« それでも江戸は鎖国だったのか 片桐一男著 | トップページ | 落語を聴きに^^ »

2009年2月14日 (土)

地図にない国 川上健一著

Img_0612_cake私の評価 ☆☆☆☆* 2009年2月読書

頭にデッドボールを受け、恐怖感から野球が出来なくなったホームランバッターの三本木慎。引退かそれとも復帰かと悩み、心の休養のために欧州を旅する。

小説の幕開けは、高木志乃を迎えに来たヒースロー空港。言葉を交わす間もなく抱きついてきた志乃と共にオープンカーでスコットランドへ向かう。予定のない気ままな旅と素晴しい景観。
こんな旅行をしたいものだと思いながら、一気にのめり込み、読み進んだ。

Img_0622_tyoko_3 その後、慎は一人でスペインの牛追い祭りを見に行く。そこで落ち合ったのが作家と取材陣や取り巻きの一団。バスク地方独特の旅情の中、自らの心を見定める為に祭りに参加する慎達。
祭りと人々との交流を通じて、徐々に自らを見出していくが、そこで知り合った人達の行動が気になる慎。やがて、バスクのテロ組織と秘密警察組織が絡み、物語は複雑に展開していく・・・

軽快な文章で、面白く一気に読み進んだ。ただラストシーンが・・・
この祭りは毎年ニュースで取り上げられるので知ってはいるが、祭りの背景などは知らなかった。そういう意味でも面白いし、いつか行ってみたいと思った。

----------------------------------------

今日はバレンタインデー、プレゼントしたり・されたりで楽しんでいることと思います。
我が家は写真のプレゼント。皆で美味しく食べました^^

最近同姓同名の人を発見しました。これで二人目です。一人は学生時代にラジオを聴いていて知った人で、宮城県の人。
今度は同じ岡山で、あれ?名前を呼ばれていると思ったら、別の人でした^^ まだ顔は見てないけど、お話してみたいでね。

Img_0527_baby_biora2

Millerさんの写真が素敵だったので、似た構図でビオラを撮ってみました。
先週買ったLenzbabies2.0というおもちゃのようなレンズに、それ専用のマクロアダプターをつけて撮ってます。
6日の猫小物、10日のアリッサム、13日の葉牡丹はこのレンズで取ったものです。
特徴は、中心以外を大きくぼかすことが出来たり、流したり出来ることです。猫小物はピントが左側にあり、右側が流れるようにボケているのが分かると思います。

このレンズ、本体が蛇腹になっていて、指でくねくね曲げたり、縮めたり伸ばしたり出来ます。それでボケや流れ具合、ピントを合わせます。おもちゃのよなレンズです。
今日は100枚ほど撮って、ピントがどうにか合ったのが4枚。でも面白いですよ(^-^)

|

« それでも江戸は鎖国だったのか 片桐一男著 | トップページ | 落語を聴きに^^ »

コメント

あ・・・こちらにもビオラが。。
ビオラというとね、
夕凪さんの奥さんが綺麗に育てていらしたのをいつも思い出すんですよ。
ビオラ=夕凪さんの奥さん♪

昨日のバレンタインデー、お二人の女性から愛情たっぷりのチョコをもらったのですね。

私はけっきょく最後には意地を通すことが出来なくて、
マイチョコケーキだけにしようと思ったのに・・・
ついつい夫と息子にもケーキを買ってあげてしまいましたぁ~

悔しい~!

口ではぶちぶち言いながら、いつもこうですね(^-^;

投稿: Miller | 2009年2月15日 (日) 07時55分

高級感あふれるチョコですね!
チョコケーキの方は、奥さまの手づくりですね~heart
バレンタインデーは、このように過ごすと聖バレンタインさん
の犠牲も報われる、というものです^^

奥さまが種から育てられた、ビオラが今年も咲きましたね。
このレンズはトイカメラというものと、同じですか?
蛇腹のレンズが、欲しいです~ この前の猫ちゃんも動きが
あって、いいな~と思っていたのですよ!

投稿: エルモリア | 2009年2月15日 (日) 11時05分

Millerさん こんばんは

しっかりケーキをあげたのですね、さすがですよ^^
今年もビオラとパンジーは庭の中心です。 毎年咲いていたサクラソウが今年は咲いてません。これはちょっと寂しい。

投稿: Millerさんへ | 2009年2月15日 (日) 20時17分

エルモリアさん こんばんは

トイカメラの売り場で売っているので、仲間なんでしょうね。ピントは蛇腹を動かして合わせるし、絞りはリングを交換して合わせます。面白いですよ。

ビオラは殆どが苗からですよ^^ まめに庭の花を手入れしてくれるので助かってます。私は写す人ですからね(笑)

投稿: エルモリアさんへ | 2009年2月15日 (日) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それでも江戸は鎖国だったのか 片桐一男著 | トップページ | 落語を聴きに^^ »