« 月のうさぎ 吉村達也著 | トップページ | 夕食は春爛漫?? »

2009年3月11日 (水)

損料屋喜八郎始末控え 山本一力著

私の評価 ☆☆☆☆* 2009年3月読書

上司の不始末の責任を負って同心を辞め、損料屋となった喜八郎。庶民相手の商売もするが、与力の影となって、町の問題を解決していく時代小説。4つの短編連載の形で一つの長編となっている。

読んでいてまず面白いのは、これまで知らなかった職業が色々と出てくるが、庶民の考え、行動は今と殆ど変わらないこと。それと、悪事を働く輩のとの頭脳戦での喜八郎の活躍が面白い。
そして時代小説の常で、人情、粋、色恋などなどが織り込まれていて楽しく読める。

主な舞台は、蔵前の札差屋。旗本が幕府から貰う米を売り買いする仲買だが、米を質草に旗本に金を貸すのを生業としている。江戸には109軒の札差屋だけがその商売を認められているので、その権利を求めて、金と悪事がうごめく。

----------------------------------
今日は駿河湾の上空から富士山が綺麗に見えました。裾の方まで真っ白い雪を被った3月の富士山が一番綺麗です。

そして、帰りは月が綺麗。満月なのでしょうか、昨日の本じゃないけど「月のウサギ」が見えるくらいに、まん丸の月が透き通った夜空に浮かんでました。
今年はガリレオが望遠鏡で宇宙を覗いてから400年、彼もきっとこんな月を望遠鏡で見たのでしょう。宇宙と歴史のロマンを感じますね(笑)

Img_1780_090308

今日もブルーレイジー 後ろの黄色いのはなんだか分かりますか?

|

« 月のうさぎ 吉村達也著 | トップページ | 夕食は春爛漫?? »

コメント

日帰り出張でしたか~?

昨日は旧暦の2月15日で、望月でしたね^^
お月さまのクレーターの影を、国によって見方が
違うのも面白いですね。

ブルーディジーが、瑞々しくて青年~って感じです。
後ろの黄色は、菜の花かな??

投稿: エルモリア | 2009年3月12日 (木) 16時31分

沖縄でも見えましたか?
綺麗な青ですよね。 後ろは水仙でした^^

投稿: エルモリアさんへ | 2009年3月12日 (木) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月のうさぎ 吉村達也著 | トップページ | 夕食は春爛漫?? »