« 光の指で触れよ 池澤夏樹著 | トップページ | パソコンは日本をどう変えたか 読売PC編集部 »

2009年1月15日 (木)

予防的手術

今日も寒い!。毎日この言葉ばかりです(笑)

一泊で東京に行ってきました。
昨日今日と空港では、札幌便は『雪のため着陸できない可能性があります。その場合は、旭川もしくは羽田空港に着陸します。ご了承の上、ご搭乗ください』とアナウンスしてます。
きっと凄い雪なのでしょう。

了承して飛ぶということは、戻ってきても文句は言えないし、返金もないということなのでしょうか? だとしたら、辛い。でも行く為には乗らないといけない。
航空会社も少しでもリスクヘッジしないといけないし、困ったものです。

リスクヘッジといえば、昨日の新聞だったかに凄い記事が出てました。
自分が乳癌や卵巣がんに罹ることを予防する為に、健康な時に乳房と卵巣を摘出した人がいると。
乳癌はそれを発現する遺伝子を持っていると、36~85%の確率で発病するそうです。この方はデンマークの小学校の先生ですが、母、祖母、叔母を乳癌でなくしたので、自分の遺伝子を調べたら、癌遺伝子を持っていたそうです。
子供を一人授かった後、自分のように母を亡くすような寂しい目に合わせないために、発病していない乳房等を取った。その場合の確率は10%に下がるそうです。

ここまでするのかな・・と言うのが感想です。驚きました。
遺伝子レベルでいろんなことが分かってくると、想像もできないような弊害が出てくるのでしょうね。

岡山空港からはいつもバスで戻ってきますが、今日はちょっと車酔いしてしまった^^; 元々バスには弱いのですが、この路線では初めてです。
だから、途中で降りて、覚ましてからタクシーで帰ってきました(笑)

Img_0741_yuhi 高梁川の堤防です。夕陽で枯れた草が赤く染まってました。

|

« 光の指で触れよ 池澤夏樹著 | トップページ | パソコンは日本をどう変えたか 読売PC編集部 »

コメント

こんにちは。
赤い葉っぱは夕焼けの色だったんですね。
小説のワンシーンみたいです。

医療が進むと、いろいろ変わってくるんですね。
それぞれ自分の体に向き合って考えた結果でしょうから、いい方向にいけばいいですね。

今年もよろしくお願いします^^

投稿: Mery | 2009年1月15日 (木) 22時18分

HPのギャラリー(11.30)のスズメがとってもかわいくて真剣に数えてしまいました^^
奥様の撮影なのですね。
13羽でしたwink

投稿: Mery | 2009年1月15日 (木) 22時24分

素敵な写真が続きますね。奥様の雀、本当に可愛いです。
影は夕凪さんですか・・影って想像をたくさん出来ますね。

旭川も前が見えないくらいでしたが、待ち時間はあったようですが離着陸していたようです。
凄い日だったのですよ。

投稿: hirobou | 2009年1月16日 (金) 06時28分

映画のワンシーンのようで、すてきなお写真ですね!

予防的手術のお話、考えさせられました…

統計的な予測から、そういう決断をするのも
一理あるとは思います。
しかし身体に、メスを入れること自体が大きな
リスクを負うことになるわけで、難しい選択ですね。

投稿: エルモリア | 2009年1月16日 (金) 22時21分

Meryさん こんばんは

雀の写真、妻が喜びます。有り難う^^

秋にカメラを買ったので、我が家には一眼レフが2台になりました。
一緒に歩いても、撮る対象が全然違っていて面白いですよ。

この女性の気持ちは良く分かりますね。いつか自分も発病・・・と思うととても辛いと思います。
でも、やっぱり手術はやりすぎかなと思います。この遺伝子が発現しない薬を発明して欲しいものですね。

投稿: Meryさんへ | 2009年1月16日 (金) 22時35分

hirobouさん こんばんは

hirobouさんが凄いというくらいですから、私に想像を絶するような雪・吹雪だったのでしょうね。
そんな時には飛行機には乗りたくないものです(笑)
明日はきちんと飛ぶといいですね。

やっぱり色々と想像できる写真がいいんでしょうね。難しいです。
ここは以前車中から見ていて、一度撮りたいなと思っていた場所です。土手が一面に赤く色付き、ほんと綺麗ですよ。

投稿: hirobouさんへ | 2009年1月16日 (金) 22時40分

エルモリアさん こんばんは

有り難うございます。嬉しいです^^

やはり「いつかは自分も」という大きな不安があったのでしょうね。その負担とリスクとの兼ね合いで、決死の思いで決定されたのだと思います。
そして、それを公開したのですから強い女性だと思います。

Meryさんが言われているように、いい方向に向かうことを願いますね。

早く抜本的な癌の治療法が見つかって欲しいですね。

投稿: エルモリアさんへ | 2009年1月16日 (金) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光の指で触れよ 池澤夏樹著 | トップページ | パソコンは日本をどう変えたか 読売PC編集部 »