« 本を置き忘れた! | トップページ | それでも江戸は鎖国だったのか 片桐一男著 »

2009年2月11日 (水)

夫婦が試されるとき 上村達雄著

Img_1345_niwa 私の評価 ☆☆☆** 2009年2月読書

副題には「アルツハイマー病の妻と生きる」とあるが、どちらかいうと自分史的な著書だ。ただ、時系列がバラバラで、少し読みづらかった。

著者は子供の頃から身体が弱く、妹と共に結核に侵される。妹は亡くなるが自分は生き残り、やがて保母さんで既に40歳に到達していた7歳年上の奥様と出会う。
そして定年後に、妻がアルツハイマーを発病。現在の千葉県の老人施設に入る。

発病の経過などが今一はっきりしないが、著者の苦労は良く分かる。奥様を大事にして、寄り添って暮らす著者は素晴しい。

この施設には自宅も処分して、大金をはたいて入所しているが、規約で『夜の徘徊』や『共同浴場での脱糞』をするようになると、施設を出て入院してもらうとある。
アルツハイマーが進むとこの症状は必ず出るので、その時に住み慣れた施設を放り出されるのは辛いなと思う。自宅を処分してまでして入所する施設がこんなのでいいのだろうか・・・

--------------------------

今日も暖かい一日でした。午前中は日が差していたので庭に出て、いっぱい写真を撮りました。やっぱり光があるといいですね。
いつの間にかクロッカスが咲いてます。庭への関心が薄れているのでしょうね、気付かない内に黄色、白、薄紫、全てが咲いています。

上と下の写真は同じクロッカス。撮る角度を変えてバックの色合いを変えてみました。どちらがお好きでしょうか? 赤や茶色はサザンカの落花びらや落ち葉です。

昨日から妻が風邪でダウン、嘔吐と下痢でしんどそうに寝てます。ちょうど私が休みで良かった。といっても何もできませんが(笑)
で、録画の中から『卒業』を見ました。ダスティン・ホフマンとキャサリン・ロスが主演でサイモンとガーファンクルのご機嫌な音楽の映画です。 懐かしかったですね。

ネットで調べてみると1967年の映画となってます。最近は殆ど同時上映になってますが、昔は日本で上映するまでには時間が掛かったのでしょうか。

Img_1341_niwa

|

« 本を置き忘れた! | トップページ | それでも江戸は鎖国だったのか 片桐一男著 »

コメント

何時までもあると思うな歳と金。
私も終わりを考える歳になりましたよ。(笑)
元気なままでサッとこの世とお別れと
行きたいな~
写真を撮るのは動き回るし、
画像処理は一寸頭を動かす。
お別れまでの心身の維持に良いかなと。
デジタルは欲を出さなければ、
お金もそこそこで済みますしね。

投稿: とるとる | 2009年2月12日 (木) 06時29分

奥様大丈夫ですか?
お腹にくる風邪もしんどいですね。
お大事になさってください。
「卒業」懐かしいです。
今のように入れ替え制ではなかったので、友人と一日中映画館にいて何度も見た映画の一つです(笑)

アレッ?
初デートで観た映画・・というのが消えてる(笑)

投稿: pocky | 2009年2月12日 (木) 09時15分

奥様 如何ですか?
日常の温度差があるのでお大事にしてくださいね

アルツハイマー・・考えさせられます
痴呆・・人事ではないです
明日の我が身かも・・・

人間の尊厳ということを
考えてしまいます

死ぬまで元気でいたい
これが最高の幸せですね

投稿: tantan | 2009年2月12日 (木) 10時33分

奥さまの具合はいかがですか?
嘔吐や下痢だと、脱水症に気をつけて
あげてくださいね。

人生には、想定外のことが起こるのも
受け容れていかねばなりませんが、
できれば、健やかに齢をとりたいものです。

クロッカスから、生命の息吹きを感じますね。
わたしは、上の色のあるのが好きですlovely

奥さま、早くよくなられますように…

投稿: エルモリア | 2009年2月12日 (木) 11時34分

とるとるさん こんばんは

欲を出さなければ・・ですね。私はまだまだ人間が出来てません(笑)

身体も頭もいっぱい使って、予防しなければね^^

投稿: とるとるさんへ | 2009年2月12日 (木) 23時10分

pockyさん こんばんは

内緒だよ~(笑)

2日間寝っぱなしでしたが、今日は少し食べたし、声も元気になってるので大分良くなっているようです。
あとは私に移ってないことを祈ってください(笑)

いい映画でしたよね^^ 懐かしいです。

投稿: pockyさんへ | 2009年2月12日 (木) 23時14分

tantanさん こんばんは

大分良くなってきたようです。ありがとうございます。おかげで私の料理レパートリーもどんどん増えていきます(笑) 味は保障できませんが^^

ほんと人事ではないですね。いずれは自分も、と思います。 死ぬまで元気でいたい、まさに同感です。

投稿: tantanさんへ | 2009年2月12日 (木) 23時17分

エルモリアさん こんばんは

妻の調子は大分良くなってきました。ありがとうございます。
やっぱり、風邪はしんどいですね。

長生きになった分だけ、認知症やいろんな病気になる確率が高くなります。
最後まで元気で、健やかに、そうありたいと思いますね。

投稿: エルモリアさんへ | 2009年2月12日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本を置き忘れた! | トップページ | それでも江戸は鎖国だったのか 片桐一男著 »