ライナー
出演 ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、他

原題はThe Bucket List、直訳すると『棺桶リスト』。棺桶に入るまでにやりたいことのリストの意で、邦題とは全然違う。確かに、直訳では日本では客が入らないかもしれない。
でもストーリーはまさに原題通りだ。

自動車整備工のカーター(フリーマン)と大金持ちで病院を経営するエドワード(ニコルソン)の二人が末期の癌を宣告される。
二人ベッドを並べて抗がん剤治療を受けるが、やがてこのまま病院で死ぬよりも棺桶に入るまでにしたいことをしようとリストを作り、退院して実行に移す。

末期医療を取り上げているドラマ『風のガーデン』で、余命数ヶ月の息子に緒形拳が『やっておきたいことは何ですか』と聞くシーンがあった。丁度この映画の主題と同じ状況だ。息子の真意は分からないが、口から出た言葉は『娘の結婚式でバージンロードを歩きたい・・』と。

このドラマの撮影が終了後に拳さんは癌で亡くなった。彼は演じながら、この言葉にどう思ったのだろうかと、ドラマを見て感じた。

そういう意味で、この映画はあまりにも軽すぎる。最後に到達するところがあるけれども、捉え方が日本人とはあまりに違うのかなと。

私は何をしたいのだろう。こう思わせただけでもいい映画だったのだろうか・・・

-------------------------------------------------
火曜日から韓国に行ってました。寒いかなと思って、ダウンインナーのコートを着ていったのに、全く不要でした。逆に岡山空港に着いたら、寒いこと(笑)
丁度寒波が来るタイミングで帰ってきたようです。

私のブログ、ココログは韓国からはコメントの返事も記事の投稿も出来ません。セキュリティ上、ブロックしているのでしょうか。台湾からも出来たし、タイからも出来たのに、何故韓国だけなのか、不思議です。

Img_0198_narukoyuri

ナルコユリの黄葉です。これだけだと寒々しいので、前ボケでピンクの花を入れてみました。

| | コメント (2)

2008年12月 1日 (月)

キーがない

今日は雲も風もなく晴れ渡ったいい天気でした。昼休みの散歩も最高に気持ちよかった^^
でもでも、我が家では一騒動が。

娘の車の鍵がなくなったのです。
どうも、先週乗った妻が何処かに落としてきたようです。鍵を借りて自分のキーホルダーに付けていたものが消えてます。
それからが大変、警察に届いてないか確認すると共に、先週の行動を思い出して、行った先々に確認の電話。 それにしても良く覚えているものです。私だったら・・・・大変です(笑)

当然、既に出社していた私にも電話が。『お父さんの車の中も探して!』 仕事中にドアを全開にして、探しましたよ^^ なかったけどね。

車って、鍵がなければ只の箱ですね。
当然動かないし、ドアも開かない。ディーラーに鍵の再発行を依頼するにも、車検証が必要と言われ完全にアウトです。
最終的には、ディーラーに鍵を開けてもらい無事に注文できたが、値段が高い。スペアを入れて4万円。ビックリです。

この車、車検証の中にプラスチックの予備キーが入っていたので、注文したキーが来るまでは当分これで動かせるので助かりました。
でもこれをベースに鍵屋さんで作ろうと考えたけど、駄目でした。これだと1000円もあれば作れるのに、イモビライザーが付いているので作動しないそうです。

Img_0186_sarubia

まだまだサルビアが元気に咲いてます。旭川は雪の下になっているのにね。

| | コメント (14)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »