« 雪割草 | トップページ | 倉敷春宵あかり »

2009年3月16日 (月)

セリバオウレン

Img_1914_rasyoumon 昼休みの散歩に私はまだジャンバーを着て歩いてますが、もう半袖で歩いている人がいます。それくらいに、今日も暖かな一日でした。

雪割草を見た後、羅生門へ行ってきました。鍾乳洞が崩れて、天井部分が橋のように残っている所です。写真はその天然橋の下からもう一つの橋の方向を撮ったものです。

岡山はカルスト台地が多く、人が住んでいる所でもある日突然に、大穴が開くことがあります。
地下が空洞だから仕方ないけど、怖いですね。

Img_1880_kusama 雪割草の近くには、セリバオウレンも咲いてました。5mm程のコンペイトウのような小さな花が群生してました。
花の形が分かりますか(笑) ほんと小さいです。

これから、カタクリや一輪草、二輪草などが次々に咲くそうです。また行かないと駄目ですね^^

これらの野草は、杉林の中に咲いてます。風はなかったので、花粉がモクコクと出ている様子はなかったのですが、揺すると黄色い花粉が大噴出でした^^;
くしゃみは出なかったけど、ちょっと注意の場所でもあります(笑)

最近図書館に行ってないので、文庫本を買ってます。小さくて持ち運びにはいいですが、やっぱり勿体ないですね。どうせ、一度読むと二度と読まないのですから。

Img_1876_kusama  

|

« 雪割草 | トップページ | 倉敷春宵あかり »

コメント

セリバオウレン・・・何?・・どんな難しい話?と思いながら読みました。お花の名前でした(笑)

3枚目の写真素敵ですね。
私の写真、進歩がなく倦怠期です(笑)

投稿: hirobou | 2009年3月17日 (火) 05時53分

すっかり小春日和になって日中は、暖かいから半袖の方を見掛ける様になりましたね。

セリバオウレンっていう小さな可愛らしい、お花ですね!

本当に金平糖みたいです。

もう1つのブログも更新しました。

http://blog.livedoor.jp/myou9918/

投稿: 堕天使ママ | 2009年3月17日 (火) 18時52分

羅生門、すてきな場所ですね!
こんな場所が好きです~

セリバオウレンというお花も、初めて見ました^^
ほんとうに、金平糖の形をしている!

これを撮影するのは、たいへんでしょうね。
身体が柔らかくないと、このアングルは写せない(笑)

投稿: エルモリア | 2009年3月17日 (火) 19時37分

hirobouさん こんばんは

セリバオウレンのセリバはセリの葉っぱに似ているからと出てました。ほんとに小さくて、ピントを合わせるのにも一苦労でした。

倦怠期、どんどん撮って打破するしかないですね。私も一緒ですよ。一時期よりは気持ちは楽になりましたが^^

2枚目の写真は貰った300mmのレンズで撮ってますが、解像度がいまいちのレンズで、ピントも画像もしゃきっとしてません。
いいレンズが欲しいですね^^

投稿: hirobouさんへ | 2009年3月17日 (火) 21時06分

堕天使ママさん こんばんは

ほんと暖かくなりました。私も今日はポロシャツ一枚で散歩しました。
健康ブログですね。また見せていただきます。

投稿: 堕天使ママさんへ | 2009年3月17日 (火) 21時07分

羅生門、下に降りて行くとひやっとします。鍾乳洞の名残でしょうか。
写真は這いつくばって撮ってますよ。小さなレジャーシートを敷いて^^
撮り終わると、息を止めているからでしょうか相当疲れてます(笑)

投稿: エルモリアさんへ | 2009年3月17日 (火) 21時10分

カタクリぜひ写してきてくださいね~

私も今年山の中の自然のカタクリを見るのが楽しみです。
公園で咲いているのとはまた違った雰囲気なのでしょう。

ぼちぼち雪解けが進んできています。
春はもうすぐですね♪

投稿: Miller | 2009年3月18日 (水) 07時56分

なんだか 不思議なところですね
霊気を感じますねぇ!

花粉と格闘した貴重な写真なのですね
可憐で繊細な花心が伝わってきます

投稿: tantan | 2009年3月19日 (木) 10時53分

Millerさん こんばんは

そろそろ雪解けですか。楽しみでしょう^^
カタクリ、まかせて下さい(笑)

投稿: Millerさんへ | 2009年3月19日 (木) 19時57分

tantanさん こんばんは

きっと夏は涼しいですよ。機会があれば行ってみてください。
山野草、ほんと可憐ですよね^^

投稿: tantanさんへ | 2009年3月19日 (木) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪割草 | トップページ | 倉敷春宵あかり »