« 解雇が広がる | トップページ | あの日にドライブ 荻原浩著 »

2008年12月15日 (月)

抗老期 上坂冬子著

私の評価 ☆☆*** 2008年12月読書

老いをどう笑い飛ばし楽しく生きるか考えるようになった、50代半ば。書名に釣られて手に取った。とわいえ、この著者の性格があまりにもかけ離れており、内容はいまいちだった。
この手の本を読むならば、好きな作家の書いたものでないと駄目だと改めて感じた。

老いを感じるのはどういう時だろうか、著者はその一つとして『昔のことを鮮明に思い出す』ことと言っている。これは同感だ。
30代、40代の頃よりも、その頻度が上がっているように感じる。でもあの時こう決断すればよかったと人生をやり直したいと思うようなことではない。やっぱり懐かしいのだろうと思う。

口では若返りたいと言っても、人生のやり直しなど真っ平だ。それは著者も一緒、『残された日々を機嫌よく過ごせればいい』と。
やはり人生は一度だけ、喜びも悔いも、成功も失敗も全て自分の人生だから、それでいい。

『物忘れ』これも老いの一つだろうか、著者はフランス旅行でのエピソードを語っている。可愛い化粧ポーチを見つけたので、それを買って使っていたが何処かで置き忘れたと。探索を依頼したホテルマンに中身はと聞かれ、「肩こり用のマグネット、白髪隠し・・」と言ってぞっとしたとか。思わず笑ってしまった。
確かに若い頃に比べると、物忘れは増えた。これからどんどんこういうことが増えるのだろうが、まあ仕方ない。これも楽しまなくてはと。

『定年』も一つの老いだろう。著者は『決定的な落ち度があって首になるのなら分かるが、年齢で職を奪うのは残酷だ』という。
今までそんな風に考えたこともないが、確かにそうかもしれない。60歳というのは老いの自覚を打ち消したい年齢であり、現役への未練の絡む年代だ。むしろ定年は延ばせばいいというものではなく、むしろ短縮するのが温情だと著者はいう。
年金の支給が65歳になり、定年がまた延びようとしている。著者に全く同感です。早めに定年して、生活できる保障制度を考えて欲しいものだ。

好きではないと言っても、色々と考える機会を与えてくれた本だった。

--------------------------------------

今日は空が綺麗でした。透き通った青空で、色も濃かった。昼の散歩では上を向いて歩いてましたよ。昨日の雨と風で空気中のゴミが飛んだのでしょうか。

昨日は夕方から雲が切れてきたので、夕食後に釣りに行ってきました。もう半年振りくらいでしょうか、メバリングで挑戦です。
釣果は地球ばかりでした(笑) 根係ばかりさせて全然釣りにならずで、坊主です。やっぱりメバリングは難しい。次は探りで狙おう^^

でも久しぶりに夜の海で竿を振ったので気持ちよかった(^-^) やっぱり家に篭ってばかりでは駄目ですね。

Img_0296_sazanka
庭のサザンカです

追記 今日は職場のボウリング大会でした。一年ぶりのボーリングです。たったの2ゲームですが、手首が痛くなってます。 スコアは108と142。全然思った所に転がって行きません(笑) でも楽しかった^^

|

« 解雇が広がる | トップページ | あの日にドライブ 荻原浩著 »

コメント

釣れなかったのは残念ですねcoldsweats01

俺もずいぶん行ってないなぁdown


ボーリングもぜんぜんですsad

今はゴルフとゲームばかりですbleah

投稿: N | 2008年12月15日 (月) 23時47分

この頃強く感じます。60歳の時の人其々の年齢。40歳くらいに見える人もいれば80歳くらいに見える人も居る。60年生きていると生き方の差が表にも出てくるのでしょうか?

できる事なら良い表情の人になりたいものですね。

投稿: hirobou | 2008年12月16日 (火) 06時22分

じゃ、次はボーリングもしましょうね(笑)

投稿: pocky | 2008年12月16日 (火) 20時12分

Nさん こんばんは

ゴルフはいいよね。私もやりたいけど、費用と時間がね(笑)

来年は釣りを復活させようかな・・

投稿: Nさんへ | 2008年12月16日 (火) 20時49分

hirobouさん こんばんは

ほんとそう思います。生き方が表情に現れるのでしょうね。
hirobouさんは素敵ですよ^^

私もそうありたいと思います。

投稿: hirobouさんへ | 2008年12月16日 (火) 20時51分

pockyさん こんばんは

勝負だな(笑) 練習しておかなくっちゃ^^

投稿: pockyさんへ | 2008年12月16日 (火) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 解雇が広がる | トップページ | あの日にドライブ 荻原浩著 »