« 鼓笛隊の襲来 三崎亜紀著 | トップページ | 半田山植物園 »

2009年5月30日 (土)

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

私の評価 ☆☆☆** 2009年4月 機上ビデオ 公式HP

監督:デヴィッド・フランケル
出演:オーウェン・ウィルソン、ジェニファー・アニストン、エリック・デイン、アラン・アーキン他

タイトルから予想されるように、はちゃめちゃな犬と家族の物語。国際線の飛行機内で見たが、ラストシーンでは涙が止まらず、恥ずかしかった。

主人公のジョン(オーウェン)とジェニー(ジェニファー)は共にジャーナリストの新婚さん。子育ての予行演習にと、飼い始めた犬がマーリー(ラブラドール・レトリバー)。
ところがそのマーリーがとんでもないバカ犬。しつけは全くできず、訓練学校でもお払い箱にされた。でも二人はそんなマーリーを大切にする。

やがて、二人に子供が出来ると育児に疲れたジェニーには、とんでもない迷惑犬に思えてくる。マーリーを放り出そうとするが、やがて子供らはマーリーに懐き、楽しい日々を送るようになる。

月日が過ぎ、二人はそんなマーリーが自分達に宝物の人生をプレゼントしてくれたことを知る。

ハリウッド映画らしい展開だが、なんといっても犬が可愛い。楽しめた映画だった。

-------------------------------------------------

映画も本も感想メモがいっぱい溜まってます(笑)
最近は天候が優れない日が多くなってます。降水確率も0%の日がない。梅雨入りが近づいてますね。

今週は妻が歯から熱を出して寝込み、二人で病人になってました(笑) もう大丈夫ですが、この週末は予定していた、日本海へのキス釣りを中止しました。ゆっくり休養です^^

遂にとんでもない補正予算が成立しました。選挙対策のばら撒き予算、このつけは一体誰が返すと思っているのでしょうか? 目先のことばかりで、日本の将来、国民の将来を考えられない政権は早く交代してもらわないといけません。最悪の首相です。

どうして新聞各紙は、日本の将来を憂い意見を言わないのでしょうか?

Img_3157_20090523

長年楽しませてくれたアリストロメリアが無くなり、秋に新たに植えた二株が咲き始めました^^

|

« 鼓笛隊の襲来 三崎亜紀著 | トップページ | 半田山植物園 »

コメント

マスコミが元凶なのでしょうかね。
我が国は・・・
どうもそんな気がします。

政治家とマスコミがくっ付いている感もします。
違うかな?

ナショナル・ジオグラの食料危機、
不安が増大しました。
新聞よりも好きな本です。

投稿: とるとる | 2009年5月30日 (土) 16時54分

奥様も体調の悪い日々だったのですね。
今夜のキス釣りは延期?
そうですよ、お仕事がハードだったし、週末は
ご夫婦でゆっくり休養なさってくださいネ。

とんでもない補正予算が、なぜ通過してしまうのか
不思議でなりません。
あそ◯総理の、答弁にも嫌気がさします。
政権交代なくしては、日本は変わらないでしょう。
今は、恥ずかしい国です・・・

投稿: pocky | 2009年5月30日 (土) 21時17分

こんばんは! メバル釣りに行っちゃったかな~?
くれぐれも、無理してはダメですよ!
奥様も発熱されているとか、どうぞお大事に…。

大いに問題あり!の補正予算の可決、悔しいですね!
参議院の存在意義って、あるのでしょうか?

映画「クライマーズ・ハイ」のように、現場で取材する
記者さんと、デスク側との攻防の結果、いざ活字になると
こんな日和見主義的になるのでしょうかね~coldsweats02

投稿: エルモリア | 2009年5月30日 (土) 21時22分

とるとるさん こんばんは

そうかもしれませんね。インフルエンザでも大騒ぎでしたから。

ナショナルジオグラフィックは面白いですね。購入はしてませんが、病院で見てます^^

投稿: とるとるさんへ | 2009年5月31日 (日) 21時40分

pockyさん こんばんは

釣りは延期ですね。妻も漸く元気になりました。家が明るくなりましたよ^^

恥ずかしい国。彼らは国民がそう思っているのを知っているのでしょうかね。

投稿: pockyさんへ | 2009年5月31日 (日) 21時42分

エルモリアさん こんばんは

釣りは止めました^^ 昨日は早めに寝て、今日近場に出かけました。

クライマーズ・ハイ あの緊張感があれば、もっとまともな記事が出てくると思いますね。
今は何かおかしい。

投稿: エルモリアさんへ | 2009年5月31日 (日) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鼓笛隊の襲来 三崎亜紀著 | トップページ | 半田山植物園 »