« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

ひなたぼっこ^^

Img_5729_20100327 昨日今日と晴れて気持ちのいい天気です。先週とは大違い。やっぱり気持ちが良いですね^^ 今日は体調も良いし(^-^) 
猫ちゃん達も窓辺で日向ぼっこ、気持ちが良さそうです。

セリーグも先週末に開幕して、またスポーツ欄を見る楽しみが出来ました。我がドラゴンズ、調子はいまいちですが、どうにか二勝一敗の好スタートを切りました。若い選手も出てきているし、今後が楽しみです。

普天間問題でまた鳩山首相の発言がブレてます。本当に困った人です。日本の国防をどうするのかの議論もなしに、県外移転だなんて言うから、纏まるはずがない。
期待した沖縄県民はいい迷惑です。郵政問題にしたってそう、言葉の軽い人です。

| | コメント (6)

2010年3月28日 (日)

見えないドアと鶴の空 白石一文著

私の評価 ☆☆☆** 2010年3月読書

Img_2211_20100328前回読んだ白石さんの本が面白かったので、今回は期待して読み始めた。ところが、なんと不倫の話ではないか。
こりゃ駄目だ、読むのを止めようかと思ったが、辛抱して呼んでいると話は思わぬ方向へ展開していく。で、最後まで読んでしまった。

主人公の昴一は出版社を辞めて2年間、妻の収入で暮らしている。ある日妻の親友由香里の出産に立ち会ったことから、三角関係が始まる。しかし由香里の持つ不思議な『能力』を知っている妻はその不倫に直ぐに気付き、夫婦はおかしくなっていく。

Img_5750_20100228 妻と友人の関係と『能力』に疑問を持った昴一は、真実を探し始める。そしてその過程で、自分の生き様を見つめ直し人が生きる意味を見つけていく。

その過程は面白く読めた。

----------------------------------------
まだまだ寒い日が続きます。セーターもコートも手放せないし、体調もいまいち。でもしっかりと深山公園を散策してきました。
桜はまだ蕾で、ミモザ(フサアカシア、上の写真)が綺麗でした(^-^)

Img_2236_20100328_2 園内を歩いていて登りになると、息が切れてくる。困ったものです。山つつじが沢山あったので、その時期にお弁当を持ってまた歩きに行こうと思ってます。頑張って体力を付けなくてはね^^
といっても、この公園はあまり好きになれません。どうも谷筋に沿ってあるので、暗い感じがするからでしょうか。

池には鴨類や白鳥がいっぱいいました。写真は妻が撮影したもので、つがいが一列縦隊に並んでいて可愛い。
なに鴨なんでしょう?
子供たちが楽しそうに鴨達と戯れていました。

明日からまた新しい一週間、元気を出して頑張ろう!

Img_5745_20100228

なに桜だろうか、この桜の蕾はまだ固かった。

| | コメント (10)

2010年3月25日 (木)

今日も雨だ!

三日連続の冷たい雨、嫌になりますね。明日から晴れの予報、嬉しいけど仕事を入れている(笑)
ということで、雨の中の散歩は今日は中止。先に風呂に入りました。午後雨が上がってから散歩だね。頑張って免疫力を上げるぞ!と^^

庭のアスパラが出てきました。一昨年菜園に植えたのですが、地主さんに契約違反と怒られて、庭の隅に移植していたものです。
たった一本を収穫して、3人で分けて食べました。美味しい! 甘みがとても強くて美味しかった^^ これも採りたては全然違うのかなと感心です。あとどんどん出てくるのかな・・
肥料をしっかりあげよう^^

先日の梅の里で「からし菜」の苗を買って来た。この雨で移植できてないけど、これは美味しいのかな? 何処に植えようかなと、楽しんでます。美味しい食べ方ご存知ですか?

この写真何に見えるかな?

Img_5577_20100313

先日入ったカレー屋さんの窓辺に置かれていたグラスを通して、表の木に下げられていたビオラを撮ったものです。
面白い色彩になりました^^

これをみて、我が家もカイドウの枝にビオラをぶら下げました(^-^)

| | コメント (6)

2010年3月24日 (水)

今日も雨

今日も冷たい雨が朝から降り続いています。予報では明日も雨、嫌になります。雪に苦しめられているhirobouさんの気持ちが分かりますね。

今週は休みを貰っているので、晴れならば楽しいことをしようと思っていたのに、これじゃたまりません。仕方ないので、傘をさして散歩してます(笑)
1時間歩くと結構疲れます。でも今日は坂を入れようと足高山を散歩コースに組み入れました。足腰の退化を食い止めて、秋には大雪山の紅葉を見に行きたい(^-^)

生活パターンを変えようとしているが、結構難しい。就寝は22時就寝を目標にしてますが、昨日は22時10分就寝、でも寝付きが悪い。その上、いつも12時過ぎに目を覚ます。
今朝は4時半頃に目が覚め、眠れなくなった(笑) その内、慣れるかな^^

先日の新聞に面白い記事が出ていた。絶縁体に電気を流すことが出来るようになったと。電気は電子が移動することで流れるが、これは電子のスピンを伝達することで流れる。
電子のように移動するものがないから、発熱もなく導電ロスが大幅に減少すると。
凄い技術ですね。数年前に理論を発表して、今回実証実験に成功した。工業的に実用化されたら、ノーベル賞でしょうか。期待したいですね。

Img_5686_20100319

散歩していると沈丁花の甘い香りが匂ってきます。これも春の一シーンですね。残念ながら我が家の沈丁花は随分前に消えてますが・・

引田のひな祭りの写真を纏めました。

| | コメント (4)

2010年3月22日 (月)

津山 梅の里公園

Img_2179_20100322 土日はしんどくてゴロゴロしてたので、どこか行きたいな・・と、ネットで見ていると、梅の綺麗な公園を発見。
先週が満開津山梅の里公園です。山の斜面一面に3800本が植えられているとか。倉敷よりも寒い県北だし、まだ見れるかもしれないと思い。今日出かけてきました。

Img_5714_20100322 でももう見頃は過ぎていた(笑) 
今日はのんびりドライブで行こうと429号線を走る。山の木々はまだ枝だけで殺風景だが、道端には水仙やコブシ、ユキヤナギ、レンギョウ、花桃などの花々が咲き誇り、綺麗だった。

途中、道の駅『円城』で一服。道は空いていたけど、ここは満車。やっぱり天気が良いので観光客が多い。景色のいい所で昼食にしようと、つきたての豆餅とまぜ寿司を購入。 美味しかった^^

梅の里に到着して、ビックリ。岡山にこんな綺麗な梅山があるなんて。上の写真のように斜面一面が梅で埋め尽くされている。でも、梅はもう満開を過ぎて色あせていたし、香りも少なくなっていた。ちょっと残念でした。

帰りは高速で。途中吉備農園に寄って庭植え用に春の花を購入。それとモッコウバラの苗を。門のアーチに絡ませてみようと、数年先を楽しみに(^-^)

Img_5715_20100322 花は残っているが、こんな状態でした。また来年行こう(^-^)

| | コメント (12)

2010年3月20日 (土)

塩の街 有川浩著

私の評価 ☆☆☆☆☆ 2010年3月読書

著者の本はこれで3冊目。どれも奇抜で一気にのめり込んでいく。巻末のあとがきを読むと、自衛隊3部作というらしい。そういえばそうだと納得。
そして解説を読んでいると、『彼女の作品は・・』と。 エッ!! 女性?? 「浩」だからヒロシと読んでいたが、ヒロらしい。これには本当に驚いた。
彼女は自衛隊に在籍していたのだろうか?

今回も含め3冊の登場人物は皆10~20代ばかりで、会話も若者言葉。軽いタッチで読める。大人向けのライトノベルという範疇にあるらしい。
ちょっと年寄りが・・とも思うが、どんな範疇に分類されても、でも面白いものは面白い。

それにしても、人間を塩の塊に変えてしまう生物の襲来という途方もない発想はどこから出てくるのだろうか。一度作者の話を聞いてみたいものだ。

恋愛小説が好きな方にも本書は良いかもしれない。
本書はその襲来に立ち向かう自衛隊の若者と女子高校生のラブロマンスが並行して進む。お勧めです。

----------------------------------------------

ゆっくりモードの一週間が終わりました。少し疲れたかな(笑) でも来週一週間は休み。もっとゆっくりモードです^^ ゆっくりを楽しみたいと思います。せっかくだから、天気だけは良くなって欲しい^^

明日は倉敷朝市の5周年記念で、開催範囲を美観地区まで広げて大規模に開催されるそうです。合わせてこの連休は美観地区の『春宵あかり』。観光で来るにはいい時かもしれません。お勧めですよ^^
夜の撮影、去年とは違う写真が撮れるのかな・・・と自分の腕も含めて、どうしようかと迷ってます^^

また民主党がざわついてます。新しい日本を作って欲しいと多くの人が一票を入れたはずですが、やっていることは旧自民党と同じ。本当にがっかりです。
もう小沢さんは引退した方がいい。抜本的に日本の改革を進めることが大事なのに、やっていることは全くその逆だ。 本当に空しくなる。

Img_5634_20100314

真っ白の水仙 妖精のようでした^^

| | コメント (4)

2010年3月19日 (金)

今日もゆっくりと^^

少しでも免疫力を上げるためにと、就寝時間を見直すことにしました。どの本を見ても、規則正しい生活というのが出ています。
一般に病棟は21時就寝で6時起床。きっとこれが身体のサイクルに一番いいのでしょう。

ということで、昨日は22:30就寝。といっても眠れないので23時過ぎに眠剤を。6時起床までぐっすり眠れました^^
朝食後、1時間の散歩、1時間の入浴、そしてブログと時間を過ごしています。そう、ブログの時間も朝にすることにしました。

Img_5702_20100319 今朝の散歩は、娘の勤め先の駐車場まで。飲み会だから送ってくれというのを、乗って行かせて、車を私が持って帰ってくるパターンです。
徒歩で往復する必要がないので、2倍の距離まで足を伸ばせます^^

そして新しい喫茶店を見つけした。こじんまりした所で、いい雰囲気です。カフェオーレでも飲もうかなと思って入ると、『エスプレッソぜんざい』というのが目に入った。
エスプレッソとぜんざい? なんだこれはと思って、マスターに聞いてみると、ぜんざいにエスプレッソを入れただけだと。

興味あるでしょう。早速それを注文^^ アイスクリームの下にはちゃんと餅も入ってますよ。エスプレッソの苦味でぜんざいの甘みが少し押さえられているかな。
甘みと苦味とコーヒーの香り、不思議な感触でしたが、美味しかったですよ。

Img_5693_20100319

今朝は快晴 木蓮も嬉しそう^^

| | コメント (8)

2010年3月17日 (水)

むらさきはななを見て思う、元気かな

Img_5645_20100314 昨日の黄砂と打って変わって、今日はすっきりと晴れ渡る気持ちのいい天気でした。でも最低気温は3℃、空気は冷たく手は手袋が欲しいくらいに冷たくなった。

ゆっくりペースに入って今日で三日目、なんか一週間がとても長いように感じる^^ 時間がゆっくり流れるせいだろうか。 
今朝からは、朝の散歩を加えました。約一時間の散歩です。その後一時間の半身浴。これからはこのペースで行こうかなと思ってます。

散歩していて見つけたのが、「むらさきはなな」。ゆきっこさんのブログ名が「むらさきはななの日記」で、初めて知った可愛らしい春の花です。
でも彼女のブログは2008年11月を最後に更新がストップ。この広い世界でせっかく出合ったのに、交流がなくなる・・・寂しいですね。皆さんにはいつまでも続けて欲しい。
元気にされているのかな、とむらさきはななを見て思った。

Img_2150_20100314

ホトケノザの群生とナズナ。まるで花畑のようでした^^ 上の写真は前ボケでナズナの白を入れてます。

| | コメント (10)

2010年3月16日 (火)

笑って生きればすべてうまくいく 齋藤茂太著

私の評価 ☆☆☆** 2010年3月読書

誰しも楽しく笑って幸せな人生を送りたいと思っている。そのためのヒントを楽しくおかしくエッセイ風に纏めている。
下手をすると説教臭い本になるが、流石に茂太さん。云々と頷きながら素直に読めた。

病気になって思うことは、「絶対治る信じて、気力で治せ」とか、「毎日笑っていれば、絶対治る」とか言われるのが本当に辛いということ。
私だって治ると信じて必死で頑張っているのに、『気力』だと言われると、「まだ足りない」と言われているように思えてくる。じわじわと身体を侵して、心まで侵そうとする病気に対して、明るく前向きに向き合って生きているのに、「笑えば治る」と簡単に言う。
本当に病人と言うのは難しいものだ(笑)

Img_5648_20100314 読んで、心に留まった言葉はいっぱいあるが、最後にあった言葉を。

ささやかな喜びを大切にする : 朝起きて温かい日差しが入ってくると気持ちがいい。今日一日いいことがありそうだと感じる。綺麗な花を見ては、わぁ綺麗!とカメラを持ってくる。 そんな喜びを大切にしたい。

Img_5623_20100314 明日のことは考えない、昨日のことは忘れる : 過ぎ去った昨日のことを忘れることはできる。でも明日のことはどうしても考えてしまう。これは性格か。でも今の瞬間の喜びや幸せを見つけることは出来る。これで良いかなぁ・・ いやこれならば、今日を楽しむためにレンズを買えということだろうか(笑)

明日のために、今日を犠牲にしない : これも今日を大切に生きようと。頑張らないと決めたから、もうこれは守れる^^

先を急がない、ゆっくりと生きる : これも一緒ですね。人生焦っても仕方ないし、人と競争してもしょうがない。急ぐほどに気持ちが焦り、ゆとりがなくなっていく。これももう大丈夫。仕事よりも身体優先に切り替えたから。ちょっと遅すぎたかもしれないが、それもまた私の性格であり人生だ。55歳、昔の定年と考えて心の切り替えが出来た。

Img_5658_20100314_2 「なんだつまらない」と思わないこと :  何事も気持ちしだい。「つまらない」と思えば本当につまらなくなる。やっぱり人や物事に好奇心を持ち続けることでしょうか。結構難しいかもしれない。釣りに行きたいなと思っても、一方ではあの場所ではどうせ釣れないし・・と思う自分がいる。行けば釣れなくても絶対に楽しめるはずなんだけど、そう思う自分がいる。まずは行動だな^^

Img_5669_20100314 迷った時は楽しく思える方を選ぶ : こんな選択の仕方はなかったな。もともと決断力のある方だったし、自分で決めたことは、失敗だったなと思っても後悔はしない。でもこれからの選択法としては、この基準はいい。使っていこう^^

---------------------------------------------

今日は暖かだったが、風が強く黄砂で遠くが霞んでいた。久しぶりに昼休みに散歩したが、ずっと羽織っていたジャンバーがなくても良かった。もうすっかり春です。たったこれだけのことで嬉しくなってきます^^
枯れているようだった木々にも新芽が出てきているし、浜大根の花も咲いてました。

そろそろオープン戦も後半に突入し、今朝の新聞には各球団担当の記者たちによる順位予想が出ていた。セリーグの一位は6名全員が巨人、二位は5人がドラゴンズ。
皆さんつまらない予想をしてます。担当記者ならば、少しは夢を乗せて予想して欲しいものだ。
オープン戦の成績は今一の我がドラゴンズ、気合だ~! 楽しませてくれよ^^

Img_5641_20100314 田尻を散策していると、ホトケノザも群生してました。綺麗でしたよ^^ さわやかな海風と杏の香りを楽しんでいると、初々しいうぐいすの鳴き声も^^ 
今日は読書感想が長いので、杏と菜の花の写真をいっぱい貼り付けました(^-^) 香りも届くかな^^

| | コメント (12)

2010年3月15日 (月)

花のあと 

私の評価 ☆☆*** 2010年3月 映画館 公式HP

監督:中西建二
出演:北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、市川亀次郎、国村隼、他

原作は藤沢周平、いい話なんだけど、映画は今一。こりゃ駄目だな・・と横を見たら、妻は熟睡モードに入っていた。

なんといっても主役の演技が本当に下手。脚本なんだろうか、監督なのだろうか、いずれにしろ物語の描写も今一だった。
剣の腕に優れた、凛とした美しい娘が不正の犠牲になった思い人の仇を討つのシンプルな物語。
本当であれば感動が残るはずだが・・ ちょっと残念だった。

---------------------------------------------

今日からゆっくりモードです。
今朝は6:30に目が覚めて、7:30に起床。食事のあとに、体温を上げるために入浴。読書と頂いた生姜湯を飲みながら40分、しっかり暖まった。

出社は11時。メールをチェックしたあと、特許を書くことに。16:45に退社。
短い時間ですが、しっかり集中して仕事している自分がいます。
また抗がん剤治療も始まるし、家でも仕事でも少しずつペースを作って行こうと思ってます。

Img_5638_20100314

昨日の杏です。梅と似ているのかな?

| | コメント (10)

2010年3月14日 (日)

福山市田尻の菜の花祭り

Img_5585_20100313晴れたら菜の花を見に行こうと思っていたが、土曜日はどん曇り。予定を変更して菜園の草むしりをした。野菜だけでなく雑草もどんどん成長してます。
それとエンドウの蔓の誘引。先日の雪で何本かが折れていた^^;

そして昼食は牡蠣カレーが美味しい児島のカレー屋さんへ。でもメニューを見てガックリ。牡蠣は冬の季節メニューで2月まで、3月からは豆とチーズカレーになっていた。

私はそれを注文、妻は「夢カレー」を。豆が多すぎて、私には今一でした。やっぱり冬の牡蠣と秋の茸カレーが美味しいかな。
でも店の雰囲気がいい、素敵なお店です。以前は隣のカウンターだけの店でおばあちゃんが一人でやっていたが、今は喫茶店で娘さんとやってます。

Img_2116_20100314_2 今朝は目を覚ますと、陽が差している。ラッキー^^と思ったが、身体がだるい。ゆっくり朝風呂に浸かって、出発したのは午後になってから。
天気は段々と雲が多くなってきた(笑)

場所は福山市の田尻。山陽新聞に30アールの菜の花と海の写真が紹介されていた場所だ。

Img_2117_20100314 ネットで調べると、菜の花祭りと杏まつりをやっている。ナビに田尻を入力するが、出てこないので、とりあえず笠岡干拓地の菜の花畑を見て、福山市の鞆の浦方面に向かうことにした。

干拓地の菜の花は全く駄目。まばらで期待はずれでした。鞆の浦の手前で、田尻と杏まつりの幟を発見して、その方向へ車を入れた。
すると街路樹がピンク色の花を付けた杏に(^-^) しばらく車を走らせて、畑のおばあさんに菜の花祭りの場所を聞く。

Img_2169_20100314 早速行ってみると、写真のような綺麗な菜の花が。残念ながら陽が陰って青い海と菜の花の写真にはならなかったけど、いい香りに包まれて幸せな気分になりました(^-^)

車をそこに置いて、畑の山道を福山方向に歩いていくと、右の写真のような杏畑に^^ まだ咲き始めですが、綺麗でした。香りもいい^^

そこのおじさんに聞くと、あと一週間ほどで満開になるとか。ちょっと来るのが早かったようです。結局2時間近く散策して駐車場に戻ってきたら、残っていたのは私の車だけ(笑) 
海と杏を見ながらの散策は最高に気持ちよかったですよ。こんな所に別荘があったら最高です^^

Img_5663_20100314

| | コメント (6)

2010年3月12日 (金)

ついに決断

今日は暖かい一日でした。やっぱり春はこうでなくてはいけませんね。

ホワイトデーには少し早いけどバレンタインでーのお礼に、会社の女性達をランチに招待しました。お菓子類を渡すよりもきっと喜んでくれたと思います。
一年に一回、こんな会食もいいかなと^^

今日は大きな決断をしました。
これまで闘病しながら頑張って仕事をしてきたけど、少しゆっくりするとにした。身体優先で、職責をなくしてのんびりと仕事することに。
来週と再来週に予定していた台湾と韓国出張も全てキャンセルした。これから海外出張はしないことに決めた。皆には迷惑を掛けるけど仕方ない。

私が入社した時は55歳定年。それが60歳に伸びて、最近では再雇用で65歳まで働けることになった。
でもこの身体ですから、そこまで働くのは無理。60歳、せめて57歳までと考えていたけど、遂に決めました。

悔しいし寂しいけど、身体の方を選択です。
ちょうど、入社時の定年年齢の55歳になったので、定年になったと思えばいいと頭を切り替えて。どうせ、いつかは定年になるのだからね。早めに来たと思えばいい。

昨夜はそんなことを考えながら眠りに着いたから、おかしな夢を沢山見た。普段は全然見ないたちなのに。早く目が覚め眠れなくなったので、妻を起こして早い一日の始まりになった(笑)

身体は楽になるが、精神的にはしばらくは苦しいかな・・・

Img_5536_20100307 庭の木々が芽吹き始めた。 これはカイドウ。

| | コメント (15)

2010年3月10日 (水)

銭売り賽蔵 山本一力著

私の評価 ☆☆☆☆* 2010年2月読書

いつものように、生き生きと江戸の時代に生きる主人公達が主役。彼らの生活が目に映像となって浮かんでくる、著者らしい作品だ。
そして、西部劇と同じように、最後は正義が勝つ。読んでいて、本当に楽しい。

銭売りといってもその存在すらこの本を読むまでは知らなかった。今風に言えば両替商、それも店を構えず配達専門の。
賃金として支払われる銀などのお金を、日常の流通通貨である小銭に手数料を取って両替する商売だ。

驚きなのは、今の円/ドル相場のように、銀/銭相場があること。あの江戸時代にそんなものがあったなんて、日本という国は進んでいたのだな、と感心した。

舞台は幕府の財政が悪化した時代。銀の重さを軽くした新しい銀貨を流通させようとするが、逆に銀の価値が下がる。逆に言えば銭の価値が上がり、物価が上がる。
そんな中、それを悪用して儲けようとする輩が現れる。賽蔵たち深川の銭売りがそれに立ち向かう・・・・

----------------------------------------------

今日も朝から冷たい雨、昼過ぎまで降り続いて寒い一日でした。でも15時には止んで、16時過ぎには陽が差した。これだけで心からほっとする。
考えてみると、北国ではこんな暗い日がずっと続くのだから、気分も落ち込むのは当たり前だなと思った。

私が学生時代に入った寮は北西の風がまともに当たる建物で、冬には壁と雨樋との間を抜ける風が「ヒューヒュー」なっていて、ただでさえ暗くなる心を更に暗くしていた。本当に嫌な部屋だった。
たった二日間の雪と雨で、こんな昔のことを思い出した。

雪を被った慶応桜も、夕方見ると更に花数が増えていた。植物はしぶといですね^^

昨日と一昨日の写真の背景の黄色やピンクは、どのように見えているのかなと気になった。私のモニターでは明るく輝くように見えるが、妻のFMVでは暗い。暗いと写真としては今一のなる。
やっぱり意図した色と輝きで見て欲しいと。

そして今日もミモザの明るい黄色の世界^^

Img_5521_20100307

| | コメント (15)

2010年3月 9日 (火)

私という運命について 白石一文著

私の評価 ☆☆☆☆* 2010年3月読書

喜びの時と悲しみの時、幸せを感じる時と不幸せを感じる時、順調な時と逆行の時、振り返ると人生には色々な時がある。誰しもこの不確実な時を生きて人生を形作る。だからこそ、人生面白い。
本書は主人公の女性『亜紀』の29歳から40歳までの人生を描いている。

ということで、亜紀の運命について書いていることになるが、彼女の人生を通じて、普遍化された人生を描いているのかもしれない。そして、読者自身が自分の人生を運命を考えながら読むように仕向けているようにも感じる。
そういう意味で、本書名の「私という運命について」の「私」は読者かもしれない。

「運命」はあるのだろうか。人生は自分の力で切り開いていくもので、神の意思のような定められた運命はないのかもしれない。でも人生を振り返ってみると、自分の力ではないものによって自分の人生が影響されている。それは単なる偶然ではないし、やはり運命じみたものだと感じる。結婚を含めて、人との出会い、縁は運命そのものだろう。

そして私の病気も。私の人生にとって必要なものであり、私に縁のある人々にとっても。そしてこの本との出合いも。運命で来るものは受け止めて、自力で生きるそれが人生だろうか。
色々と考える機会をくれた本だった。

--------------------------------------------------
目が覚めると外は雪。車や庭にも積もって真っ白。暖かい日が続いていただけに驚きの朝でした。幸いに道路の雪は融けており、移動には問題ない。
病院を終えて会社に向かったのは12時過ぎ。まだ深々と降っていた。気温も2℃、とても寒い一日でした。

夕方の帰宅時は大渋滞。瀬戸大橋高速道路の児島ー早島間が通行止めになっていたらしい。雪で事故だったのだろうか。真冬に逆戻りした一日だった。
やっと育ちだした畑の作物や庭の花達は大丈夫かな・・・

最近は文庫本にカバーをして読んでます。本についている出版社のマークを送ってもらえるカバーです。いつもは本屋さんが付けてくれる紙のカバーを付けて読んでいるが、布や皮(合成)のカバーで読むのはまた違った趣きがあっていい。
今のお気に入りは、デニム生地のカバー。手触りがいいし、お風呂に持ち込んでも使いやすい。

明日は天気になるかな・・・

Img_5526_20100307

| | コメント (6)

2010年3月 7日 (日)

慶応桜が咲いた(^-^) 菜園も動き出した^^

Img_2101_20100307 今日も朝から雨、最悪の週末になってます。そして寒い。雨の止んだ時に庭で写真を撮ったけど、手がかじかんでしまった。

Img_2105_20100307Img_2103_20100307  冬が終わり、また菜園で楽しむ季節がやってきました。まだ種蒔きはできないが、イチゴに黒マルチをしたり、伸びてきたエンドウ類をネットに誘引したりしてます。

エンドウは絹さや、スナップエンドウ、実エンドウの3種類を植えたが、10月中旬に撒いたものは大分霜で枯れた。11月初めに撒いたものが大きく成長してます。
写真のように花も咲いているし、いい勉強になった。

  12月にトンネルで種蒔きしたホウレン草がしっかりと成長してきた。小松菜は失敗したけど、これは成功(^-^) 収穫が楽しみです。

Img_2109_20100307Img_2107_20100307冬の間収穫できたブロッコリーはもう終わり。花が咲き始めた。こんな状態でも食べれるのでしょうか?

玉葱も、まだ玉は見えないけどもしっかりと成長してます。葉が随分と太くなってます。

サニーレタスも順調に成長している。これもトンネルをしていた効果だろうか。
昨日3株ほど間引いて、サラダにして食べたけど、美味しかった(^-^)
横にあるネギは、ワケギ。酢ぬたにして食べると、最高です。

Img_2102_20100307 昨日は雨が一時的に止んだ午後に、ジャガイモを植えた(^-^)
種類は今年もキタアカリ。去年は病気で成長が止まって小さい芋しか採れなかったけど、味は最高に美味しかったから。

ホームセンターで種芋1kgを買ってきて、19個を植えた。私の本には深さ7,8cmとあったので、そのように植えたけど、今日観た教育テレビの家庭菜園番組では10~15cmと教えていた。
種芋の上に根が出て新しい芋が出来るので、もっと深植えしておけばよかったと(笑) まあ、覚えていればまた来年ですね。

とりあえず連作障害を避けてジャガイモは植えたけど、色んなものを作ったから、これから他の作物の植え付け計画を立てなくっちゃね。

河津桜を撮りに行こうかなと思ったら、庭で鉢植えにしている慶応桜が咲き始めていました(^-^)
しっかりと楽しみました^^

Img_5557_20100307

| | コメント (6)

2010年3月 5日 (金)

今週は皆勤賞(^-^)

今日は春の陽気、コートなしで気持ちよく歩けた。けど、明日の雨から冬に逆戻りとか、憂鬱です。 
菜園の植物も随分力強く成長を始めた。明日はジャガイモを植える予定。せめてその時だけは雨がないことを祈ろう。

今週は出張もなく、早く帰宅できたので毎日更新できた。たまにはこんな週もいいかな^^

ココログには自分のブログを本にするサービスがある。HPでサンプルを見ていると、結構綺麗。このブログも2005年に開始して既に4年半、記念に作ってみてもいいかなと思えてきた。でも、作っても誰も見ないかな(笑)

最近新聞を読んでいて思うのは「もんじゅ」の話題。この再開はやめた方がいいと思う。脱石油、CO2排出削減の面から原子力が見直されているが、本当にこの方向がいいのかなと感じる。

どんなプロセスでも事故は必ず発生する。その確率を極限まで減らしていくことが重要だ。発電所で働く人々は安全運転を必死で確保していると思う。でも電力会社としてみると、必ずしも情報公開は十分とはいえない。
耐震性一つとっても、この根拠となる断層評価が甘い。少なくとも学者達が主張する最大の断層と震度に基づく耐震性にすべきだと思う。

もんじゅもそう。地下に眠る断層評価が甘かったら、いつの日か発生する地震で大事故になる可能性がある。
ましてやもんじゅは、金属ナトリウムを冷媒として使う。これは漏れただけで発火する超危険物質。本当に予想外の大地震で事故にならないのか。

政府が掲げた25%CO2削減のためには、どのエネルギーがいいのか。民主党には真剣に議論してもらいたいものだ。

Img_5302_20100213

| | コメント (6)

2010年3月 4日 (木)

「みかん」ちゃん

単身赴任の終了を待つようにして、愛犬が死んでから4年が過ぎた。まるで私が戻るまで妻を支えていたかのように。
直ぐには新しい犬を飼うことが出来ずにいたし、未だに携帯の待ち受け画面は彼女の写真だ。でも最近、また犬を飼いたくなってきた。

昨秋から、DIYショップに行ったついでにペット売り場を覗くことが多くなった。でもそこにいるのは小型犬ばかりで、私が欲しいゴールデンレトリバーは全くいない。

先日、黒マルチを買いに行った際にちょっと寄ってみると、生後50日の可愛い雌がいた。ケースから出してもらい抱いてみると、超可愛い(^-^)
こうなると全く駄目な夕凪「買って帰ろうよ」と、でもなかなか首を縦に振らない妻(笑) そんなことを言いながら、10分ほど子犬と遊んだ。

でも結論は出ずに、取り置きしてもらって帰った。
そして自宅でじっくり相談。お互いに名前まで考えていたけど、入院や旅行のことを考えるとどうしても踏み切れない。
その夜、お断りの電話を入れて、『みかん』ちゃんとの暮らしは夢と消えた。

可愛かったな~^^

Img_5256_20100213 葉牡丹ももう終わり、これからは春の花だな。

| | コメント (8)

2010年3月 3日 (水)

車遍路4日目 第12-17番札所

Img_5461_20100228 今日は10時45分まで仕事して病院へ。3科の診察が全部終わったのは17時45分。昨日は精神的に疲れたけど、今日は肉体的に疲れた。毎日の病院通いにいい加減疲れてきた。

Img_5450_20100228今回は一泊だったので、前回までの日帰り2回と合わせると今日は車遍路の4日目になる。案内本を読むと、車だと10日と書いてあるが、のんびりしたペースで回ってます。

前日の曇り空と打って変わってこの日は快晴。夜の間に雨が降って路面は濡れているが、上の写真のように空気が澄んでいて気持ちいい。

Img_5467_20100228Img_5462_20100228  ホテルをチェックアウトしてまず向かったのは眉山。さだまさしの小説や映画に出てくる山で、一度行ってみたいと思っていたところだ。ホテルからは近そうなので歩いて行った。やっぱり街歩きは、色々な発見があって楽しい。
ロープウェイで山頂に上ると、写真のように徳島の町が一望できて気持ち良かった。

この日は徳島に近い17番井戸寺から12番焼山寺へと逆コースで巡礼する。
Img_5469_20100228井戸寺には、上から覗いて自分が見えれば幸せになれるが、見えなければ3年以内に不幸がくるとの謂れのある井戸がある。
もし映らなかったら・・・と思うと、こんな体調の私は恐ろしいが、思い切って覗いてみた。しっかりと水面に自分の姿が映っていた(^-^)

16番札所は観音寺。団体巡礼にも合わずに落ち着いた雰囲気で納札出来た^^

Img_5472_20100228 15番国分寺。ここまでは全て真言宗のお寺だが、ここは曹洞宗。弘法大師が回った後に変わったらしい。今までで一番寂れた感じのお寺だった。

Img_5476_20100228 ここから14番常楽寺までは約1km。今日はここの往復を歩くことにした。田舎なので家庭菜園が多くあるが、私の畑と比べると成長が早い。エンドウなどはもう花が咲いている。やっぱり四国は暖かいのだなと納得。

Img_5480_20100228 13番札所は大日寺。4番と同じ名前のお寺だ。国道沿いに、こじんまりとある。ここから12番までが遠いからだろうか、周りには何軒かの宿坊もある。

その宿坊に昼食を食べようと入ると、売り切れ。我々の直前に入った団体巡礼で一気になくなったらしい。
残念なことに、この日の昼食はコンビニ弁当になった^^;

Img_5489_20100228 12番札所は約900mの山中にある焼山寺。歩き巡礼では難所の一つだが、途中何人もの巡礼の方にあった。
車巡礼でもここは難所。狭い山道で、対向車が来たら大変。すれ違うことが出来ずに、バックが必須の道がずっと続く。
流石に900m、駐車場には除雪された雪が山のように積まれていた。
樹齢数百年はあるだろうか、杉の巨木の中に佇むいいお寺だ。

Img_5512_20100228_2 この日の巡礼はここで終わりにして、12,000本の梅祭りをしている美郷村へ。国道とはいえ、対向車が来たらバックするしかない道をひたすら走って漸く到着。
案内所で12,000本の梅園への道を尋ねたが、そんなものは存在しなかった。村全部の梅が12,000本だった(笑) とはいえ、そこらじゅうが梅畑。まさに梅園だ。

農家の庭先に車を止めて、いい匂いの梅林を散策。農家の人からコーヒーを頂き、お礼に椎茸や梅のしなどを購入。この白梅は小梅の花だそうです。

帰りはお気に入りの御所温泉に。しっかり疲れをとって、名物の『たらいうどん』を食べた(^-^)

Img_5424_20100228

| | コメント (4)

2010年3月 2日 (火)

四国霊場 第9番~11番札所

Img_5419_20100228 今日は休みの予定だったけど、どうしてもしなくてはならない仕事があったので、15時から19時まで出社した。
朝から病院で、3科の受診が終わったのが13時半頃。肉体的にも精神的にもどっと疲れたので、やっぱり休みたかった(笑)

さて昨日の続き・・

Img_5420_20100228 引田のひな祭りで時間を取ったけど、予定通りに9番法輪寺へ。狭い道を通って駐車場に着くと観光バスが3台も。境内もお遍路さんでいっぱいでした。

やっぱり暖かくなってきたので、バス遍路が始まったのでしょうか。これからのことを思うと、ちょっと心配になって来ました。

Img_5423_20100228Img_5435_20100228  次は10番切幡寺。駐車場からは、333段の長い階段です。気持ちよく登り出したが、下の写真のスミレを見つけてからおかしくなった。

低くしゃがんで写真を撮ったのはいいが、シャッターを押す時にはいつも息を止めている。
だからだろうか、そこからの登りは息が切れて、ハァハァいいながら登った(笑)

体力のなさを痛感です。ほんと情けない^^; 
このお寺にも大勢のお遍路さんが。でもバスの人たちは近くに駐車場があるようで、この階段を登らなかったようです。

Img_5444_20100228 11番札所は藤井寺。名前の通りに藤棚があり、藤の花で有名らしい。当然まだ葉も生えてませんが(笑)
花の時期には大勢の人が来るのでしょうね。

ここで4時近くなったので、今日の車遍路は終了。
温泉旅館が全然空いてなかったので、今日の宿泊は徳島駅のホテルクレメント。ということで、近くの立ち寄り湯「鴨の湯」に行くことにした。

Img_5445_20100228 行ってみると、市営の小さな温泉。建物を見てちょっとがっかりしたけど、外にはここが源泉の標が立っていた。中は銭湯代わりに来ているお年寄りばかりで満員(笑)
でも露天風呂もある、ちょっと熱めの温泉でした。 

しっかりと今日の疲れを取ってホテルへ。
部屋に着いたら、妻は元気にショッピングへ。私は寝てしまった(笑)

Img_5437_20100228  

| | コメント (0)

2010年3月 1日 (月)

引田のひな祭り

Img_5402_20100228 暖かい日が続きます。もう一気に春が来たみたい。
この週末はまた四国に行ってきました^^

目的地は香川県引田のひな祭り。古い町並の民家が雛人形を飾ってます。小学校と中学校のグランドを駐車場に開放してましたが、どちらも満車になるほどの観光客が来てました。

Img_5392_20100228 江戸時代の人形を飾っている旧家は有料。ちょっと残念でした。この点は広島県福山の鞆の浦の雛めぐりの方がいい。

この町並の入り口には江戸時代からの醤油工場があり、臨時にうどん屋を開いていた。右の写真のように赤い漆喰の建物で風情があります。建物の内部には一面に絞り濾布が干してあり、凄い醤油の臭いが立ち込めていた。

Img_5400_20100228Img_2088_20100228  右の写真は水に浮かべられた小さなお雛さん達、一体どんな人が作ったのでしょう。

その右は西洋陶器製の雛人形。和風のバックと不思議なバランスを見せてます。

Img_5410_20100228Img_5408_20100228  こんなお年を召したものもありました^^

縦写真のお宅は部屋全体を使ってディスプレーしてます。きっと毎年、工夫されているのでしょう。

この町全体で70軒ほどのお宅が自宅の雛人形を公開してました。讃岐うどんや名物の引田ハマチしょうゆ漬けなどの店も出ており、結構楽しめます。

Img_5415_20100228 面白かったのは手袋ギャラリー。古い工場内に、まるで芸術作品のように手袋がディスプレーされています。
小さなミシンや手袋を作る道具も展示されており、楽しめます。

おじいさんが自宅で採れた温州みかんと八朔の掛け合わせたスウィート???というみかんを売っていたので、買ってみたら美味しかった。

ここでたっぷり楽しんだ後は、9番札所へ^^

Img_5409_20100228

これもいいでしょう^^

| | コメント (10)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »