« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

FM40周年

渋滞で、ふと中央分離帯を見ると、もう相当量の雑草が茂っている。よく見るとその中にヨモギが。 そして今日、友人からフキノトウを頂いた。天婦羅にして食べましたが、口の中に広がるあの香りがなんともいえません。

もう、すっかり春です(^-^) 
目もすっかり春、花粉症で涙を流しながらモニターに向かってます(笑)

テレビから、NHK-FMが40周年と流れてました。40年前と言えば、AM,FM,短波の聴けるラジオを買って貰った年です。FMは音もいいし、その時から良く聞いてました。番組名は忘れたけど、毎日23時からのジャズ番組は楽しみにしていたものです。
でも、その年にFMが開局したとは知りませんでした。

当時はFMといえば、NHKだけ。名古屋に民放が開局した時は本当に嬉しかった。でも、岡山に来ると、FMはまたNHKだけ。
FM用の大きなアンテナを立てて、民放のFM大阪を聞けるようにして、エアーチェックをしていた。

音楽は生活の一部だったから、懐かしい記憶がいっぱい甦ってくる(^-^)

Img_1405_tane

| | コメント (4)

2009年2月26日 (木)

少し良くなった^^

今朝は、朝日が綺麗でした。こんな日は一日気分がいいですね。昼休みもしっかり歩けるからストレス解消もできますし(^-^)

我が家では妻の風邪の方が酷いので、早めに帰宅した昨日は、一皿私が作ってみました。いつだったか、玉葱の丸焼きの写真?記事を見ていて、食べてみたいと思っていたので、それに挑戦。早速、ネットで検索。

玉葱に十文字に切り込みを入れて、塩胡椒を多めにまぶし、上にベーコンとバターを乗せ、オリーブオイルをかける。それをアルミホイールに包んで、オーブン200℃で25分焼くとあった。
その通りにして、食べてみるとまだ中は生のまま。追加で10分やったけど、まだ生のまま。そうこうしている内に、食事が終わったので、食べずじまいでした(笑)

今日、それをレンジに掛けて食べてみたけど、それなりの味だった^^
ご心配掛けましたが、今日は少し回復してます。 下瞼が重たいけど・・・

Img_1469_tane

| | コメント (6)

2009年2月25日 (水)

おバカさん 遠藤周作著

Img_0736_taney_2 私の評価 ☆☆*** 2009年2月読書

題名と帯にある鶴太朗さんのコメントを見て購入したがいまいちだった。

銀行員の隆盛の所にペンフレンドだったフランス人がやってくることになった。ナポレオンの子孫ということで、妹の巴は期待をしたが、想像と現実とのあまりの落差にガックリとする。

おまけにこの子孫、臆病でお人よし。フランスで過ごした子供時代にはいじめられていたとか。そんな自分に見切りを付けるために、日本にやってきた。

そんな彼が、いくつかのトラブルに巻き込まれていくが、子供のような純真さで対応していく。その姿を見た巴は、暖かいまなざしで「おバカさん」と呼ぶ。
そしていつの間にか、彼の周りの人達が「優しさ」に満ちていく。

あまりにわざとらしい小説だった。

---------------------------------------------------
今日は頭が痛い。どうも風邪をひいたようだ。ここ数日は顔面神経痛だろうか、左目の下瞼がぴくぴくと動き、鬱陶しい。 病院で聞くと、ストレスが原因らしい。

短期間だが一緒に仕事をした人の訃報が。うわさだと自殺だとか。周りの人が何とか気付いてあげられなかったのかな・・・・

最近あまり眠れないけど、早く寝よ^^

Img_1471_tane

| | コメント (13)

2009年2月24日 (火)

嬉しい心遣い

Img_0678_taney 今週は雨の多いぐずついた天気が続くとの予報でしたが、大当たりです。今日も目が覚めると雨、鬱陶しい一日の始まりでした。
昼休みには止んでいたので散歩に出ましたが、途中で雨が降り出して引き返して来ました。明日の朝も雨の予報です。

そんな鬱陶しい天気ですが、ちょっと嬉しいことが^^
病院の帰りには、トイレ休憩とジュースを買うためにスーパーに寄ります。今日もみかんとジュース一本を持ってレジに行くと、開いている二つのレジには食品をかごに満載の主婦が並んでいた。
しゃぁないな、と思いながら後ろに並んだら、『それだけなら、お先にどうぞ。私は多いですから』と順番を替わってくれました。いえいえ、と辞退したのですが、結局先に行かせて貰いました^^
勿論、お礼を言ってきましたが、嬉しい思いやりですね(^-^)

最近はこのような店では、エディなどの電子マネーを使うようにしてます。レジを早く通過できるし、小銭が貯まらないのがいい。
でも、電子マネーも色々な種類があるのが不便です。それぞれ顧客の囲い込みが目的ですから、仕方ない面もありますが、使う側からすると本当に不便です。
私の財布の中には、エディ、JALのIC、スイカの3つが。どれも残額がカードに出てないので、覚えていないといけない。記憶力のトレーニングにはいいかも(笑)

Img_1422_tane

土曜日に種松山園地に梅を見に行ってきました。

| | コメント (0)

2009年2月23日 (月)

謝罪の時代 曽野綾子著

Img_1511_setsubun 私の評価 ☆☆☆** 2009年1月読書

今の日本を作家の目で見て感じたことが書かれたエッセイ。我々が日頃からおかしいなと思っていることをズバズバ言っているので、うんうん、と同感しながら読んだ。

例えば書名の『謝罪の時代』では、日本人の心にもない謝罪の嵐、風潮を指摘している。
耐震強度偽装事件、東証システムトラブル、ライブドア事件、防衛施設庁談合、大手損保の保険金不払い、東横インの偽装工事などなど、多くの事件で責任者と言われる人がテレビの前で頭を下げた。
我々市民は謝る人と何ら関係がないのに、何故か自分も謝られたような優越感と安心を楽しむ。これを撮影するカメラマンは虚しくないのだろうかと。
そしてこのわざとらしい最敬礼には、怒りと悔しさが込められている。本当は謝る必要がないという無念さを表している。
欧米人は、自分やったことでないと決して謝らない。それに対して日本は・・・・と

日本の病巣、この国の若者と高齢者、日々の暮らしから見えるもの、信仰と伝統、世界の現実と異国から見た日本の5章に分けて、おかしな日本を見つめている。

-----------------------------------

先日も人工授精された女性の妊娠が他人の受精卵によるものだったと、病院関係者が記者会見で頭を下げていた。
ほんと誰に対して、何の為に謝罪しているのだろうかと思う。待望の子供を中絶で失った女性やご家族のことを思うと、いたたまれなくなります。

同時にこの医師も辛かろうと思います。患者の喜ぶ姿が嬉しくて、一人で頑張ってこられたのだと思いますね。そうでなければ15年間も一人で、地道な作業を続けられなかったと思います。たった一度のミスが、両者を不幸にしてしまいました。
責任を取るとしたら、そんな状態を放置していた病院だと思います。

こんな暗い話題はこれまでにして、米国のアカデミー賞の外国映画賞を「おくりびと」が受賞しました。この部門では1956年に制定されてから初めての受賞とか。おめでとうございます。
関係者の方々は嬉しいでしょうね。 この映画に感動した私も、とても嬉しいです。

毎日暗いニュースばかりですから、こんな嬉しいニュースは大歓迎ですね(^-^)

Img_1520_setsubun

今日も節分草。湿った岩ゴロゴロの道に寝そべって撮りました^^

| | コメント (2)

2009年2月22日 (日)

初めて見た節分草

Img_1530_setsubun_2 今日は県北に節分草(セツブンソウ)を見に行ってきました。せっかくの日曜日なのに朝からどん曇りの天気。予報では午前中10%、午後60%の雨予報。
陽が差さないと綺麗に開かないと聞いてたけど、時期を逸すると駄目なので、とりあえず行ってみました。

写真のように沢山の節分草が自生してます。丁度節分の頃に咲くので、そんな名前が付いているそうです。関東以西に咲く花で、乱獲によって希少植物になっているとか。だからでしょうか、保護の為にロープで立ち入り禁止になってました。

Img_1518_setsubun_3 こんな天気でも見る来る人はいるのですね、大きなレンズと三脚を持った人達がいっぱいいました。自分もだけどね(笑)
自生しているのは結構じめじめしたところで、腹ばいになる服がとどろどろに汚れそうな場所です。いつもカメラバッグに入れているレジャーシートを敷いて撮ってみました。

上の写真、左の花びらが少し汚かったですね。撮っている時は全然気付きませんでした。しっかり三脚で撮っているのに、駄目ですね。老眼の性もあるけど、注意力が足らないのでしょう。

Img_1525_setsubun 撮り出してしばらくすると、雨が降り出してきました。12時過ぎだったので、まだ大丈夫と思っていたら、結構激しい雨になり、お気に入りが撮れていない不満足な状態で終りになりました。また来年挑戦ですね(笑)

ここの気温は2℃ととても寒かったので、帰りはラーメンでも食べようと思い車を走らすが、店がない。結局倉敷まで帰ってきました(笑) 倉敷は7℃、やっぱり随分と違うものです。
でもここからも波乱が。最初に「札幌時計台ラーメン」に行くと、店がない! 潰れて別の店になっていた。次に行った店は6グループ待ちなので、パス。3軒目は古くからある有名な中華そば店、でしたがこれも潰れていた。4件目も、潰れていた・・・
結局自宅近くのラーメン屋になってしまいました(笑)

Img_0759_setsubuny 今日一番のお気に入りは、妻が撮った写真^^;  ちょっとピントが甘いけど、妖精が手を広げているような、素敵な構図です。 

| | コメント (12)

2009年2月20日 (金)

日本アカデミー賞

Img_0663_nina 先日置き忘れた本を、ANAの案内カウンターに行って探してもらいました。忘れた日と本名を言うと、コンピュータで検索できるのですね。流石です。ちょっとモニターを覗いてみると、本の忘れ物ばかり。毎日相当あるそうです。私だけじゃないんだ、とちょっと安心(笑)
結局、私の本はANAには届けられていなかったので、次回時間があるときに、空港事務所の忘れ物が係りに聞いてみようと思います。

ブログを書こうと2階に上がってきて机に座ったら、何と目の前に写真のお雛様が! 全く予想もしてなかったので、驚きました(笑)
机上にあるエアコンのスイッチを取ってONにして、蛍光灯とPCをONにしても、まだその存在に気付かず、椅子に座ってモニターを見て、ドキッ!としました。 完全に注意力不足ですね(笑)

日本アカデミー賞の授賞式の模様をテレビで見てました。候補は、「おくりびと」「かぁべい」「クライマーズ・ハイ」「ザ・マジックアワー」「容疑者Xの献身」の5作品。
なんと今年は「かぁべい」以外の4作品を観ています。そんなに映画館には行ってないと思っていたけど、観ていたのですね。みなそれぞれに楽しんだ作品ばかりです。

テレビではこの5作以外の作品も紹介してましたが、その中で「ぐるりのこと」を観たくなりました。DVDになったら、借りてこようと思います。

Img_1375_niwa 今日も水仙です^^

| | コメント (7)

2009年2月18日 (水)

村上春樹さん 貴方は立派です

寒波で寒いなと思っていたら、ラジオのニュースではこれが平年並みと言ってました。今までが暖かすぎたのですね。

中川さんみたいなどうしようもないニュースの中で、村上春樹さんのエルサレム賞受賞スピーチのニュースも流れてました。
立派な方ですね。あの席で、あのようなスピーチはなかなか出来るものではありません。好きな作家ですが、益々好きになりました(^-^)

イスラエルとパレスチナ、平和共存は出来ないのでしょうかね・・・

米国の景気対策法が成立しました。350万人の雇用を創出するそうです。オバマさんの第一歩でしょうか。
それに対して我が日本、この遅さはどうしようもない。一体この国はどうなっているんだ!

国だけじゃない。草食型男性が増えているのだとか。こんな言葉ははじめて聞きましたが、恋愛でも女性からの告白を待つ人が65%も。
一体、これからの日本はどうなるのだろうか。

テンプレートをいじったついでに、天気予報とアクセスカウンターを載せてみました。ココログも色々と出来るのですね。

Img_1393_niwa

野原では、着実に春が近づいてます。 オオイヌノフグリ

| | コメント (8)

2009年2月17日 (火)

そのままの光 関口尚著

私の評価 ☆☆☆** 2009年2月読書

青春小説と言うのだろうか、思春期の少年時代の友や異性との関わり、心の動きが描かれていた。いずれも、ちょっと大人になった頃に振り返る形式になっており、感傷が伴う。読む内に自分のその時代が心に懐かしく甦ってきた。

本を手に取り最初のページを開くと、「速球王といえば中日の小松。野球の入門書にも・・・」と物語が始まる。ドラゴンズファンの私としては「面白そう!」と、即借りることした(笑) 大好きな投手だったし、優勝投手として抱き合うパネルも長い間飾っていた。

巻頭のこの短編「水の中から見た月」は、野球部での先輩の横暴・しごきによって生まれた友情が主題。
その他、大学自治寮で同部屋だった4人の苦労と友情の「東15室」など、7つの短編が掲載されている。

--------------------------------------------

今日は雪がちらつく寒い一日でした。そんな日でも昼休みの散歩はしっかりしましたよ、ジャンバーを着込んで。 でも雲の切れ間から時折差す陽は、強く暖かい。やっぱり春はもうそこという感じです。

病院に研修に来ている医学生が問診に来て、色々と話していると、出身が『中国』と言う。すっかり日本人と思って話していた私はビックリです。綺麗な日本語でしたので。
さらに話を進めて行くと、私の部署の中国プロジェクトで現地通訳をしていただいた方(中国人)の息子さんであることが分かり、更にビックリです。
世界も狭いですね。こんなところで繋がるのですから。

Img_1371_niwa

庭の水仙

| | コメント (6)

2009年2月16日 (月)

透き通った空だった

強い風で空気中の塵が飛ばされたのでしょう、今日は真っ青に透き通った空でした。昼の散歩で海に出た時は、あまりの美しさにドキッとしました。
きっと明日の朝は冷え込むのでしょうね。春のような日々が続いたので、堪えますね。

朝ニュースを見ていると、中川大臣の記者会見でのしどろもどろの様子が出てました。酒が原因なのでしょうか? それとも花粉症や風邪薬のせいなのでしょうか。
いずれにしても、公の場所に出るわけですから、自己管理はしっかりして欲しいものです。

私は薬に強い方ですから、花粉症の薬も風邪薬も大丈夫です。ある時、花粉症がしんどいという同僚に、私の薬を一錠あげたことがあります。その同僚は、服用してしばらくすると「もう駄目」と言ってそのまま机で寝てしまいました(笑) 

Img_0651_niwa_4   

落語の前に、お気に入りの喫茶店『ごじとば』へ。そこのスギが光っていた^^ 花粉症の私はそんなスギは抜いて欲しいのだが・・・

| | コメント (10)

2009年2月15日 (日)

落語を聴きに^^

Img_0627_kibiji 今日も春のような天気でした。
午前中は日が差していたので、また水仙を撮ったり、畑に行ったりで気持ち良く過ごした。

畑はほうれん草を全て抜いた。葉に白い斑点のようなものが出ていたので、病気かなと思い食べずに全部廃棄。夕方地主さんから電話があって、ゆがいたら食べれるよと言われたけど、時既に遅しです。大きなゴミ袋一杯分もあったのに、残念ことをしました。

秋に植えていた人参がやっと市販品並みの太さになってきた。早速5,6本抜いてきましたが、嬉しいですね収穫は^^
今植わっているのは、人参、大根(これは食べる時に抜いてきてます)、サニーレタス、絹さや、スナップエンドウ。
地主さんからの電話は、隣の畑の人が更新しないからもう一区画借りないかとの嬉しい連絡でした。全部借りると広すぎるので、あと2mほど広げて2倍にしようかと思ってます。春が楽しみです(^-^)

午後からは、落語を聞きに真備へ行って来ました。途中、梅を撮ろうと吉備国分寺に寄ったが、まだ全然でした。でも写真のように菜の花が咲き始めてました。これを見ると、もう春!って感じです。
丁度吉備マラソンの選手達が走ってます。フルマラソンですから42.195km、しんどいでしょうね。

落語は、林家木久扇、木久蔵親子と林家たい平。落語を聴くのは数年ぶりですが、心の底から笑いました。久しぶりですね、こんなに笑ったのは。2時間があっという間でした。
来年は誰が来るのでしょう、楽しみです^^

夕食は炭を熾して焼き鳥を。先週東京で食べたチーズ巻きとサトイモ焼きが美味しかったので、トライしてみた。 焼き終わった頃が一番炭の熾り具合がいいという、ドジな状況でしたが、味は好評でした(^-^)

Img_1234_baby

水仙は難しい^^ Lenzbabies2.0

先週の日生の写真をHPにアップしましたhttp://yunagi.takara-bune.net/2009/hinase.htm

| | コメント (6)

2009年2月14日 (土)

地図にない国 川上健一著

Img_0612_cake私の評価 ☆☆☆☆* 2009年2月読書

頭にデッドボールを受け、恐怖感から野球が出来なくなったホームランバッターの三本木慎。引退かそれとも復帰かと悩み、心の休養のために欧州を旅する。

小説の幕開けは、高木志乃を迎えに来たヒースロー空港。言葉を交わす間もなく抱きついてきた志乃と共にオープンカーでスコットランドへ向かう。予定のない気ままな旅と素晴しい景観。
こんな旅行をしたいものだと思いながら、一気にのめり込み、読み進んだ。

Img_0622_tyoko_3 その後、慎は一人でスペインの牛追い祭りを見に行く。そこで落ち合ったのが作家と取材陣や取り巻きの一団。バスク地方独特の旅情の中、自らの心を見定める為に祭りに参加する慎達。
祭りと人々との交流を通じて、徐々に自らを見出していくが、そこで知り合った人達の行動が気になる慎。やがて、バスクのテロ組織と秘密警察組織が絡み、物語は複雑に展開していく・・・

軽快な文章で、面白く一気に読み進んだ。ただラストシーンが・・・
この祭りは毎年ニュースで取り上げられるので知ってはいるが、祭りの背景などは知らなかった。そういう意味でも面白いし、いつか行ってみたいと思った。

----------------------------------------

今日はバレンタインデー、プレゼントしたり・されたりで楽しんでいることと思います。
我が家は写真のプレゼント。皆で美味しく食べました^^

最近同姓同名の人を発見しました。これで二人目です。一人は学生時代にラジオを聴いていて知った人で、宮城県の人。
今度は同じ岡山で、あれ?名前を呼ばれていると思ったら、別の人でした^^ まだ顔は見てないけど、お話してみたいでね。

Img_0527_baby_biora2

Millerさんの写真が素敵だったので、似た構図でビオラを撮ってみました。
先週買ったLenzbabies2.0というおもちゃのようなレンズに、それ専用のマクロアダプターをつけて撮ってます。
6日の猫小物、10日のアリッサム、13日の葉牡丹はこのレンズで取ったものです。
特徴は、中心以外を大きくぼかすことが出来たり、流したり出来ることです。猫小物はピントが左側にあり、右側が流れるようにボケているのが分かると思います。

このレンズ、本体が蛇腹になっていて、指でくねくね曲げたり、縮めたり伸ばしたり出来ます。それでボケや流れ具合、ピントを合わせます。おもちゃのよなレンズです。
今日は100枚ほど撮って、ピントがどうにか合ったのが4枚。でも面白いですよ(^-^)

| | コメント (4)

2009年2月13日 (金)

それでも江戸は鎖国だったのか 片桐一男著

私の評価 ☆**** 2009年2月読書

題名からどんな面白い話があるのかなと思って読み始めたが、硬い話ばかりで半分くらい読んで投げ出した。
本書の副題は『オランダ宿 日本橋長崎屋』とあり、本書はまさにそれがどんなものかを、史実を調査して纏めたものだ。長崎屋そのものの資料は殆ど残っていない。著者はその他の文献・資料を調査して、長崎屋関連の事実を探し出して、纏めている。

大名の参勤交代は知っているが、出島にあるオランダ商館の館長が将軍へのお礼参りとして毎年江戸に来ていたことは全然知らなかった。
参勤交代並みに大勢の供を引き連れて、各地のオランダ宿で泊まりながらの移動です。宿は完全隔離、窓も天井近くにある明り取りだけ。人の出入りも厳しく監視されていたそうです。
そして将軍達は貢物を受け取っていたと。

そんなのがあったんだと、私自身が知らない事実を知ることは面白いが、読書としては今一だった。

-------------------------------
テンプレートを変更してみました。読書好きに合わせて、本に(^-^) ちょっと幅が狭くなるが、まあ許せる範囲ですね。

先週と今週は、月火、木金と連続4回の東京出張でした。その分、本は沢山読めましたが(笑) 流石に疲れました。
今日は春一番が吹いたそうです。もう春もそこまで来ているのでしょう、街ではコートを着ずに歩いている人が増えました。来週からは少し薄手のコートに替えようと思ってます。

明日はバレンタインデー、最近は逆チョコが話題になってます。売り上げ増を目指したメーカーの戦略でしょうが、どれくらいの男性が買うのでしょうか。
中国でも情人節として結構ブームになっているらしい。インドでも若者の間で盛んになり、そんな若者をイスラム教信者が許せずに襲撃するらしいと新聞に出てました。日本では宗教観は全くない行事ですがね。

私は逆チョコはしないけど、変わりにお土産を買って来ました^^ 「春摘みいちご」という和生菓子。あれ? メーカーの戦略にハマったかな(笑)

Img_0412_baby

葉ボタンです。

| | コメント (6)

2009年2月11日 (水)

夫婦が試されるとき 上村達雄著

Img_1345_niwa 私の評価 ☆☆☆** 2009年2月読書

副題には「アルツハイマー病の妻と生きる」とあるが、どちらかいうと自分史的な著書だ。ただ、時系列がバラバラで、少し読みづらかった。

著者は子供の頃から身体が弱く、妹と共に結核に侵される。妹は亡くなるが自分は生き残り、やがて保母さんで既に40歳に到達していた7歳年上の奥様と出会う。
そして定年後に、妻がアルツハイマーを発病。現在の千葉県の老人施設に入る。

発病の経過などが今一はっきりしないが、著者の苦労は良く分かる。奥様を大事にして、寄り添って暮らす著者は素晴しい。

この施設には自宅も処分して、大金をはたいて入所しているが、規約で『夜の徘徊』や『共同浴場での脱糞』をするようになると、施設を出て入院してもらうとある。
アルツハイマーが進むとこの症状は必ず出るので、その時に住み慣れた施設を放り出されるのは辛いなと思う。自宅を処分してまでして入所する施設がこんなのでいいのだろうか・・・

--------------------------

今日も暖かい一日でした。午前中は日が差していたので庭に出て、いっぱい写真を撮りました。やっぱり光があるといいですね。
いつの間にかクロッカスが咲いてます。庭への関心が薄れているのでしょうね、気付かない内に黄色、白、薄紫、全てが咲いています。

上と下の写真は同じクロッカス。撮る角度を変えてバックの色合いを変えてみました。どちらがお好きでしょうか? 赤や茶色はサザンカの落花びらや落ち葉です。

昨日から妻が風邪でダウン、嘔吐と下痢でしんどそうに寝てます。ちょうど私が休みで良かった。といっても何もできませんが(笑)
で、録画の中から『卒業』を見ました。ダスティン・ホフマンとキャサリン・ロスが主演でサイモンとガーファンクルのご機嫌な音楽の映画です。 懐かしかったですね。

ネットで調べてみると1967年の映画となってます。最近は殆ど同時上映になってますが、昔は日本で上映するまでには時間が掛かったのでしょうか。

Img_1341_niwa

| | コメント (8)

2009年2月10日 (火)

本を置き忘れた!

今日は暖かかったですね。15時に車に乗ったら、中はホカホカ、車外温度は17℃、まるで春のようです。
まだまだ寒い日があるのでしょうが、春を身近に感じられた一日でした。

そんな陽気のせいではないのですが、羽田のトイレに買ったばかりの文庫本を置き忘れてきました(笑) 手に持ってトイレに行き、棚に置いたのですが、気がついたら出発時刻の10分前、慌てて出て行きました。
飛行機の席に着いて鞄から本を出そうとすると、ない! ほんとドジだよね(笑)

スチュワーデスさんに伝えて係員に調べてもらいましたが、なかったそうです。どなたかが、見つけて届けてくれているのでしょう。
次回出張時に確認ですね。

更に、「本名と著者名を教えて下さい」と言われても、思い出せない。『東海地震のパニック小説ですが・・・』と言っても、「東海じっしゅう?」と通じない、何回言っても『地震』と伝わらない。諦めて、『そう、その本です』と(笑)
そのスチュワーデスさん、後で、『風邪で声しんどいですね』とのど飴を袋に詰めて持ってきてくれました。風邪のせいじゃないんだけどね^^

飛行機を降りて、バスの中で思い出しました。『津波』です(笑)

歳とともに物忘れが増えるのだろうから、これからこんなことが増えるのでしょうね、棚に置かないなど、自衛しないといけませんね。
ちょっと落ち込みました(^^ゞ

昨日は東京では久しぶりに喫茶店に入りました。カフェじゃなくて喫茶店です、いつも通るに道なのに、良く見て歩くとあるもんですね。
好きなモカを注文、やっぱり美味しかった~(^-^)

Img_0392_baby

スイート・アリッサム

去年の写真の方がきれいだな(笑)
2008.1.61.211.25

| | コメント (13)

2009年2月 8日 (日)

牡蠣づくし

Img_1282_hinase_2 今日は日生に牡蠣を買いに行って来ました。ついでに写真も^^ 
ここ五味の市は関西からも近いし、有名なのでしょう、なにわ、神戸、京都などの関西ナンバーの車でごった返してました。12時頃に着いたけど、日生港の少し前から渋滞で、駐車場も満杯。皆さん美味しいものには目がないのですね。

Img_1284_hinase 市場の中も人でいっぱい。もう魚は殆どなく、牡蠣1缶(18L缶)となまこを買いました。当然、我が家だけでは食べきれないので、ご近所におすそ分けです。

買ったものをお店に預けて、近くを散策。
市の裏では、干物がいっぱい干してありました。カモメたちの襲撃を恐れてか、しっかりとしたネット付きの干し台です。Img_1286_hinase

おこぼれを狙って、カモメもいっぱいいました。写真は妻が撮影したものです。このカモメ、我々を警戒しながらも2m位の近さ迄よって餌をついばんでました。

今日のもう一つの目的は、カキオコ。牡蠣入りのお好み焼きです。有名なのでしょう、いくつかの店では行列が出来てました。そこまで辛抱できないので、我々は市場の前のお店で。それでも20分ほどは待ちましたが^^Img_0457_hinase_3; 

カキオコは大阪風でした。やっぱり日生は関西文化圏なのだと実感です。我が家は広島風なので、久しぶりです。
美味しそうでしょう(笑)
ほんと美味しかったですよ。牡蠣もいっぱい入ってました。でも広島風にもっとキャベツも入れて欲しかった^^

Img_1296_hinase_2 市場の周辺には、牡蠣筏を組む竹や材木、帆立貝の殻などが所狭しと置いてあります。今年入れたら、収穫は何年後になるのでしょうか。

今日の夕食は、酢牡蠣、牡蠣フライとなまこ。もう殻開けも名人です^^

Img_1302_hinase  

| | コメント (12)

2009年2月 6日 (金)

トンカツが・・・・

会社まで歩くのが気持ちいい朝でした。全く雲のない快晴で、日差しは少しだが春の兆しが。 これだけで幸せな気分になってしまいます(笑)

何もする気が起きないので、随分前に録画していた『帽子』を見ました。緒形拳、玉山鉄二、田中裕子出演のドラマです。
NHKで何度も再放送されただけあって、いいドラマでした。田中裕子さんは好きな女優の一人ですが、久しぶりに見ると歳をとっているのにちょっと驚きました。でも相変わらずいい役者です。

歳と言えば、自分もだよね、とつくづく思う。
出張で昨夜は一人で夕食。久しぶりにトンカツ定食を食べたが、以前のように『美味しい』という満足感がない。歳とともに少しずつ味覚の好みが変わってきたのだろう。
今日はサンマの甘露煮。若い頃は大嫌いだったものです。でも美味しかった(笑)

麻生さんが小泉路線を批判してます。これだけでも腹が立ちますが、『郵政改革法案には賛成してなかった』『閣内にいたから仕方なしに賛成した』『分割は見直すべきだ』などとの発言は許せない。
少なくとも今の衆院の自民党2/3以上の議席は、この郵政改革を主体とした小泉政策への賛成票で獲得した議席です。
これを否定するのなら解散すべきですよ、麻生さん。今の貴方には、これを言う資格がありません。

昨日今日の新聞も同じことを言っているが、これは誰しも思うことでしょう。無性に腹が立ってきました。

Img_1185_neko

我が家のリラックスした猫ちゃん達^^

| | コメント (6)

2009年2月 4日 (水)

誰も守ってくれない 

私の評価 ☆☆☆☆* 2009年2月 映画館 映画HP

監督 君塚良一
出演 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、石田ゆり子、木村佳乃、柳葉敏郎、他

事件が起きると、加害者や被害者だけでなくその家族も取材を受け世間にさらされる。特に加害者の家族は、どうしてそんな子供に育てたのだ!とか、死んで詫びろ!など、色々な非難に直面する。
この映画は、そんな加害者の家族に焦点を当てたドラマだが、そこで繰り広げられる人間愛のドラマだ。

幼児殺しの犯人として18歳の少年が逮捕され、自宅に取材班が殺到する。それらから家族を守り、供述を得る為に警察が加害者家族の保護に動く。犯人の妹、沙織(未来)15歳。彼女を守る役目を勝浦刑事(佐藤)が受け持つ。
世間から隠れる為に移動を繰り返す勝浦と沙織を、必死で追いかけるマスコミ。そして愉快犯のネットユーザー。終いには、沙織だけでなく、過去の捜査で心に傷を持つ勝浦までもが、ネットでの餌食となる。

心を閉じる沙織、必死で沙織を守る勝浦。やがて、二人の心が通じ合う・・・

報道の自由だと言って人の心を踏みにじって執拗に追いかけるマスコミ。個人情報を平気でネットに流してつるし上げる若者。まさに今の日本の汚点だ。
この映画を見ているマスコミの見解を聞きたいものだ。

この映画、ヒロインの未来さんの目がいい。あんな目で見つめられたら、男なら必死で守ろうとするだろう。いっぺんで彼女のファンになってしまった(笑)

お勧めの映画だ。

----------------------------------------------
昔から映画はデートのアイテム。独身時代は多くの人がそうだと思う。恋人や友人と二人で観て、感想を言い合いながら映画の余韻に浸る。だからいつも一人では行かない。
結婚してから一人で行ったのは単身赴任中くらいかもしれない。でも今回は一人。余韻が・・・今一(笑)
映画は一人で、が好きな人も多いのでしょうが、私は二人が好きです。大勢だと、騒がしいし。

翌日に図書館で本を探していたら、松本サリン事件で犯人扱いされマスコミからも執拗に叩かれた河野さんの手記がありました。植物人間にされてしまった奥様の看病・介護を綴ったものです。
マスコミと個人、今回の映画と同じだなと思い、手に取った。

Img_1170_ashitaka 冬の茜空

| | コメント (8)

2009年2月 3日 (火)

韓国事情

東京は快晴だったのに、倉敷に戻ってくると雨。なんか損した気分です。

昨日は韓国企業の日本駐在員との会食。赤坂の韓国料理店「田舎」で、楽しい一時を過ごしました。もっとも、私はお酒を飲まないので、先方はつまらなかったかもしれませんが(笑)
その中で聞いたいくつかの話を紹介します。

韓国の大手企業は、従業員の子息の教育費を大学まで出してくれるそうです。年収の何%までと制限はあるそうですが、なかなかいい制度だと思います。
小学生は年間学費の50%が会社補助。中学になると100%だとか。彼の場合は小学生二人なので、早く中学になって欲しいと。

厳しい面もあります。50歳で常務にならないと、課長以上の非組合員は定年退職になる。組合員は60歳まで働けるので、工場地区では昇進試験を受けない人も多いらしい。
だから、私と仕事した人達もどんどんやめて行きます。自営したり、ライバル企業にスカウトされたり、色々ですが年金をもらえる歳まで大変です。

彼の話では韓国には『家賃』というものがないそうです。だから東京での現在の家賃30万円を毎月払うのには驚いていると。
韓国では借りる際に一時金を払うそうです。彼の場合は、ソウルの自宅を2年契約で1億2千万ウォンで貸してきたそうです。凄い金額です。
でも驚くのはその後です。2年後にその1億2千万ウォンを借主に全額返すそうです。貸し手である彼は、そのお金を運用して稼いだ『運用益』が利益として得ることが出来ます。

日本では直ぐに貯金となりますが、韓国ではファンドや株等で運用するのが一般的。だから今の株安では皆大変なようです。
貯金の金利は平均して4-5%だとか。これだけ高いと貯金でもいいような気がしますが、習慣の違いですね。

仕事の話も当然しますが、こんな雑談も楽しめます^^

Img_1142_sikuramen

年末に買ったシクラメンは殆ど枯れてしまった。このガーデンシクラメンだけが生き残っている^^

| | コメント (2)

2009年2月 1日 (日)

久しぶりの畑

Img_0376_hatake_3 昨日は風邪も治ったかなと思ったので、『誰も守ってくれない』を見てきました。いい映画でした。
でも、今朝起きたら頭が痛い(笑) まだ完全には治ってなかったようです。だから今日ものんびりとしてます。

とはいえ、家でゴロゴロばかりは耐えられないので、久しぶりに畑仕事を。エンドウが大分大きくなってきたので、ポールを立てネットを張りました。
右が畑の全景で、一番奥がサヤエンドウとスナップエンドウ。大きくなったとはいえ、やっぱり冬、11月に植えたのに思ったよりも成長していません。
でも、写真のようにしっかりとセットしたので、春が楽しみです^^

Img_0377_hatake借りていた本を読み終わったので、夕方図書館へ。また4冊借りて出てくると、空が綺麗。カメラを持って来ればよかった・・・ やっぱり常に持ち歩かないと駄目ですね。
車に積んでおけばいいだけですから。

夕食の材料を買い、自宅に戻ってから足高山に行ってみました。やっぱり海の夕陽の方がいいですね。でも公園内をあっち行きこっち行きして、日没と追いかけっこしながらの撮影は楽しかった^^

Img_1161_ashitaka

さあ、夕食を作るぞ!

水仙郷の写真をスライドショーにしました。
http://yunagi.takara-bune.net/tyusikoku_index.htm

| | コメント (8)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »