« 入社式と内定取り消しに思う | トップページ | 運河の果て 平谷美樹著 »

2009年4月 7日 (火)

空色ヒッチハイカー 橋本紡著

Img_2379_20090331 私の評価 ☆☆☆☆* 2009年3月読書

軽く読める青春小説。若いときを思い出したい人向けかな(笑)

主人公は18歳の少年。ずっと兄の後姿を追って生きてきたが、その兄が消えた。羅針盤がなくなった主人公が、兄の空色の車を運転して夏休みの九州旅行に出発する。
その途中で、多くの人を乗せて行くことで、成長していく。

ヒッチハイク、懐かしい言葉だ。若い時は自分も乗せてもらったし、乗せたこともある。今の世の中じゃ、怖くて出来ないかな。

乗せて貰った一番長い距離は奈良から桑名まで。自転車で紀伊半島を一周して、奈良まで来た。雨続きで疲れたし、予定のコースは走ったので、長距離トラックに載せてもらった。
一番短い距離は、駅から運転免許試験場まで。自動車学校には入らず、直接試験場に運転免許の試験を受けに行ったから4回も通った。その時にダンプカーに乗せて貰った^^ 見かけによらず乗り心地が良かった。

若かったんだな・・と読みながら、そんなことを思い出した。

----------------------------------------

花粉が随分と減ってきたようです。マスクをしなくても大丈夫になってきました。やっと本当の春が来たようです^^
そして今週は、紋白蝶、紋黄蝶、てんとう虫などが飛んでいるのをみました。虫たちにも本当の春が来たようです。

世界にも春が来るのでしょうか、オバマさんが『核兵器のない世界にしよう』と言ってます。いいことですね。どんどん進めて欲しい。でも一番最初にすることは、広島に来て謝ることだと思います。
これが出来なければ、その決意は本物ではありません。そう思いませんか?

Img_2381_20090331

今日はユキナヤギを2枚アップしてみました(^-^) 出来はともかく、よく工夫してトライしているでしょう(笑)
よく観るとピントが甘い。画質の落としすぎか、本当に甘いのか、元写真を見てみないといけません。先日の写真の方がいいかな(笑)

|

« 入社式と内定取り消しに思う | トップページ | 運河の果て 平谷美樹著 »

コメント

私は今日は、クシャミがよく出ます。
ヒノキにも反応してるんだわ・・・
先ほどからティュシュが離せな~い(笑)
紀伊半島1周して、トラックやダンプにヒッチハイク。
そんな夕凪さんが、どうしても想像できません(笑)
私も経験したかったなぁ・・・一度もしたことがないんですよ^^

投稿: pocky | 2009年4月 7日 (火) 22時59分

(゚ー゚)こんばんは。てんとう虫 私もみかけましたよ!
 かわいくて つい顔がほころびます。
 ユキヤナギ 素敵です。 

 橋本 紡さんの 流れ星が消えないうちに  という本を読
 んだこと 思い出しました。  お気に入りの本の1冊です。
  あす ジュンク堂に久しぶりに行くので 空色のヒッチハ
 イカー 読んでみようかなッ! 

 「ちょっとだけ凹んでいるあなたへ 希望の言葉を贈りあお
  う」岸本葉子withHOPE*プロジェクト編著  清流出版
  2007年11月初版      
 
 夕凪さんこの本手にとられたことありますか?
 50文字ていどの 79の言葉がおさめられています。
 私の応募した言葉も 選んでもらえてのっているんです。
 はるか の名前で載っていないから どれかわからないと思 うけど・・(笑)  
 HOPE*プロジェクトのホームページ よかったら アクセス してみてください。
  
 鳥越俊太郎さん 織作峰子さん 小川宏さん 垣添忠生さん
 落合恵子さん 白石康次郎さん ハイヒールリンゴさん 榎 木孝明さん 俵 萌子さん ・・ といった方たちも言葉を 贈ってくださってて 暖かいかんじの本に しあがっていま
 す。
 夕凪さん 私 タイトルの (贈りあおう)という表現が  すごくすきなの。
  
               
  

  
 
 
 

投稿: はるか | 2009年4月 8日 (水) 00時27分

夕凪さんの写真を見て、ずーと思っていました。以前の写真は美しい・素晴らしい・素敵・いいな~・こんな写真が撮りたいな~・・こんな言葉でした。今は優しい・哀しい・広々している・そして穏やか・・・形容する言葉が変わってきました。

なんとなく夕凪さんらしい、真似のできない写真だな~と思います。

赤い写真はとても好きですが、夕凪さんは穏やかな淡いピンクの感じです。そして私もヒッチハイクの夕凪さんが想像できません(笑)

投稿: hirobou | 2009年4月 8日 (水) 08時00分

ヒッチハイクの、経験がありなのですか~!?
ダンプに乗ると、視点が高くて気持ちがいいでしょうね。

こちらでは、たまにオバァーのヒッチ・ハイカーが
いますよ~(笑)

そろそろ、花粉の量も減ってきましたか~?

ユキヤナギが満開になると、とっても素敵ですねlovely
レンズの絞り加減が、いろいろとでるのですね!

投稿: エルモリア | 2009年4月 8日 (水) 10時09分

ヒッチハイク経験ないですね~
って女の子なら当たり前か。。(笑)
夕凪さんのヒッチハイクはやはり意外でしたね。

「核をなくす!」筈の議論がだんだん「北朝鮮が核を持ち続けるのなら日本も核が必要・・」なんて言い出しているお方もいるようで、、
本当に人間は愚かな生き物です。
苦しい思い痛い思いを何度経験しても学習しない人っているのですよね。

核を当たり前のように持っているアメリカに「核のない世界に」なんて言われても説得力ない。。

投稿: Miller | 2009年4月10日 (金) 07時31分

人の繋がりと暖かい心があった頃のヒッチハイクって
人を育ててくれる要素がいっぱいあったですよね

WMCAとかもよく利用しませんでしたか?
tantanにも たくさん 貧乏学生だった頃の
思い出がたくさんあります

投稿: tantan | 2009年4月10日 (金) 11時24分

pockyさん こんばんは

花粉症はしんどいですよね。でももう少しの辛抱です。
今の姿から、若い時は想像できませんか・・今の姿では仕方ないですね(笑)

神社にテント張って寝るとかは、バチが当たりそうで流石に怖かったですよ^^

投稿: pockyさんへ | 2009年4月10日 (金) 23時50分

はるかさん こんばんは

橋本さんの本は、またいつか借りて読もうと思ってます。『流れ星・・』ですね。岸本葉子さんのその本も読んでないので、またいつかです^^

希望の言葉を贈り合う、いいですね。毎日を明るく楽しく生きることが一番です。

投稿: はるかさんへ | 2009年4月10日 (金) 23時54分

hirobouさん こんばんは

もっと細く若い夕凪を想像してくださいよ(笑) 

先日A4サイズの額を買ってきたので、撮った写真を飾ってます。それを観て『素敵だな』と思える写真を撮りたいと思います。 なかなか難しいですね。

投稿: hirobouさんへ | 2009年4月10日 (金) 23時57分

エルモリアさん こんばんは

若いときだから出来たのですね。もう無理です(笑)
乗せるのも、今の時代は怖いですね。昔は、おおらかでしたね。

投稿: エルモリアさんへ | 2009年4月10日 (金) 23時59分

Millerさん こんばんは

武力は国力の面があります。そして国力があるからこそ、他国の侵略から免れる。
国力は武力だけではないけど、どうしてもそれに頼る国が出てきます。そしてもっとも強力な武力が核ですね。

核保有国は全てオバマ発言を否定してます。でも第一歩だと思いますよ。100年掛けてでも実現させて欲しいですね。

投稿: Millerさんへ | 2009年4月11日 (土) 00時04分

tantanさん こんばんは

やはり人が優しくおおらかな時代でしたね。そんな時代でも、野宿していて一番怖いのは人ですね。動物は襲ってこないですから。

一人旅の時は、ユースホステルをよく利用しました。確か一泊500円くらいでしたね。それと駅のベンチ。これも良く寝ました。
自転車の旅は全てテントと駅のベンチ。若かったですね(笑)

もっとも今は駅では寝せてくれません。時代は変わりましたね。

投稿: tantanさんへ | 2009年4月11日 (土) 00時08分

遥か昔の子供の頃に、父にキャンピングカーで各地を旅行したい!と行ったら即座に却下されたのを思い出しました。(笑)

↓私もバブルが弾け氷河期と言われた世代の就職組でした。

私は、問題なかったんですが…‥国家資格を持たない友人や同級生達は、内定取り消し等がありアルバイトや派遣になった方も沢山いました。

投稿: 堕天使ママ | 2009年4月11日 (土) 11時22分

堕天使ママさん こんばんは

キャンピングカーで旅行、いいですね。実現したらきっと記憶に残る旅行になったと思います。
私も昔は欲しいなと思ってましたが、最近はホテルの方がいい(笑) 歳をとりました^^

バブルのはじけた時も酷かったですね。自分責任ではなく、景気で人生が大きく変わる。仕方ないけど、不公平な気もしますね。

投稿: 堕天使ママさんへ | 2009年4月11日 (土) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入社式と内定取り消しに思う | トップページ | 運河の果て 平谷美樹著 »